海外証券会社を使ってみたけど・・・

April 17 [Wed], 2013, 22:13
外国為替証拠金取引、通称FX、いままでは、日本国内の証券会社を使っていました。

でも国内の証券会社の場合、レバレッジ(倍率)は、25倍までに制限されています。

それだけ安全は安全なんですが、少ない元手でトレードしたい、と思うとチョット窮屈でした。

そこで、海外の証券会社(FXプロバイダー)を使ってみることにしました。

私が使っているのは、FXDDマルタという会社ですが、200倍で取引できます。さらに申し込めば500倍まで可能なようですが、私は200倍で十分なので200倍のままです。

日本国内の会社も最近はそうなってきましたが、0.01LOTといって、1,000通貨単位から取引できます。

ということは、1ドル100円として、100円かける1,000通貨で100,000円、の200倍ですから約500円で1取引できることになるんです。
最低入金が円口座の場合20,000円ですから、20,000円いれといて、0.01LOT単位で2〜3単位取引するのは、ロスカット幅を考えても余裕です。

海外だから、入金や出勤が大変なんではないかと思っていましたが、実は結構簡単です。

まず入金は、普通のクレジットカードでできます。
私の場合、某百貨店系の年間手数料無料のVISAカードでしたが、その場で入金できて、すぐ取引できます。

出勤の場合は、ちょっと面倒で、指定の書類を英語で記入して、といっても日付や住所と自分のサインくらいですが、メール添付で送ればよいのです。

クレジットカードで入金した場合は、入金額までは同じクレジットカードに返金処理がされ、利益が出てる分は、指定の銀行口座へ振り込まれます。

しかも私の場合、銀行からわざわざ確認の電話もありました。
どうも犯罪にかかわったお金ではないか、という確認のようですが、「海外の自分のFX口座から自分あての振込です。」といった内容を言っただけでするーでOKでした。

でもこの利益が出た分ですが、日本国内の銀行の場合、海外からの送金に対し結構高い手数料を取られます。

なので、利益を頻繁に日本に送金するのではなく、多少海外口座へプールしておいて、ある程度たまってからまとめて送金するのが良いような気がします。

クレジットカードへの返金の場合、そのクレジットカードで別の買い物とかに使って請求される金額と相殺(差引)されるのですが、使用残高がない場合は、クレジット会社から自分の口座その金額が振り込まれまし、手数料も取られないので、時間はかかるのですが、ほったらかしでよいのが私は楽に感じます。

FX投資でのトレンド見極め
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:チナツz8gl
読者になる
2013年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/te3yrwe5/index1_0.rdf