CbでもPfでも無いレッスン

May 22 [Tue], 2012, 15:30
手の不調や音楽の行き詰まりなどで、コイツもうメだなと思われていたかもしれません。
それでも、自分なりに色々トライアルしている最中ですとある先生の著書や監訳された本を読みました。
その中に、私と同じ手の病気で危険な注射や手術に頼らず回復したピアニストのエピソードやあがり症を克服する話があり、今の私に必要なのはコレだと、先月からその先生に直接レッスンを受けています。
なかなか一言では言えない内容で本を読んだだけ分かる事でもありません。
上手くレッスンの説明が出来ず申し訳ありませんもちろん医療ではありませんから、しっかり病院の治療も受けています。
でも、治療はまな板の上の鯉で、積極的に自分でどうする事も出来ません。
根本的に自分の使い方を変えなければ、例え良くなったとしても、再発や他の部分に何か起こる事もありえます。
まだ始めたばかりでどうなるか分かりませんが、手は随分楽になり、我慢出来る程度の痛みで手術しなくて済みそうです。
暖かくなってきたからでもあると思うのですが、冬になってまた酷くならない為にも今出来るアクションをとっメル友募集掲示板◆メルともgoo!ておきたいと思います。
楽器との向かい合い方、日々の考え方、ピアの音色など気持ちの上では変わったつもり何それ怪しいんじゃないとお思いの方もいらっしゃるかもしれませんねでも、私のレッスンの次の方はN響のバス奏者のNさんでした。
彼女も若いバス弾きなのよーと紹介されましたが、私の方が年上なんだけどなぁ池松さんともお友達だそうで、このレッスンは続けてみる価値があると確信しています。
無理のない演奏になるほどねと先生は声楽家でコントラバスとは関係がありませんが。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:tce6fea2b7
読者になる
2012年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/tce6fea2b7/index1_0.rdf