『IRON MAN2』アイデアコンテストを実施 / 2010年05月02日(日)
アウディの米国法人、アウディオブアメリカは27日、「トニー・スターク・イノベーション・チャレンジ」の概要を明らかにした。映画、『IRON MAN2』(アイアンマン2)公開に合わせたアイデアコンテストだ。

[関連写真]

『IRON MAN』は2008年5月に公開。ロバート・ダウニー・Jrが演じる主人公、トニー・スタークが鋼鉄の仮面をまとい、自らが開発した最新兵器を撲滅するべく戦うというストーリーだ。

その第2作『IRON MAN2』が26日、米ロサンゼルスでワールドプレミア。アウディはフラッグシップスポーツ『R8』のオープン版、『R8 V10スパイダー』(日本名:『R8スパイダー』)をトニー・スタークの愛車として提供するなど、映画に全面的に協力している。

アウディオブアメリカは、5月7日の映画公開を前にした今回、トニー・スターク・イノベーション・チャレンジを行うと発表。18歳以上の米国在住者で、「Facebook」や「Twitter」などソーシャルメディアの会員であれば、誰でも参加可能だ。

参加者は、画期的技術を使った生活向上アイデアを、2分間の動画にまとめて応募。そのアイデアはソーシャルメディア上で公開され、閲覧者の人気投票によって、上位数作品に絞り込まれる。その後、各方面のエキスパートによる審査を行い6月28日、最優秀作品を決定する。

最優秀作品には、賞金として1万5000ドル(約140万円)を贈呈。さらに、カリフォルニアの3泊4日ツアーに招待され、サンタモニカのアウディデザインセンターの見学や、サーキットでのR8のテストドライブ、水陸両用車への同乗試乗などが楽しめる。

アウディオブアメリカのマーケティング責任者、Scott Keogh氏は、「トニー・スタークも驚くような実現可能なアイデアを送ってほしい」とコメントしている。

《レスポンス 森脇稔》

【4月28日17時51分配信 レスポンス
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100428-00000030-rps-movi
 
   
Posted at 18:14/ この記事のURL
EU、ギリシャ債務不安で格付け会社を批判 / 2010年05月02日(日)
 欧州連合(EU)が、ギリシャなど債務不安に陥っている国の状況を悪化させていると格付け会社への強い批判を表明した。

 スタンダード&プアーズ(S&P)は28日には、スペインの格付けを1段階引き下げて「AA」とした。同社がギリシャの格付けを「投機的」とするなど、格付け会社各社がギリシャやポルトガルの格付けを相次いで引き下げたことから、世界の金融市場は混乱し ている。

 EUの執行機関である欧州委員会の広報担当者は28日の記者会見で、「格付け会社は責任ある厳格な行動をとるものと期待している」と強調、国際通貨基金(IMF)とユーロ圏を中心とするEUが共同でギリシャ救済策を取りまとめていることを考慮するよう要請した。 

 ギリシャの格下げは、IMFとEUの共同支援が実施されたとしても、債務再編は避けられないとの見方を反映している。S&Pは、ギリシャが債務再編となれば、同国債を保有する投資家は50~70%の損失を被ると予想している。仏金融大手ナティクシスのエコノミスト、シルバーン・ブロヤー氏は、格付け会社の動きはギリシャ国債相場の急落を受けたものだが、それが再び国債相場の下落を誘っているとし、「ギリシャ国債はここ数日間悪循環に陥っている」と述べる。

 S&Pのマーティン・ウィン氏は、格下げ発表のタイミングについて、社内の格付け委員会が決定を下せば情報漏れを避けるため遅滞なく行っていると説明、恣意をはさむ余地はないと強調している。また、もし格付けの変更が市場に影響を及ぼしたとしたら、投資家が、その情報を信頼に足ると判断したからだと述べた。

 格付け会社は金融危機の際、複雑な仕組み債のリスクを認識できていなかったなどとして批判された。また危機の最中に遅まきながら格付けを下げたことでさらに危機に油を注いだとして叩かれた。

【4月30日9時51分配信 ウォール・ストリート・ジャーナル
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100430-00000005-wsj-bus_all
 
   
Posted at 18:12/ この記事のURL
『ONE PIECE』の香り第2弾 / 2010年05月02日(日)
カーメイトは、人気アニメーション『ONE PIECE』とのコラボレーション企画の第2弾として、紙含浸吊り下げタイプ芳香剤『ONE PIECE(ワンピース)エアフレッシュナー2』を4月21日に発売した。

[写真:パッケージ(ボア・ハンコック)]

絵柄は8種類あり、オリジナルでの書き起こし。コレクションが楽しめるよう、香りはすべてスカッシュ系の『マリンブルー』に統一した。香りは人気の香りをベースに、ワンピースの世界観を表現したという。使用期間は2 - 4週間が目安。価格はオープン価格になっている。

『ONE PIECE』とのコラボ第1弾は、劇場版第10作目となる『ONE PIECE FILM STRONG WORLD』が公開直前の2009年11月に『手配書柄』をモチーフにしたデザインで発売された。好評だったこの『手配書柄』デザインは、今後も並行して販売を続ける。

《レスポンス 高木啓》

【5月2日9時30分配信 レスポンス
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100502-00000001-rps-bus_all
 
   
Posted at 18:10/ この記事のURL
外国人投資者3万人目前、市場完全開放後に3倍増加 / 2010年05月02日(日)
【ソウル2日聯合ニュース】通貨危機直後の1998年に政府が外国資本の誘致に向け証券市場を完全に開放後、外国人投資者の数が大きく増加し、3万人に迫っている。
 金融当局が2日に明らかにしたところによると、4月27日現在、金融監督院に登録された外国人投資者は、個人投資者が8598人、機関投資者が2万714人の合計2万9312人に上る。
 外国人投資者の数は2000年1月に1万91人を記録し、初めて1万人を突破。その後は増加を続け、来月には3万人を超えると予想される。
 外国人投資者の国籍(3月末基準)は、米国が1万81人(34.8%)で最も多く、次いで日本が2810人(9.7%)、英領ケイマン諸島が2151人(7.4%)、英国が1910人(6.6%)、カナダが1617人(5.6%)、ルクセンブルクが1001人(3.5%)と後に続いた。
 韓国は1992年から外国人に証券市場を開放後、投資限度を設定していたが、1997年12月に社債と国公債に対する投資限度を、1998年5月に一般法人に対する上場株式投資限度をそれぞれ廃止した。1998年7月には非上場債券への外国人投資を認め、証券取引法上のすべての有価証券に対する外国人投資を許可し、市場開放を完了した。
japanese@yna.co.kr
【5月2日12時52分配信 聯合ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100502-00000003-yonh-kr
 
   
Posted at 18:08/ この記事のURL
MM「マルキュー」が横浜美少女図鑑とコラボイベント-上原多香子さんも /神奈川 / 2010年05月02日(日)
 「MINATOMIRAI 109」は5月3日と4日、クイーンズスクエア横浜(横浜市西区みなとみらい2)1階クイーンズサークルで、「横浜美少女図鑑」やファッション雑誌「BLENDA」とコラボレーションしたオープン記念のファッションイベントを開催する。(ヨコハマ経済新聞)

 3日は、写真集型フリーペーパー「横浜美少女図鑑」とのコラボイベント「MINATOMIRAI 109×横浜美少女図鑑Specialステージ」を開催。横浜美少女図鑑のモデルが「MINATOMIRAI 109」ファッションを紹介する。また、ヘアメイクレクチャーや音楽ユニット「MiyuMiyu」のライブなども行われ、ゲストには「SPEED」の上原多香子さんが予定されている。

 4日は、雑誌「BLENDA」とコラボし「MINATOMIRAI 109×BLENDA
COLLECTION」を実施。井出レイコさん、中野唯花さんなどBLENDAの人気モデルが「MINATOMIRAI 109」のファッションを紹介するほか、シブヤ系3人組ユニット「Juliet」のライブを予定している。

 開催時間は3日=14時〜16時30分。4日=14時〜、16時〜の2回。入場無料。

 「MINATOMIRAI 109」広報担当の石山賢さんは「MINATOMIRAI 109オープンを記念してのオープニングパーティーです。ぜひ皆様にお越しいただきたいと思います」と話す。

 「MINATOMIRAI 109」は今年4月17日にクイーンズスクエア横浜内にオープンした、東京・渋谷のファッションビル「SHIBUYA 109」を運営する東急モールズデベロップメント(東京都渋谷区)が展開するファッション施設。20〜30代女性をターゲットにした衣料品、雑貨、靴を販売する新規店舗23店舗をはじめ、改装オープン1店舗、既存店舗11店舗の計35店舗で構成されている。

【5月2日12時34分配信 みんなの経済新聞ネットワーク
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100502-00000008-minkei-l14
 
   
Posted at 18:06/ この記事のURL
プロジェクトの見える化と標準化を支援する「SmartPMO」 / 2010年05月02日(日)
 「赤字プロジェクトをいかに減らすか」。受託システム開発を行うSIベンダーにとって、収益を上げられない可能性が高い案件をそのまま受注することはなるべく回避したいことだ。そのため、多くの経営層は「できれば、案件の受注段階でリスクを十分に判断して、その遂行条件を吟味したい」と考えるだろう。

 しかし、中・大規模のプロジェクトを複数走らせているような企業では、経営者が実際に各プロジェクトのリスクを評価し、その開始の可否に参画することは難しい。また、一般にプロジェクト管理ツールは、現場スタッフの工程管理やプロジェクトマネジャー(以下、PM)までの進ちょく管理・リソース管理を目的として利用されることが多く、プロジェクトの遂行段階においては経営者が各プロジェクトの詳細な進ちょく状況を横断的に把握できないこともある。

 日揮情報システム 第1ソリューション本部ビジネスソリューション第2部マネジャー、佐川淳也氏は、こうしたプロジェクト個別対応の管理方法では「ソフトウェア開発の全社的な品質向上や効率化、コスト管理の向上を実現するのは難しい」と指摘する。また、赤字プロジェクトを回避するには「経営者からPM、現場スタッフに至るまで、プロジェクトに関するあらゆる情報を共有し、効率よくモニタリングを行い、プロジェクトを全社的に支援できる環境を構築する必要がある」という。同社では、プロジェクト管理ツールには以下のような3つの世代があると定義している。
 →http://techtarget.itmedia.co.jp/tt/news/1004/26/news04.html 

 その上で、同社が提供するソフトウェア開発向けプロジェクト管理ソリューション「SmartPMO」は、“経営者の視点”を盛り込んだ第三世代のソリューションだという。今回はSmartPMOの特徴を紹介する。

●品質と進ちょくの見える化とPM手法の標準化を支援

 SmartPMOは、PMがプロジェクトを個別で管理するだけでなく、経営者が複数プロジェクトを一覧し、ソフトウェア開発全体の進ちょく状況をグラフなどで直感的に把握できる機能を備えている。また、ソフトウェア開発のプロセス改善を行うためのガイドラインである「CMMI」の考えに基づいて設計され、その管理手法として「PMBOK」を採用している。SmartPMOの開発元である韓国のPOSCO ICT(旧ポスデータ)は、実際にこの製品を活用して韓国国内において初、また世界でも8番目の早さでCMMIレベル5を達成した実績を持つ。

 SmartPMOでは、プロジェクトを受注する以前の案件段階からの管理機能を用意している。これにより、プロジェクトの受注目標を立て、案件のリスクを評価し、赤字の可能性が高い場合は事前に対応策を検討して評価するなど、プロジェクト開始の意思決定を支援する。

 また、受注したプロジェクトについては、プロジェクト計画の段階でWBSを定義するとともに「進ちょく率」「コスト」「工数」「成果物」などの指標(KPI)を設定。これらの指標は実データを基に自動計算され、PMや経営者の管理画面にプロジェクトの状況がリアルタイムに表示される。経営者は複数プロジェクトの状況を一覧で表示できるため、プロジェクト全体をモニタリングしながら進ちょく管理を行うことができる。設定できる指標は、各企業のニーズやプロジェクト管理レベルに合わせて設定指標の数や種類がカスタマイズ可能だ。

 さらに、許容範囲に近づいた指標は数値やグラフの色を変化させ、許容範囲を超えた場合は赤く表示することが可能で、問題が確認できた場合は、管理画面上からプロジェクトの詳細データを追跡することで不具合の原因を迅速に探り出し、優先順位を付けてその対策を講じることができる。

 このほか、作業手順やWBS、成果物を「方法論」としてケース別に標準化し、SmartPMOのマスターデータに登録することが可能だ。これにより、ケースごとに同様のプロジェクトを受注した場合など、登録しておいた方法論を流用し、それを修正してプロジェクト計画を策定することで、効果的に全社レベルの品質の向上(ノウハウの共有と標準化)を支援する。

●進ちょく登録は「Microsoft Office Project」と連携

 多くのプロジェクト管理ツールが抱える課題として、導入したものの現場スタッフに使ってもらえず、結局、実用するまでに至らないということがある。

 これに対して、SmartPMOではプロジェクトの進ちょく管理として幅広く使われている「Microsoft Office Project」と連携する。例えば、Microsoft Office Projectとデータ連携することで、現場スタッフはMicrosoft Office Projectを使って進ちょく登録を行いながら、そのデータをSmartPMOに取り込んでPMが進ちょく管理するという運用が可能となる。

●自社運用のノウハウを生かしたソリューションを提案

 また、日揮情報システムでは「現場スタッフにプロジェクト管理ツールを使ってもらうためには、PMや経営者も含め、その企業全体がツールをベースにしたプロジェクト管理を行う環境を整備することが重要だ」と考えているという。同社ではSmartPMOの本格展開に向けて、まず自社への全面導入を実施している。

 同社ではSmartPMOを日本市場で販売するに当たり、自社の一部プロジェクトでテスト運用を行い、国内向けに実用できる段階まで言語の完全ローカライズおよび機能のブラッシュアップを行った。そして、2009年4月の本格販売開始に合わせ、その翌月から全社規模に運用を拡大したという。現在では、月次のプロジェクト報告会議をSmartPMOの管理画面をベースに行うなど、現場スタッフから経営者までSmartPMOの利用が必須となる体制を構築している。

 佐川氏は「SmartPMOを単なるPMツールとしてではなく、弊社のプロジェクト管理に関するノウハウをふんだんに盛り込んだ、プロジェクト管理導入サービスの一環として、自社運用のノウハウも生かしながら提供していきたい。」との考えを示した。

●「J+Project会計」との連携で“QCD”をサポート

 SmartPMOの販売展開では、特に同社のプロジェクト会計システム「J+Project会計」との連携を積極的に提案するという。プロジェクト管理の重要なキーワード「QCD」のQ(品質)とD(納期)をカバーするのがSmartPMOであるのに対して、J+Project会計はC(コスト)の管理にフォーカスした製品。会計システムと連携し、実行予算管理や個別原価管理、部門採算管理、売上計算などの機能を搭載している。この両者を連携させることで、プロジェクトごとにより確実なコスト管理が可能となり、プロジェクトの品質管理から原価管理、進ちょく管理まで“QCD”のサポートを実現するという。

 同社ではSmartPMOの自社運用を行う中で、社内の意見を取り入れながら、引き続き機能の改善・拡張を進めている。現在は、新たに「発注計画機能」の開発を行っており、これは日本独自の拡張機能になるという。また現バージョンでも、外部委託のリソースを管理する機能は備えているが、この拡張機能によって外部委託に関する一連の発注計画を管理できるようにするという。今後は、PMが外部委託を行う際に発注計画の策定から見積もり審査、委託先ベンダーの決定、さらには委託先ベンダーの評価までを支援する機能を提供していく予定だ。 4月27日1時21分配信 TechTargetジャパン
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100427-00000002-zdn_tt-sci
 
   
Posted at 18:04/ この記事のURL
新世代パネルがBlu-ray搭載“AQUOS”にもたらしたもの / 2010年05月02日(日)
 シャープが発表した“LED AQUOS”の新製品「DX3シリーズ」は、Blu-ray Discドライブを搭載した“録画テレビ”だ。次世代パネルとして登場したUV2Aが、わずか半年ほどの間に製品バリエーションを広げ、もう1つの製品トレンドである録画対応テレビと合体した。

【写真:他のモデルや操作画面の紹介】

 さらに、録画やネットワーク関連機能の強化など、新しいフィーチャーも多分に盛りこんでいる。担当者の話を交えつつ、詳しく紹介しよう。【芹澤隆徳】

 “LED AQUOS”DX3シリーズは、32V型〜52V型までの4サイズ。スロットインタイプのBDドライブを搭載し、Blu-ray Discの再生や録画が行えるという商品コンセプトは従来と同じだ。異なるのは、直下型のLEDバックライトとUV2Aパネルを採用して画質向上と省電力化を図ったこと。

 UV2Aとは、UV光によって液晶分子を精密に配向できる“光配向制御技術”「Ultraviolet induced multi-domain Vertical Alignment」を採用したパネルのこと。など複数挙げられるが、中でも画質面に効いているのが、高速応答性。そして従来は不可欠だったリブやスリットといった内部構造をなくしたことだ。余分な構造物がなくなり、光の透過量が増すと同時に、それらに起因していた“光漏れ”も抑えられ、黒を黒として表現できるようになった。これに白のピークが伸びるLEDバックライトを組み合わせ、コントラストの大幅な向上を実現している。

 DX3シリーズの場合、40V型以上はパネルのネイティブコントラスト(スタティックコントラスト)が5000:1。テレビセットとして動かしたときのダイナミックコントラスト(テレビコントラスト)は200万:1となる。また、バックライトスキャンと倍速駆動を組み合わせた“スキャン倍速”を搭載。これもUV2Aの特長である4ミリ秒という高速応答速度とあわせ、動画ボケを抑えた。

 そしてポイントは、BDドライブを備えていること。シャープAVシステム事業本部・液晶デジタルシステム第1事業部商品企画部の渥美忠道係長によると、「BD一体型のDX3シリーズでは、コンテンツの情報を得て、画面をより細かく制御します。映画などもさらに黒が締まった映像で観ることができます」という。

 一方の省エネという点では、同サイズの従来機に比べて年間消費電力量を30%削減している。「昨年の32V型と同じ消費電力(電気代)で40V型が楽しめます」(渥美氏)。

●録画機としての機能アップ

 DX3シリーズでは、録画機能にもいくつかのアップデートが加えられた。大きなところでは、MPEG-4 AVCトランスコーダーの世代が新しくなり、従来の最大7倍録画から、最大8.5倍録画となったこと。同社製BDレコーダー「AQUOSブルーレイ」は最大10倍録画になっているため、世代としては1つ前にあたるものの、2層50GバイトのBDメディアを使用すれば最長36時間の録画が可能だ。「例えば、NHKの大河ドラマは本編が45分で48話前後。つまり、1年分の大河ドラマを1枚のBDにまるまる収録できます」(渥美氏)。

 次に注目したいのは、録画予約数の上限が1週間16番組から32番組へと倍増した点だ。とくに家族で共用している場合などは、いつの間にか録画予約が増えているもの。単体レコーダー並みの長時間録画と録画予約数を確保したことで、リビングルームのメイン録画機としても十分に使えそうだ。なお、出荷時のデフォルト設定は5倍録画に設定されている。

 番組追従機能も強化した。従来のDXシリーズでは、EPGからの録画予約についてはスポーツ延長などが合った場合でも追従録画が可能だったが、毎回予約にすると、録画時間帯のみを設定する“時間録画”になってしまい、追従できなかった。しかし今回は、毎週録画の設定に「番組指定予約」を追加。これを選択すれば、電子番組表から同じ番組名を拾い、追従録画してくれる。ドラマやアニメなどのシリーズ番組をよく録画する人にはありがたい機能だ。

 オートチャプター機能も見逃せない。従来機は、一定時間ごとにチャプターを打つ機能しか搭載しておらず、大ざっぱな目安にしかならなかった。しかし今回は、従来の機能に加え、音声情報などを含むシーンの切り替わりを自動判別してチャプターを設定する“おまかせ”自動チャプターを搭載。再生時には、リモコンのスキップボタンを1回押すだけで、CM部分をすべて飛ばすことができるという。「音声付き早見再生と合わせ、少ない時間で効率良くテレビを観ることができます」(渥美氏)。

 細かい部分では、電子番組表のデザインが少し変わっている。まず、番組ジャンルのアイコンがカラーになって識別しやすくなった。さらに予約一覧のタブが4から8に増えて一覧性を高めている。こうした細かいアップデートを合わせ、録画テレビとしての機能は、従来機から大きくステップアップしたといえそうだ。

●LED AQUOSの機能も搭載

 DX3シリーズは、DXシリーズの後継機であると同時に、最新型のLED AQUOSでもある。このため、LED AQUOS LX1/SE1ラインで採用されたいくつかの新機能も盛りこまれた。例えば「好画質センサー」はDXシリーズ初搭載。コンテンツの種類や部屋の明るさ、映像ソースなどに応じて自動的に画質を調整する機能だが、初期設定で実際の画像を見ながら映像のセッティングをユーザーの好みでカスタマイズできる点がユニークだ。

 視聴履歴を参照し、“いつも見ている番組”をワンタッチで選局できる「常連番組」もDXシリーズには初めての機能となる。テレビ視聴中にリモコンの「常連番組」ボタンを押すと、放送中の番組からよく見る番組を自動的に選局してくれるほか、それがない場合は同じジャンルの番組を自動的に選び出す。テレビが選択した番組をEPG(電子番組表)に一覧表示することも可能で、こちらは番組表の左端に常連番組を時系列のリストとして表示する。「まるで自分専用の放送局を加えたような使い勝手」(同社)。また、いつも見ている番組が放送されているとき、テレビの電源をオンにすると自動選局してくれる機能も便利だ。

●DLNAにも対応、新しいネットワークサービスも追加

 DX3シリーズで初めて搭載された機能も多い。まずはDLNA/DTCP-IPベースの「ホームネットワーク」機能。動画、静止画、音楽データに対応し、例えば別室の“AQUOSブルーレイ”「BD-HDW55/HDW53」などで録画した録画番組をネットワーク経由でストリーミング再生できる。BD-HDW55/HDW53の場合は動画にしか対応していないが、PCなどのDLNA対応機器があれば、静止画や音楽データも再生できる。なお、ホームネットワーク機能は、同時にリリースされたBDドライブ搭載のパーソナル録画テレビ「LC-26DV2」でも利用可能。「書斎や寝室などに設置する“2台目テレビ”としても安心です」(渥美氏)。

 インターネット経由のコンテンツサービスには、4つの新顔が仲間入り。従来からの「Yahoo! JAPAN for AQUOS」「DoTVデジ×マガ」「アクトビラ ビデオ・フル」「ひかりTV」にくわえ、今春からデジタルアーツ提供の有害サイトフィルタリングサービスをスタートする。

 さらにブロードメディアが提供するレンタルビデオ(4月23日からβサービス開始)、凸版印刷のカタログショッピング「paraly(パラリー) for AQUOS」(5月以降サービス開始)、NEOBEATのネットスーパー「お届け.com」(5月以降サービス開始)を順次追加する。どちらかといえば他社製品に比べて貧弱と言われたAQUOSのネットワーク機能だが、DX3シリーズでは一気にその差を縮めつつ、オリジナル性の高いサービスも加えてきた。

 このほかにも、BD再生画面とデジタル放送を同時に表示できる「2画面」機能、マスストレージクラス対応のUSBメモリーなどを装着して写真や楽曲ファイルなどを再生できるUSB端子、BDレコーダーの操作パネルなどを表示できる「AQUOSファミリンクII」などの新機能も搭載している。なお、HDMI入力の数は、40V型以上が3系統、32V型は2系統。HDMI 1.4ベースとなり、ARC(オーディオ・リターン・チャンネル)とコンテントタイプ連動をサポートした。同社製ラックシアターにはまだARCなどに対応した機種は存在しないが、今後順次発売する予定だという。

【5月1日7時22分配信 +D LifeStyle
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100501-00000002-zdn_lp-sci
 
   
Posted at 18:02/ この記事のURL
YouTube、カンヌ国際広告祭に参加できるコンテストを開催 / 2010年05月02日(日)
 YouTubeは1日、カンヌ国際広告祭に参加できるコンテスト「YouTube-Cannes Young Lions 48 Hour Ad Contest」を実施すると発表した。

ほかの画像や動画

  応募できるのは、18〜28歳でプロ・アマを問わない。5月14日の真夜中(グリニッジ標準時)に非営利団体が広告のテーマを発表するので、参加者は48時間以内に脚本を書き、撮影し、編集し、YouTubeの「Cannes Lionsチャンネル」にアップロード。その後、1週間で応募動画を宣伝し票を集める。

 選ばれるのは2人で、カンヌ国際広告祭に無料で招待される。



【5月1日14時15分配信 RBB TODAY
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100501-00000001-rbb-sci
 
   
Posted at 18:00/ この記事のURL
シャラポワが東レ・パンパシテニスに出場 / 2010年05月02日(日)
女子テニス世界ランキング14位のマリア・シャラポワ(ロシア)が、9月26日(日)に開催される『東レ パン・パシフィック・オープンテニス』(東京・有明)に出場することが決定した。

マリア・シャラポワの写真

昨年この大会を制覇したシャラポワは、リンゼイ・ダベンポート(アメリカ)以来5人目の連覇を目指す。シャラポワ以外にもセリーナ・ウィリアムズ(世界ランク1位/アメリカ)やディナラ・サフィナ(同3位/ロシア)らトップ10のうち8選手が本大会に出場する。また、クルム伊達公子(同70位)もワイルドカードでの出場が決まっている。チケットは発売中。


【4月26日16時57分配信 @ぴあ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100426-00000002-pia-spo
 
   
Posted at 17:58/ この記事のURL
日本ハム・武田勝、西武戦先発に「どこまで攻めることができるか」 / 2010年05月02日(日)
 北海道日本ハムの武田勝が2日、本拠地・札幌ドームの埼玉西武戦に先発する。今季のこのカードには2試合に先発して2敗、防御率6.10と苦しんでいる武田勝だが、「いい打者が多いのでどこま攻めることができるか。無駄な四球を与えないか」と勝利へのポイントを挙げた。さらに、過去2戦で2本塁打を打たれているブラウンには、「とにかく腕を振ってキレのいい球を投げること。本塁打は不用意にいってしまったので、一球一球丁寧に投げたい」と警戒していた。

取材協力:野球専門タブロイド紙 Baseball Times Weekly

【5月2日12時30分配信 スポーツナビ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100502-00000010-spnavi-base
 
   
Posted at 17:56/ この記事のURL
P R
カテゴリアーカイブ
  | 前へ  
 
Powered by yaplog!