妊娠が発覚した後葉酸を摂取し始め立という

March 05 [Sun], 2017, 14:38
妊娠が発覚した後、葉酸を摂取し始め立という方が多いのではないでしょうか。それと同時に、一体いつまで葉酸を摂取するべきなのか、といった疑問もよく耳にします。


葉酸は胎児の健康にも影響を与えますが、赤ちゃんの事だけを考えるのならば、葉酸摂取の期間を出産までと限っても問題はありません。



一方で、葉酸は身体のバランスを整えてくれるなどの効果が期待されていますから、赤ちゃんを産んだ後も、葉酸を摂取しつづけることが母体の健康を保つサポートをしてくれるというワケですね。

仲良くしているユウジンが妊活中に漢方を服用していました。彼女の話では、体質改善のために漢方を利用していると言っていました。妊娠中は薬が飲めないと聞いていましたが、漢方なら安心感があることでしょう。彼女が飲んでいた漢方が効いたのか、赤ちゃんを妊娠できたので、本当に嬉しいです。私が知る限り、妊活の際に一番、意識して欲しい事と言えば、やはりご飯の内容です。

普段から妊活を頑張っている方は、すぐに赤ちゃんを授かっても不思議ではありませんので、実際に妊娠し立と分かるより先に、健康的なご飯で適切な栄養を摂取するなさってくださいね。この時期に重要な栄養素は様々にありますが、妊娠初期に最も大事な栄養素と言えば、葉酸でしょう。当たり前の事ですが、妊娠検査薬が反応するよりも前からオナカの中の受精卵が成長を初めています。いつ妊娠するのか、それは誰にも分かりません。



いざ妊娠した時に十分な栄養で満たされているように、なるべく早い時期から十分な葉酸を摂取し、赤ちゃんを元気に育てられるように備えておきましょう。葉酸の摂取期間についてお話しします。


皆さんご存知のように、葉酸の摂取は妊娠前から妊娠3か月まで期間において必須であると厚生省が推奨していますが、この期間を過ぎた後、具体的には妊娠中期から後期の妊婦にとって、葉酸は必要ないのでしょうか。

確かに妊娠後期における葉酸摂取は、妊娠初期ほど言及されていません。ですが全く摂らなくなっても良いのかというとそれは違います。オナカの中の赤ちゃんに対して、先天的な異常が発症してしまう確率(計算することは可能ですが、あくまでも目安でしょう)を低減してくれるという効果のみに注目した場合、妊娠3ヶ月までの期間が重要な期間だという事です。ですから、この時期での摂取を特に意識して欲しいという事であって、葉酸の摂取はこの期間だけに限った話ではありませんからす。妊活中に忘れてはならないのが、ホルモンバランスを正常に整えることです。


ヨガを行なう事で血の巡りが良くなり、深いリラックス効果を得ることが出来ます。すると、崩れた自律神経のバランスを治しますのでホルモンバランスが改善していくというワケです。妊活ヨガの動画はインターネットでも紹介されています。思い立った時にはすぐに始めることが出来ますよね。適度に体を動かすことは、凝り固まった体を柔らかくほぐし、代謝を上げてくれます。

体と心のバランスを整え、健康に繋がるので、妊活中の方は、ヨガで手軽に妊活を実践してみてはいかがでしょうか。


二人目が欲しかったのですが、なかなか授からないので産婦人科に行きました。長女が生まれているので夫は夫婦二人での受診には消極的で、言い出しにくい感じがしたので、まず私の方でできるタイミング療法から試すことにしました。

月イチで3000円弱なので家計に影響ないところは良いのですが、なかなか妊娠には至らないものですね。


それで、不妊を改善するという葉酸のサプリメントも取り入れました。
私はラッキーだったのか、ほどなくして二人目の赤ちゃんに恵まれ、経過も順調です。葉酸の摂取によってオナカの中の赤ちゃんの先天的な障害(神経管異常など)を発症するリスクが下がるという事が明らかになりました。



ですから、妊婦に対して葉酸の積極的な摂取を厚生労働省が勧告しています。実際に補助食品や葉酸サプリメントも多数販売されており、葉酸が多くの方にとって必要不可欠な栄養素だという事が分かります。また種類によってはトクホ(特定保健用食品)に指定され、妊婦が利用しているケースも多いです。


クリニックでの不妊治療を経て、ようやく第一子を授かることができました。



不安に思い始めたのは結婚から2年目くらいですね。タイミングを見計らって努力しても、授かることができず、同年代のご夫婦が子供を連れてる姿を見るたびに、やりきれない気分でした。病院で検査を受けているときまでは不安でしたが、多嚢胞性卵巣症候群というのがわかり、排卵誘発剤で様子を見ることになりましたが、三周期目で赤ちゃんを授かることができました。

ストレスも原因だったのかなと思います。

早めに受診するべきでしたね。妊娠や胎児における葉酸の重要性を踏まえると、妊娠中は当然のこととして、それ以前の妊活期間からの摂取が望ましい葉酸は、つい忘れてしまったりして十分に摂取できないという悩みも出てくる方が多いです。そんな不安を解消してくれるのがサプリによる葉酸の補給です。



容易な摂取が可能なのですから、仮にご飯での摂取が不十分だとしても大丈夫なのですよね。
妊活中や妊娠初期に必要不可欠な葉酸ですが、幾ら必要不可欠な栄養素だと言っても、過剰摂取は禁物ですから、一日の適切な摂取量を守って下さい。


これは、特にサプリや健康補助食品を利用されている方に知っていただきたいのですが、こうしたものは、普段のご飯から得られる葉酸よりも、はるかに高くふくまれています。それゆえ、簡単に大量摂取してしまう危険性がある為、サプリでの摂取は、定められた用法を守るなさってくださいね。
葉酸を摂りすぎると、胃が荒れるため、食欲不振や吐き気といった副作用があらわれる場合があります。それに、胎児は喘息にかかりやすいという話もありますので、過剰摂取は禁物ですね。皆さんご存知のように、妊娠において必要となる栄養素は、葉酸だけでは無いですよね。

葉酸単体では体内での吸収率があまり良くありませんから、サプリを選ぶ際のポイントとしては、ビタミンやミネラルといった、妊娠初期に欠乏しやすい栄養素を複数入ったサプリがおすすめです。

具体的に言うと、ミネラルやビタミンが25種類ほど含んだサプリにすれば、不足しがちな栄養素を一度に補給できますよね。このようなサプリは、妊娠中の方だけに必要なものだと考える方もいらっしゃるかと思いますが、サプリの摂取によって妊娠しやすい体がつくられますから、妊娠を希望している方は、サプリの利用を考えてみて下さいね。



妊娠を望む方や妊娠初期の妊婦にとって、重要な栄養素の一つとされている葉酸や、不妊との関係も指摘されている鉄分は、どちらも不足しがちなものです。



普段の食習慣では十分な摂取が出来ない方が多いと言えるでしょうから、サプリ等を利用して、不足しがちな栄養素を十分に補給するなさってくださいね。

葉酸と鉄分、どちらも入ったサプリも売っていますから、こうしたものを利用することで、適切な摂取が、お手軽に出来ますのでおすすめです。妊娠後、赤ちゃんのために葉酸を摂取している方へのアドバイスなのですが、葉酸を食べ物から摂取しようと葉酸をふんだんに含んでいる貝類やホウレンソウ、またはレバーなどの食材を、普段の食習慣に取り入れるようになっ立という女性も大勢居るのではないでしょうか。しかし、葉酸は熱によって溶け出す性質があるのです。


ですから加熱調理してしまうと、葉酸が溶け出てしまっていることもあります。

総合的な摂取量としては足りていないかも知れません。葉酸は野菜の中に多くふくまれていますが、その中でも特に葉酸を含んでいる野菜と言えば、冬が旬の小松菜、初春に店頭に並ぶ菜の花や、夏のモロヘイヤなど、青菜の野菜です。


妊娠が発覚してから、早めにこれらの食材を摂取することによって、オナカの赤ちゃんの先天異常などの危険性を下げる可能性があると知られています。ですが、いろいろな問題で毎日野菜を食べるのが難しい、という場合には納豆や貝類を食べるのをおススメします。
妊活中の方に、ぜひ読んでいただきたいのですが、妊活中には亜鉛が大変重要な働きをしますので、忘れずに摂取するなさってくださいね。


何となくと言うと、亜鉛は卵巣に作用し、健康的な卵子を成熟指せるのに、大変重要な役割を果たしている事が分かったからです。

また、亜鉛の効果は女性に限らず、男性側も、十分に亜鉛を摂取するなさってくださいね。亜鉛は卵巣に働聞かけるだけでなく、質の高い精子をつくることを助けてくれるのです。健康な赤ちゃんを授かることの出来るように、夫婦での亜鉛摂取を実践してみましょう。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Sho
読者になる
2017年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる