ホリスフィールドリクガメがみずき

September 16 [Fri], 2016, 12:19
この時期、ニキビ予防において大切にしないといけないのは、菌が住み着かない環境を作り出すことです。ファンデーションのパフに汚れが付いたまま、枕を不潔にしている、手で肌に触る等は、顔に雑菌を塗っているのと同じです。

常に清潔にいれるように気をつけて生活しましょう。実はニキビ対策には、様々な方法があります。


中でも最も有名なのは、洗顔だと思います。



ただ適当に洗顔するのではなく、洗顔フォームを利用して洗うと、よりニキビ予防につながります。洗顔のアフターケアとして、化粧水を利用することで、ニキビ予防にはいっそう効果的です。
ニキビがおでこにできると、どうしてもつい前髪で隠したくなります。
ですが、それは悪化してしまう行為ともなるので、できるだけ前髪で隠すといったことはやらずに髪がニキビに触れないようにとにかく刺激を与えないようにしておく事が重要です。ニキビ跡としてよくある悩みが、肌がクレーターのようにくぼんでしまうトラブルや肌に黒い跡が残ってしまうことです。
クレーターの問題はきちんと治療できる皮膚科で診てもらわないと完治しませんが、黒ずみのトラブルは美白化粧品によって少しずつ薄くするという治療もあるのです。ニキビと言えども皮膚のトラブルの一つです。

ニキビなんぞで皮膚科の診察を受けるのも、と少々ためらいがちですが、皮膚科に通院するとすぐによくなりますし、ニキビ跡もできにくいです。


それに、自分で薬局などでニキビ薬を入手するよりも安価で治療できます。
ニキビと食事内容は密接に関連しています。


食生活を見直すことはニキビも改善されます。

食生活は野菜中心のメニューに変えて、ビタミンやミネラルを多量に取りこむようにしましょう。食物繊維が豊富な野菜中心の食生活は、便秘を解消する側面もあり、ニキビを減らす効果があります。


後から後からできる、ニキビは潰して良いのでしょうか。

実は、ニキビには潰して良いものとそうでない状態のものがあります。



潰しても問題ないニキビの状態とは、肌の炎症が落ち着いてきて、膿が白くなり盛り上がってきている状態のものです。こんなニキビの状態は、膿が出てこようと芯ができ初めている状態ですから、専用の器具を使うのであれば、潰しても問題ないでしょう。
昔、ニキビが顔の上部にいっぱい出てきてしまった時に、友達にも心配されてしまいそうな状態だったので、治療をしてもらうことにしました。医師から、これを処方しますので、塗布して下さいと伝えられ、ステロイド系の塗るタイプの薬を処方されました。ステロイド系の塗り薬の効果は素晴らしいものですが、肌には強いので、状態が改善してきたら塗る回数を少しにしていったほうが好ましいそうです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:アオト
読者になる
2016年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/tder5ieettlsna/index1_0.rdf