プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:tdqumpnrcontny
読者になる
2010年07月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Yapme!一覧
読者になる
小池徹平「強がる部分も持たなきゃ」 / 2010年07月04日(日)
 小池徹平が本日スタートのドラマ『鉄の骨』(NHK総合)で主演。“談合”をテーマにした社会派作品に挑戦した思いを、発売中の雑誌『月刊デ☆ビュー』8月号(オリコン・エンタテインメント刊)のインタビューで語っている。

 小池が演じる主人公・平太は、建設会社入社3年目の、純粋な青年。やがて談合で工事を取る立場に身を置くことで、その環境も理解しつつ、法に背いているという意識の中で葛藤してしまう。その葛藤を恋人にも言えず、悩みを一人で抱えてしまう平太だが…。デ☆ビューのインタビューで、そんな身近な人にも秘密は隠しておけるかとの問いに、小池は「いられます!」ときっぱり。
「それがいいのか悪いのかわからないけど…やっぱり言っちゃいけないことは言っちゃいけないと思います。親に対してもそうですし、強がる部分って持たなきゃいけない。ただ僕は、平太よりはもっと弱い部分を見せるかもしれないですね」

 今回、難しいテーマを演じるにあたって、小池は「普段の生活で気にしたことのない“談合”というものを、みなさんにどう伝えていけばいいのかなと考えた結果、変に知りすぎているよりも、役を通してみなさんと一緒に知っていくような演じ方が一番いいのかなって」と話す。

 本日スタートの第1話で特に印象に残っているシーンは「談合グループのみんながホテルに集まって言い合いをするシーン」と話す。今回は周りはベテランの演技派ぞろいのキャストだが、
「本読み、ドライ(リハーサル)、本番と比べると、違う台本じゃないかって思うくらいセリフの言い回しとか、かぶせ方とか全部変わっちゃって。撮影するのに、すっごい時間がかかったんですが、その分、緊張感がピリピリ伝わるメチャクチャいいシーンになりました」

 社会派作品主演、演技派のベテラン俳優との共演…これらの経験を通して「俳優・小池徹平」はまた一歩成長した様子だ。

【7月3日10時33分配信 デビュー
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100703-00000003-devi-ent
 
   
Posted at 12:31/ この記事のURL
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
 
 
Powered by yaplog!