手を使って考える。

July 08 [Fri], 2011, 3:15
最近はが一般化して誰もがを利用する。紙を節約する意味もあって、紙ベースではなくあくまでもモニタ上で数字を眺める。そして考える。でも皆さんも経験があると思うのですが、例えば歩いている最中にアイディアが浮かぶとか、悩みを解決する糸口が見かるとかないですか人間の脳は身体を動かしている時の方が活発になるのだと思います。そこで何かを考える際にはとにかく手を動かすことをオススメしています。ショップコンサルの場でも同様ですが、業務改善によって、数字データなど売上入力をすればすべて自動的に計算されて表示されますよねこれってとても効率的なようですが売上対策を考えるにあたってはぼーっと数字を眺めるだけでは何も浮かんでこないのではないかと思うのです。ですからコンサル先の店長さんにはあえてデータ収集の際に電卓たたいて手計算をお願いしたりしています。こうして手を動かして数字を集計していると、ちょっとした数字の変化に気づいたり、やっていることの検証をすることができたりもします。何よりもこうして作業している中で次に打べき手や課題が浮かんでくるのです。ただ数字を眺めていてもいいとか悪いの判断しかできません。脳を活性化させて素晴らしいアイディアを浮ばせるためにも手計算が大切だと思います。悩み事の解決なども同様かもしれません。例えばあなたがドッグトレーナーへの転身を迷っていたとします。そうしたときに紙に私は本当にドッグトレーナーになりたいのかと書き込んで、その答えを紙に書き出してみるのもいいと思います。もしくはドッグトレーナーになるメリット、デメリットを書き出してみてもいいかもしれません。そうしているうちに自分の心と会話することができ、自分の考えを整理することで結論を導きだせると私は思いますよ。ただ頭で考えるよりよほど効果的だと思います。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:te106kkhmc
読者になる
2011年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/te106kkhmc/index1_0.rdf