これはとある日常で出会った、とある若者のお話…

August 30 [Mon], 2010, 23:43
これはとある日常で出会った、とある若者のお話…
ワシはラーメン屋でラーメンを注文をして待っていると、隣の席に客が座り「ラーメン一つ、麺の硬さ普通で」と注文した。
数分後、ワシの注文とほぼ同時に隣の彼にもラーメンが出された。そのわずか10数秒後「すいません、替え玉一つ(麺の硬さは)硬めで」と麺がスープを吸う前に彼は麺を食べ替え玉を注文した。
さらに数分後、ワシが半分ほど食べた頃「すいません、替え玉硬めで」
まだ食うのかよwwwwww
すごい早さだなあと思ったさらに数分後、
「すいません、替え玉硬め」
なん………だと………
この時点で彼がどこまでいくのか見たくなり自分の食べるペースを落とした
そして、
「替え玉、バリ硬で」

もうやめてスープのライフはもう0よ
スープどんだけ薄くなってんだと思いながらチラミした彼の手にはレンゲは握られていなかった…
そして非情の一声が。
「替え玉バリ硬」
………なんなんですか
彼は替え玉を5つ平らげて行った…
彼の後に清算を済ませ、店をでたワシは振り返って店頭の看板をみた。
「寒い冬は替え玉25円」
今度から半額くらいがいいんじゃないかなあと思ったw
明後日、西川口 風俗がすごい流行ってるらしいですねー
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:tdkpubi592
読者になる
2010年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる