がん保険と先進の医療と治療できる医療機関

March 14 [Thu], 2013, 11:40
がん保険には入る必要性があります。


保険会社によって異なるかと思いますが、まずがんと診断されたときに給付される一時金、その後、治療を開始したときに給付される給付金、入院したときに給付される入院給付金、手術したときに給付される手術給付金、先進の医療技術を使用した手術をしたときに給付されるがん先進医療給付金、がんの治療を目的として通院したときに給付されるがん通院給付金があります。


がん保険でないと、これだけ充実した給付はもらえません。


逆に言うと、がん保険だと給付金がもらえるということです。


これだけ給付があるのは、やはりそれだけお金もかかり、大変な病気だということです。


最近のがん保険では、先進の医療について保障されている保険が多いです。


がんの高度先進医療というと、現在では重粒子線治療や陽子線治療があげられます。


なぜ、現在ではと使ったかというと、高度先進医療というのは、年々変わっていくものなのです。


厚生労働省のホームページなどで最新の先進医療は確認できます。


最近の先進医療を保障する保険でも、先進医療と認められている術に対して、認められた病院で治療を行った場合に給付されるところが多いです。


先進医療はどこの病院でも受診できるわけではありません。


気になる方は、厚生労働省のホームページで確認できますので、ご確認ください。