アコのGonzalez

January 05 [Thu], 2017, 16:55
足のムダ毛の生え方が気になったので、脱毛テープを購入してきました。脱毛テープというのを説明すると、粘着力のあるテープを毛を抜きたい部分に貼ってから剥がすと、一回で脱毛できるというものです。
カミソリでのお手入れよりも長持ちするので、私は脱毛テープ愛好者です。

ここの所は痛みが少なくなっているものが多いので、気軽に使用できるようになりました。数ある脱毛サロンの中には利用ごとの支払う方法が可能な店舗もあります。都度払いのメリットは、支払う代金は実際に施術を受けた分だけとなりますから、何かしらの原因で行きたくなくなったら、利用者が止めたい時に止める事ができます。ただし都度払いにした場合のデメリットは同じ内容のコースと比較した場合、最終的には割高となってしまうため、最終的なコストを抑えたいなら、利用しない方が賢明かと思います。一般的に、医療脱毛によって一箇所の脱毛が完了するには、1年〜1年半の期間を要するそうです。



1年以上かかるかもしれないと聞いて長いなあと感じる人もいるかもしれませんが、脱毛サロンの場合ですと、更に時間がかかります。


1回の施術での脱毛効果が弱いので、医療脱毛並みの綺麗さを期待するのであれば、10回以上は通わないと無理です。
アルバイトが施術する脱毛サロンがあるらしいと不審に思うかもしれません。


答えは「YES」で、脱毛サロンも店によってはそういったスタッフでシフト対応しています。

パートタイム的に働くスタッフも実際に脱毛サロンによってはいますし、逆に正規雇用で研修を積んだスタッフのみに施術させている脱毛サロンもいくつかあります。



もっとも、時短勤務の人がいるから店のレベルが落ちるとは言い切れません。

イーモリジュ。どこかで聞いたことはないでしょうか。
ロングセラーの脱毛器イーモの後継機なんです。


トリプルショット(3連射)できるのが特徴です。美顔器としても使えるスキンケアカートリッジが同梱されていて、さらに驚くべきことに、1つのカートリッジで1万8000回照射できてしまうという、もともとコスパの良い製品でしたが、後継機はさらにすごいです。
次のショットまでの待ち時間も3秒と少なく、1回の脱毛にかける時間も短くて済むようになりました。

現在はさらに後継のケノンという機種が販売されていて広い範囲も細かいところも脱毛できるので、人気があるようです。2PS(ツーピーエス)はエステティックサロン並の高出力の脱毛が家庭でできるというIPL方式の脱毛器で、お店に行かなくてもアンダーヘア脱毛ができます。別売の美肌用カートリッジに交換すると、美顔マシンとしても使えます。高性能のカートリッジは13万回以上の照射が可能で、1発0.05円なので、とてもリーズナブルな値段で全身脱毛ができます。



継続的な使用ならお得な2個入りカートリッジのパックがおすすめです。パワーがあるので男性の毛質にも対応でき、きめ細かい出力調整(8段階)なのでデリケートな部分の脱毛にも対応しているのも良いですね。脱毛エステに通う期間はどれくらいかというと、2、3か月に1回ほどの施術を満足するまで行うので、人によって変わってきます。
施術が6回で十分だと思ったら、だいたい1年半行くか行かないかぐらいの期間でしょう。
多くの人は、一つの部位に12回程度施術をしてもらっているので、2年から3年かかります。

毛の周期にあった施術が大事なので、残念ですが1か月ごとに受けてもお金を無駄にするだけです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:優菜
読者になる
2017年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/tceenosne0rci1/index1_0.rdf