ナベヅルと田端

January 12 [Tue], 2016, 14:46
医療施設で看護師として勤務している人の中には勤務する時間が不規則な上に厳しい労働環境であることなどが影響して他職種に転職する人も少なくないという話ですが、案外、看護師資格はいろいろな職種において有益であるケースが多いのです。例として、人体や病気についての過去の経験や知識を役立てることができるので、保育関連、リラクゼーションサロンでは、未経験だったとしてもスムーズに採用が決まりやすいはずです。看護師は愛煙家が少ない気がしますが、いかにもその通りで、国民の平均的な喫煙率よりも少ないことが分かっています。病院で勤める以上、煙草を吸って臭いが身体に残らないように意識している人が少なくない様子が理解できると思います。学校を出てすぐに勤務した病院で、めまぐるしく働いて、無理をしすぎたせいもあって辞めることになり、自分にはもっと向いた仕事があるかもしれない、などと迷ってしまったのでした。ずいぶん悩んだのですが、それでも自分には看護師しかないようなので、転職することを決めたのでした。決心してから「さあ履歴書を書かなくては」という時に「どう書こう」と、とても困ってしまいました。ネットに頼ったり、本を買ってきて参考にしたりして苦労しながらも、仕上げることができました。でも、もう一人前なのだから、いろいろなことに際し、自分自身の考えで決定し、それには責任が伴うのだといやでも思い知らされた出来事でした。看護師がかぶる帽子というのは、晴れて看護師になるというという式の際にかぶせられるものだといいます。料理人も帽子を被っていますが、それよりも特別な意味を持つものといっても過言ではありません。ですが、ここ数年の間に看護師の着る制服というのも変遷を遂げており、帽子が特別な意味を持たなくなってくるのも時間の問題でしょう。ただ髪の毛が落ちなければいいと、特別な情感もないものになるとしたら悲しい気もしますが、それも世の中のトレンドとして受け入れていくしかないのでしょう。昨今、より一層、看護師の数が足りなくなってきていると言えます。看護師の資格を持っている人の中には、看護師をやっていないというケースは少なくありません。このように看護師が足りなくなるのは何故かというと看護師は離職率が高いという現実に起因するものだと思います。それでは離職率がどれくらいなのかといいますと、常勤看護師の場合、およそ11パーセントもあります。女性の方が多数を占めている職場ですから、結婚、出産を機に退職、となることも多くありますが、それに加えて、厳しい労働環境も、離職率を上げる要因だと言えると思います。一般的に、看護師は離職率が高いです。そのため、どうしても転職率も高い数値になります。こうした流れを受けて、看護師専用の転職サイトが多くあります。このような転職サイトを活用すれば、手間なく自分の望む条件を満たした求人を探しやすくなりますから、仕事に追われて時間のない看護師にはぴったりですね。最近では、転職サイトをランク付けしたサイトも登場していますから、これらも併用して、より良い転職先を見付けましょう。看護師試験合格に向けて学ぶ場所として大学あるいは専門学校があり、看護師を目指す場合、どちらかに入ることとなります。それでは、大学はどんな特徴があるのでしょうか。高度に専門化された分野についての学習が可能なこと、専門的な内容のみならず、一般教養についても学べるということです。その一方で、専門学校の場合はどうでしょうか。専門学校では、大学よりも長く実習時間を設けてあるため、実践的な内容を深く学ぶことができ、実際働くことになった時、即戦力として力になれることが特色でしょう。また、学費が心配という場合が多いと思いますが、それについても大学と比べるとかなり安く、十分の一程度です。男性も増えてはきたのですが、まだまだ看護師として働くのは女性がかなりの割合を占めている職業なので結婚や出産を機に仕事を一度やめる人もたくさんおり、比較的離職率が高い職業です。それから、働く時間帯がイレギュラーであることや、キツい仕事だということも原因となり、離婚してしまう人も多いと言われています。もし一人で子供を育てることになっても心配ないくらい収入があるというのも女性の離婚の決意の後押しになっているともいえるのではないでしょうか。大きなやり甲斐を得られ、また社会的にも有意義な看護師という仕事ですが、反面、この職業ならではの苦労もつきものとなっています。なかなかきつい仕事であることは確かですし、職場に拘束される時間が長くなりがちで、さらに不規則であること、医療現場である以上、緊張の度合いも相当大きく、そういった空気がスタッフ同士の小さなトラブルを生むこともあるでしょう。そんなお仕事だとわかっていながらも看護師を選ぼうとする人もまた大勢いる訳で、短所を帳消しにできる大きな満足感も得られる仕事なのです。医療機関、それも病棟に勤務する看護師であれば文字通り24時間を2分割する2交代制、3分割する3交代制により誰もが夜勤を経験します。夜勤においては医師や看護師など、人の数がかなり減り、そんな状態で夜間に眠れない、熱っぽい、腹痛がする等、担当患者から訴えられたり、定められている業務以外の予想されていない事態への対応が多くなります。かといってルーチンワークもこなす必要があるので、作業量としてみてみると、日勤よりも多くなる場合がほとんどです。正社員として働く看護師もいれば、パート勤務を選ぶ看護師もいます。正社員の場合は月給制で、パートとして働いている場合はだいたい時給になっています。その時給ですがこれは日勤のみですが、1300円、1500円、少し良いところで1800円くらい、というのが相場のようです。単にパートの時給としてみると高い時給だと一見思えるかもしれませんが、人の命に関わる責任の重さや常にハードワークとなる、ということを考え合わせてみると、あまり良い時給ではないのかもしれません。大方の場合、看護師の仕事と言えば過酷な仕事だと考えられ、「勤務時間が労働基準内の8時間でOK」なんていう事は夜勤勤務の必要のない、個人医院やクリニックのような場所以外では難しいと思われます。二交代制の病院勤務の一例を挙げると、休憩を挟むとは言っても、実際には16時間働くことになってしまうといった場合もあります。長時間勤務がザラだということも看護師が大変と思われがちな一つの根拠となっているようです。改めて言うまでもなく、医療関係の代表職である医師と看護師ですが、この二つの異なる点といえばなんでしょう。はっきりした違いは、医師は患者さんの診察と治療、病気をいかにして予防するかを助言したり、薬を処方することが仕事とされています。その一方、看護師さんの行うことはといえば、必要に応じて医師が出す指示の通りに、診療の補助をして、患者の看護を行います。いつも忙しく、様々な業務に携わる看護師という職業ですが、仕事上での必要性や重要度は大変高く、大きなやりがいを得られる仕事の一つです。病棟のある病院では当然、24時間体制ですから、看護師も24時間、とぎれなく勤務します。そういう訳で、業務は日勤と夜勤という形にシフトを組んで交代でこなしていきます。こうした交代制の勤務では、上手に生活のメリハリをつけないとうまく睡眠がとれなくて疲労が溜まることになります。かつての看護師はほとんどが女性の職業でした。しかし最近の傾向は、看護師の名称が一般的に使われている事からも分かるように、男性が働くことも珍しくありません。実際に看護師に必要な適性を考慮しても、こうした変化はごく自然な流れだと言えるでしょう。母性的な優しさだけでなく、体力の多さや冷静な判断力、瞬発力といった要素も、今後はもっと重視される要素になってくるでしょう。休みを自由にとれて、自分のやってみたい仕事や働きたい施設などを選べたりもする、等々が常勤ではなく、派遣という働き方を選んだ場合に得られるメリットです。勤務形態はいろいろあり、単発の仕事、短期の仕事、それに当然、長期で働ける職場も数多くあり、こちらに都合の良い派遣先を、ある程度選べる訳ですから、看護師の仕事を探しているのであれば条件を選べる看護師派遣も、悪くはないはずですから、それを踏まえて職を探すのも一つの手です。法律において、看護師というものは医師の診療を補助する役割と定められています。看護師の医療行為というものは実は認められていないのですが、処置が可能な場合もあり、医師から指示を受けた時がそれにあたります。ただ、患者の状態が悪くなり、緊急の場合や、切迫した状態では、看護師の経験や知識にもよりますが、一部の医療行為を行っていいのではないかと思っています。働き甲斐のある看護の仕事ですが、その分だけ悩みも多いと思います。よく聞くのは休日や出勤日が不規則な事だと思います。折角休みになっても友人と遊んだり都合を合わせることが出来なくなるという悩みを抱えている方も多いようです。他にも、そもそも人手が足りずに休みが取れないということも珍しくありません。規則的な勤務形態で働きたいと考えた場合、たとえば、日勤のみの勤務が可能な病院の求人を探してみるなど、これを期に転職を検討してみてはいかがでしょうか。土日祝日、関係なしに、交代勤務をこなしている看護師は多いですが、土日を休みにしたければ、そうすることもできます。交代制の病棟勤務だと、土日も出勤になりますが、外来勤務に移れば、土日を休みにできるでしょう。何か急な事態によって呼び出されたり、土日の休日診療に当番として出ることはありますが、土日は基本的に休みだと思って良いでしょう。また、個人経営のクリニックで、入院施設がないようなところであれば、そういったところは高い確率で土曜、日曜、祝日は、お休みです。「看護師」という書き方と、「看護士」という書き方があります。双方とも「かんごし」と読み、同じ読みです。この二つを漢字で書き表すとこうして二種の字で表せます。少し前までだと、看護士と書いた場合は男性のことを指し、女性の場合は「看護婦」と、明らかに分けて使っていました。法の改正があった2001年をきっかけとして、男女とも使える看護師の呼び名に一本化されました。病院で看護師として働くために資格取得は絶対条件ですが、その難易度はどのくらいのレベルになるのでしょうか。受験生全体の看護師国家試験合格率は90%前後となっています。試験そのものも、学校で理解していればそんなに難しい試験ではありませんので、これといって高難度な資格ではありません。貴重な人材である看護師が必要とされている場は病院以外にもあります。グループホームと呼ばれる、介護施設の一形態においても特に看護師は重宝されているのです。グループホームで介護サービスを受けている方というのは、認知症患者の方であるため、それを十分考慮してかかわりを持つということが必要になってきます。介護の分野に関心があるという看護師は、勤務先にグループホームを選択することも考えてみると良いでしょう。かなりのハードワークとして認識されている仕事ではありますが、だからといって看護師の寿命が他と比べて格段に短い、などということはありません。けれども、夜勤のある交代制で勤務しますから、疲れが取れなかったり、寝不足になったり、強いストレスを感じることはよくあります。ところで看護師であるからには、医療にずっと関わり続けて多少の知識も身に付き、患者の身体の状態が、ある程度わかることもでてきますし、そのうち、自身の身体や健康のことなどもわかるようになったりするようです。国家資格を有した正看になるためには、看護の専門学校や大学等を卒業することが必要不可欠になります。看護師試験の受験資格が看護課程を卒業していることなのです。ですが、看護の専門学校も人気が高く定員が少ないので、こうした専門学校に合格するための予備校も人気があるのです。准看として働きながら正看の資格取得をめざすならば、通信で学べる学校もいくつかあるので、こちらを利用してみましょう。不安を抱えた患者が安心して治療を受けられるよう、看護師は服装や髪形など、外見を整えておく事が必須になります。女性のケースでは、派手な化粧はなるだけ控えておいて、TPOに合わせたナチュラルメイクにしておくのがおススメです。すっぴんとは異なり、患者に与える印象も変わりますよ。病院での勤務は、おおまかに病棟勤務と外来勤務に分かれますが、子育て中であれば外来勤務を選ぶと良いでしょう。日勤だけですので、保育園や学童を利用して働くことが可能になります。また、病棟勤務と違い、土日祝日がちゃんと休みになる場合が多いです。例外を除いて、夜勤ももちろんありません。忙しさの度合いについては、病院によっても違いますが、人気の医師のところなどでは、たくさんの患者で待合室がいっぱいになってしまい、その対応にかなりの時間を取られることになるでしょう。求められるスキルも病院や、診療科によっても違います。昼夜を問わず病院で働き患者の状態を見る必要のある看護師は絶対に夜勤が必要になる職業です。具体的な時間帯ですが、その病院が2交代勤務なのか3交代勤務で働いているのかで全く違うのです。主に2交代制勤務のシフトでは、夜勤が17時間(休憩含む)と長いです。3交代勤務での夜勤となると、夜勤の時間は短めですが、休みと出勤が短時間で区切られた過酷なものになるケースもあるようです。求人に応募しようとする病院がどういった交代勤務を採用しているのか理解しておいてください。看護師として、初めての病院勤務を始めた新人であったり、転職してきたばかりの看護師に対し、経験不足を理由に、病院によりますが、残業代が払ってもらえないことがあるようです。残業代の未払いは、労働者が新人かどうかは別の話ではっきりと労基法に違反しているのです。行なった残業は、労働には違いありません。なので、働いたらその分はちゃんと、手当として支払われなければなりません。今どきの交代制勤務、世間で「シフト勤務」と呼ばれる勤務形態の代表的な仕事として、看護師を挙げることが出来ます。外来の看護師ならば夜勤がないこともあるようなのですが、多くの病院では、病棟の方に人材を割くので看護師経験が浅い間は必然的にシフト勤務になると思います。個人的な話ですが、妻も看護師としてシフトに入っていましたから、夜勤の夜は子供が寂しがってしまって苦労した覚えがあります。看護師は他人の健康や時には生命に関わる仕事であり、なかなかリラックスできる暇などなく、そうこうしているうちに常に強いストレスにさらされ続けることになるでしょう。ですから、身体に負担がかかる仕事である上に、心にも大きな負担がかかるということになります。溜めてばかりだと良いことは少しもありません。解消の仕方を持っているということは大きな利点であり、看護師であり続けるためにはかなり重視するべき点ではないでしょうか。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:カイト
読者になる
2016年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/tdshnasubu9gua/index1_0.rdf