分かりやすく言えば超敏感、、、のあれこれ

July 28 [Tue], 2015, 17:04
今日も取りとめもなく美容・健康の要点を綴ってみる。分かりやすく言えば超敏感肌の基本的な例のひとつがアトピー性皮膚炎となります。どちらのケースにも共通しているのは、「乾燥」ですから乾燥対策が大切になってきます。洗顔を行うときに力を入れてこすったり、温かすぎるお湯で洗顔すると毛穴が開ききった状態になり、ホコリなどの汚れを肌の毛穴に蓄積してしまう引き金になります。よく耳にする乳酸菌には、ナチュラルキラー細胞を活性化する働きがあり、このナチュラルキラー細胞は、体の中に侵入したガン細胞、ウィルスを効き目があるとして知られます。

アミノアシッドというものは、私たちが健全な体を維持するのにとても重要な役目を担っていますが、とりわけ9種類のアミノ酸は体内だけで作ることが可能ではないので、食事やサプリメントで、摂取しなければいけません。お肌にビタミンCが足りなくなるとコラーゲンが不足し、皮膚のハリや弾力が持てなくなります。そして抗酸化力を失ったお肌はシミやしわができやすくなり、いわゆる老化現象となります。ひとことでいうと善玉乳酸菌と言われる状態は老化や病気を促進させたり下痢や便秘などを引き起こす原因となる有害な毒素などを発生させてしまう悪玉菌として存在する菌を減少させる効果があります。

簡単に表すとよく耳にする乳酸菌の一種であるカゼイ菌においてはラクトバチルス属の乳酸菌で、酸には強いため胃液や胆汁中でもほとんど死ぬことなく、排便されるまで生き続けるのです。ほとんど、人の肌というのは、外からの刺激に対抗でき、内部の含水量を保つためにバリアする機能が備わっていて、この性質をバリア機能といいますが、この機能が減少するとお肌のつやがなくなってしまいます。全部メイクを洗い流していないクレンジングが足りないとき、肌表面の毛穴の中に落としきれていないメイクの油がどんどん溜まり、それが酸化した結果毛穴を塞ぎやがて黒ずんできていしまいます。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:tcko3pw
読者になる
2015年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/tcko3pw/index1_0.rdf