アロマとオイルランプの関係

October 12 [Fri], 2012, 13:26

アロマオイルが流行り出した当時は、ポットタイプのものが主流でしたが 近頃は、100円ショップでもポットが購入する事が可能となり、非常に身近なものになっています。特徴としてはポットは上部と下部に分かれており、上部に水とアロマオイルを、下部にキャンドルをセットして火をつけるものです。
ライトタイプは、キャンドルの火の代わりに電球の熱を利用ものです。コンセントに差し込んで使用します。万が一倒れてしまった時にも火災になる危険性が低く、小さなお子様がいる家庭などで選択されています。
そのため、人によってはベジライフ酵素液 最安値火を消し忘れてしまったり、誤って倒してしまったりするなど、大変危険です。 気付かないうちに眠ってしまったりすると、火災の危険性もあります。そこで、安全性が高いとして人気が出てきたのがランプタイプです。ライトタイプをランプタイプという名称で販売している場所もありますが、一般的にランプタイプと呼ばれるものは少し仕組みが異なります。
ランプタイプというのは、科学の実験に使うアルコールランプに似たものです。アルコールランプでいうオイルを投入部分にアロマオイルを入れ、火をつけたら各商品が規定ている時間をおいて火を消します。そこにランプシェードと呼ばれるキャップのようなものをかぶせれば、部屋に香りを広める事ができます。
非常に幅広いデザインの商品が販売されている事からランプ型が人気のようです。別の人気理由として部屋のインテリアに合わせて使用できる点です。上記のように、非常に沢山の商品が販売されているので、アロマオイルをもっと満喫したい人はランプを購入してみてはいかがでしょうか。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:かなかな
読者になる
2012年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/tcyv/index1_0.rdf