アブラゼミとオーケン

June 18 [Sat], 2016, 14:09
老若男女がITに親しむようになった現在は、だれでも手軽にパソコンを使えるようになりました。結婚する相手をさがす場合は、ネット上の結婚情報サイトで探す事ができます。簡単にフィーリングの合う異性を探すには、出会い系サイトに入会すれば良いでしょう。また、メッセージや写真を送るには電話やファクスではなく、Eメールが使われています。しかし、便利に使える反面、色々な困った事も起きています。出会い系サイトから浮気に発展したり、顔の見えないネット上だからといって、自己紹介を嘘で固めている結婚サイトの会員もいます。
何でもネット検索できる時代ですが、検索しても出て来ない事があるとしたら「現在の」自分以外の人間の活動です!ツイッターをやっている人の場合、行った場所や会った人についてネット上に晒している人も居りますが、わざわざ知られたくない事までは発信していないでしょう。本人としては秘密にしておきたい事まで信憑性のある調査を実施してくれるのが、探偵社や興信所と呼ばれる調査会社です。
興信所・探偵社・探偵事務所などで扱う主要な調査は、浮気や不倫の調査だそうです。道徳意識の低下によって浮気に対するハードルが下がってしまったのがその理由ですが、個人が持つIT機器の普及により自分と相手だけで第三者の取次ぎなく通話できるようになった点が挙げられます。少し前までなら奥様が旦那様の浮気調査を依頼する場合が多かったのですが、このごろは夫が妻について調査依頼するケースも増えています。この事は主婦層が自宅で出会い系サイトを使っている事の証だといえるでしょう。顔の見えない世界では女性がちやほやされるので病みつきになるのでしょう。
今の時代、興信所や探偵に依頼したいという需要は増加していますが、実際にコンタクトを取るという人はあまりいません。たぶん探偵について間違ったイメージを持っているのだと思います。人は何かを買ったり体験したりすると、知り合いに話したくなりますよね。もし、探偵事務所のお世話になったとしても、他人には詳しい事は言わないのではないでしょうか。それ以前に、一生利用しないで過ごす人もいるでしょう。その結果、地道な調査活動が理解されず、グレーの印象を持たれてしるのでしょう。
「結婚調査」という名前の調査があります。結婚や婚約=興信所、というイメージもありますね。昔は、お見合いとして知人から紹介されたり、同じ学校や職場内での出会いが多かったと思います。でも、最近多いデータベース入力で相性が決まるやり方だと、、経歴などは本人の話や登録されたプロフィールでしかわからない状態だと思います。そのため、虚偽のプロフィールを掲載する事も可能なのです。それを見破る為に興信所が活躍するのです。高校を中退しているのに卒業した事にしていたり、もっと悪いのは、離婚歴があるのに初婚として申告する人も存在します。このような場合、最初は住民票などの入手から調査はスタートします。さらに対象者の通勤や休日に尾行して調査していくことになります。




プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:瑠花
読者になる
2016年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/tciiskea1esnl3/index1_0.rdf