1:同期からの突然の告白

August 03 [Thu], 2017, 22:52
昨日の四股踏みがだいぶ太ももにキて、1日辛かった〜〜!トレーニング中が一番辛かった(^◇^;)
トレーニングについては、とりあえず初めての怪しげな勧誘エピソードの後に・・・

私が新社会人になったときのこと。
就職した先での同期は、年齢層にも幅があり落ち着いた雰囲気の方が多かった。
七転八倒しながらも一年目を終える頃には居心地の良い同期がほとんどと恵まれていた。
時々のみにいくAさんから突然の告白を受けたのは、冬の半ば。
よくある、仕事とプライベートの両立とかの悩みをぼやいていたら、話題は彼氏の話に。

我々の職場は、出会いはまぁまぁあるものの、そのまま身を任せていると同業者で落ち着いたり玉の輿ねらいのすえ結局残ったりするため、外に出会いを求める方が多い。
私も例外ではなく合コンをしてみたり、高校の同級生と再会・交際したりと長続きしない関係を持て余していた。
そんな会話のなか、彼女は突如耳慣れない爆弾発言をかましたのである。

「まぁ、今自由にしてても、結局同じ青年会でくっつくのが楽だってわかるんだよね。」

青年?男同士ってこと?あ、違うの・・・。
「じつはね、私は〇〇(某組織)に通ってるし、心の支えなんだよね〜」
「もし本当に穏やかな関係が欲しかったら、紹介するよ〜〜!」

え、そこの信者と?私が?
穏やかな関係は一転して不穏な空気になるのでは???だって絶対理解できない!!

それからは堰を切ったように、様々なテーマに宗教?を絡めてきて勧誘の空気。
当時は得体の知れない組織(宗教だったのか?名前を忘れた)に目をユンユンさせて語られることが初めての経験。
お酒も飲みながらひたすら相槌を打ちつつ、理解できないわーって思ってた(言ってたかも)・・・。
お誘いとかももちろんあったけど、ぬる〜〜っとお断り。
それから二人きりで飲みにいくことはなく、気づかない間に退職してた。
落ち着いていて、普段は聞き役も上手なんだけど、その話になるとこっちの反応お構いなしに語る。語る。
まだ金銭も絡まず後の関係にも響かなかったから、このケースは難易度低い方だな〜と今しみじみしとります。


今日のトレーニングは主人にお肉をつまんでリリースしてもらったり皮膚を伸ばしてもらったりの皮下脂肪いじめ。
四股ふみは上手に骨盤が倒れないと意味がない!と怒られ、片足上げの運動に切り替えていくことに。
上手に腰を落とせれば、太ももではなくお尻が痛くなるんだそうな・・・
体重は54キロ
まずは、胸を寄せてお尻に筋肉をつけていこうと思います!!上手に寄せて、私人生初のDカップでございますぞ〜!
鳩尾・肋間のお肉をぐうううともって皮下脂肪をいじめることも胸には良さそう♪
明日の筋肉痛、こわいな〜〜〜〜
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ナツ(ネッソ)
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:10月5日
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 現住所:神奈川県
  • アイコン画像 職業:専門職
読者になる
母親初心者。同人歴12年。
シムピ(メッシュ張り替えSIM作成&CCインテリア作成)
sims3(基本のみ)
sims4/GtW
育休を機に久々にネットでROM専から一歩でてみようとブログ改めて立ち上げてみました。
そんな目的のないブログにメインをつけようかと!というわけでsims4、やってみました。
真っ当にノーマルな年上努力家インテリ野球青年な旦那(アニメゲーム好きガンオタ)と、まるでだめなオタク女子(MDJ)の日常記事もあります。
動作環境などはプロフィールページでご確認ください。