中根だけどおまめさん

August 13 [Sun], 2017, 7:31
看護師の仕事は一般の人々の間ではハードワークだと認識されています。



これは最近の病院における雇用体制の問題が原因で、長期間にわたって続く人手不足より勤務時間が長くなってしまう傾向にあることが原因です。長い勤務時間に加えて、月に何度か組み入れられる夜間の勤務があるため、日常的に、疲労とストレスに悩まされている看護師が多く存在するでしょう。男の人でも看護師になれるのか、調査しました。
当然、看護師は女性が多いのですが、男の方の看護師さんも活躍しています。患者が男性の場合、お世話を女性の看護師にしてもらうのが恥ずかしい人もいます。そういう場合に、男の看護師は大変喜ばれます。

看護師が外来でする仕事は、病院を一度でも利用したことがある方なら知っているように、注射や点滴、問診、血圧を測ったり、医師の指示のもと患者さんに処置をします。
手術や検査の移送も看護師の業務となります。

看護師は患者と接している時間も長く、病の治療だけではなく精神面でもケアをする必要があるでしょう。一般的に、看護師の中には煙草を吸う人がそれほど多くないという印象を受けますよね。

実際にはいかにもその通りで、国民の平均的な喫煙率よりも少ないことが分かっています。
医療施設で働く職業上、煙草の臭いを漂わせまいと意識している人が多い職業であるということが想像できますね。
看護師は常にスマイルでいることが必要です。
病院に来ている方は心が不安でいっぱいだったりすることも多いのです。ナースが笑顔でいれば気持ちが安らぎます。常にニッコリ笑顔で患者さんと接するように心がけましょう。

看護師といったら、昔は大多数が女性でした。



ですが、近年はどこでも看護師の名称が使われ、男女共に働く職業となってきました。実際の現場に必要になる看護師としての能力を考えるならば、このように変わっていくことは当たり前な事なのかもしれません。本来女性が持っているような優しさだけでなく、現場での判断力や瞬発力、体力の強さなども、これからの看護師にとって大切な要素だと言えますね。



看護師というのは各医療機関ですごく重要な役割を受け持っています。



ですが、ほとんどの病院や医療施設では看護師不足に頭を悩ませているのが現状であります。

未だに、医療の場では、看護師不足の現状を全く解消していません。
今後は、ちょっとでも早くこういった問題を解決していかなくてはなりません。私が看護師になりたいと、思うようになったきっかけは、いろいろな病気やケガ、体調不良を抱えている人の助けになることに、仕事のやりがいを見出しているからです。実際、私自身も以前入院中に、看護師さんには、とてもお世話になり、私も一人の看護師として、患者さんに支援をしたいと考えているのです。現在も、看護師は常に人手が不足していることが叫ばれています。人手の不足をどうにかするには、かつて看護師の資格を取っていながら看護の仕事に就いていない人に、再度、看護師として働いてもらうことが良いと考えます。ライフスタイルに合わせた柔軟な働き方が可能なように、医療機関が悪い部分を改めていくことが大事でしょう。

病院や医療施設などで看護師が仕事をする時、その配属先というのは、最も重要なポイントです。たとえ同じ病院の中でも任命される科によって、仕事の内容が大きく異なります。自分が希望する仕事が割り当てられたなら困難に直面することはありませんが、不得意と考えている配属先だと仕事をうまくこなせない場合もあります。

将来、看護師として働くための教育を受けられる機関としてよく知られている、看護大学に行く場合あるいは看護専門学校に行く場合の、二種類の方法があります。学習内容にそう変わりはありませんが違いを挙げると、大卒ではキャリアアップに有利なことが多いという点と貰えるお金の面でも、専門卒よりやや良いでしょう。他方、看護専門学校の場合のメリットは、大学よりも安い学費で済み、カリキュラムとして実習がメインであるので、そういった経験を生かして即戦力になれるというところです。



看護師って医療職で結構、手堅い職業と思われがちですが、きつい仕事の割には稼ぎはたいしたことはないです。

婦長クラスならともかく、多数の人は苦労に見合わない額です。賃金の低さに嫌気がさし退職してしまう看護師もレアケースではありません。看護師と言えば、勤務時間中はとにかく仕事に追われることが多いのですが、職場においての有用性、必要性は高く、大きなやりがいを得られる仕事の一つです。入院患者のいる病院ではもちろん24時間稼働しますし、24時間切れ目なく看護師もいる必要があります。

そのため、仕事は日勤業務と夜勤業務でシフトを組んで交代でこなしていきます。他の交代制のお仕事と同様、上手に生活のメリハリをつけないと睡眠不足が続いて心身の健康に響くかもしれません。

看護士の志望動機を書く際は、実際何が原因で看護師になりたいと思うようになったのかを取り入れることで相手に感銘を与えることができます。転職の際の志望理由は、今までの間に得たスキルを活用したい、一段と人の役に立つスキルを習得したいなど、プラスのイメージを与えるものにしてください。前の職場の非難や悪口は話さないように心がけましょう。医療施設で看護師として働いていた知人は、病気になってしまって、その療養のために退職したそうです。
ですが、身体の調子が治ったら、現場に復帰して、病院で看護師としての仕事を続けているのです。
数か月間、仕事から離れていても、資格があれば比較的簡単に職に復帰できるんですよね。

再就職に苦労した経験があるので、資格を取っておけばよかったと思っています。看護士の志望動機に関しては、実際に何が関係して看護師になりたと考えたのかを交えると印象がさらに良くなります。転職の時の志望理由は、今までの経験や培ったスキルを活かしたい、もっと誰かの役に立つ技術を身につけたいなど、前向きで明るい印象を与えるものにしてください。

前の職場での出来事の不満はいわないように心掛けることが重要といえます。それに、結婚する際に転職を検討する看護師も非常に多くいます。



パートナーとうまくいかなくて離婚するよりは、転職を考える方がいいと思います。
いつか育児をしたいと考えているのなら、結婚のタイミングで自由となる時間の多い職場へ転職しておくと良いでしょう。ストレスが多くあると妊娠しづらくなるので、気をつけましょう。看護師の転職を上手にやってのけるには、この先のことを考えて早くから準備しておくことが重要です。あわせて、何に重きをおくのかを道筋をつけておいた方がいいでしょう。



将来どんな風になりたいのかを明らかにして、人生設計に合った転職先のデータを少しずつ寄せ集めてください。年収、職場環境、勤務形態など、自分には絶対に妥協できない条件も検討しておきましょう。
オン、オフの期間を調整できて、やりたい仕事を選べたりもする、等々が派遣の看護師として働く上でのメリットでしょうか。



仕事は、単発のものや短期のもの、それから長期で腰を据えて働けるものもありますし、いろいろある中から、自分に合ったところを選べます。

なので、看護師として働きたいけどなかなか条件に合うものがない、という人には派遣という方法もある、ということを頭に入れつつ、求職してみても良いのではないでしょうか。


平均的に離職者の多い看護師という職業は、やはり、転職率も高いことが挙げられます。
このような傾向から、転職サイトの中でも看護師専用のものが存在しているのです。
こうした看護師専用の転職サイトであれば、手間なく自分の希望する条件の求人を探せますから、十分な時間を取れない現役の看護師に最適です。複数の転職サイトをランク付けしているサイトがあるので、こちらも合わせて活用すると、さらに便利だと思います。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:愛奈
読者になる
2017年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/tea3lpimla852c/index1_0.rdf