卒業式 

2008年04月04日(金) 14時16分
4月1日 ロシア大使館で卒業式が行なわれました。
卒業試験以来にクラスメート達と会い、いい年なのに学生のようにはしゃいできました。

残念な事に 担任のタル先生は卒業式には出席されませんでした。
初めての教え子たちの卒業式なのに・・・と凄くさびしい気持ちになりました。
そりゃぁ 本国の生徒たちのほうが、大切なのは分かりますが、トンボ帰りでもいいから来て欲しかったと言うのが正直な気持ちです。
結局、私たちを教えてくれた先生は お一人それも1度スクーリングでお世話になった先生のみでした。
学校側も、先生たちが出席できる日取りを卒業式に当てるなどの配慮をしてくれたらよかったのにと思いました。

クラスメートたちとは、写真を撮ったり、今後の予定を話したりとあっという間に時間がたってしまいました。
卒業式終了後、仲の良いお友達とご飯をご一緒してその後もワイワイ過ごしました。

今回は 主人と息子、生徒2名を連れての出席で、家族は私のクラスメートに紹介して今までこんな素敵な仲間との時間を過ごした事を知ってもらいました。
生徒2名も仲良くしている先生方に紹介して、何かの機会の時にはお願いできるようにご縁をつなげてきました。

3年間の学生生活も本当にこれで終了です。
寂しい気持ちもありますが、次のことを考えて進んでいきたいと思っています。
今まで 私を支えてくれた全ての人に感謝です。

After a Valentine's Day Concert 

2008年02月18日(月) 11時51分
昨日 お楽しみ会が終わりました。

疲れたーの一言

朝からリハをして 生徒たちと会場設営をし、お客様お迎えも生徒と共にやりました
今回は お母様のお手伝いを極力控えて、ゆっくり見ていただくことにしましたので
全ての切り盛りを私がやることに
生徒たちも何時もお母さんたちがやってくれている、裏方の仕事をする事によって大変さもわかってもらえるかなぁと企画しました。
身内のみの観覧で、アットホームな空間だったのですが、普通の発表会と同じくらいの疲労感でした。
演目も生徒一人につき1曲でしたが、ヴァリエーション曲が多く、曲数も少ないわけでもなく
更に一人で踊ったり少人数の為、出来が悪いととても目立つので頑張って上手にしようと必死でした。
でもなんだかんだ言っても、生徒も見に来てくれた身内も楽しんでくれれば報われるという物です。
しばらく舞台はいいなぁと思うのですが、案の定、終了後のお食事会では次の舞台の話が出ていました
今年は秋にある 文化祭に出演するぐらいでしょうか
作品作りは5月過ぎからかなぁ・・・
春には出入りが多いので人数確定できないと無理でしょうから
転勤族の人が多いのが 辛いです。
今年の春は危ない人が多数いるそうで、教室も縮小してしまうので
また、春の無料体験をしないといけないかなぁと思っています。

しばらくは 基礎レッスンに徹しますので 皆頑張ってレベルアップしましょう。

卒業公開試験終了 

2008年01月25日(金) 1時26分
三年間色々有りましたが、やっと卒業公海試験が終了しました。
この試験も 初日の口答試験から始まり(非公開)1週間で新しいクラシックレッスンのアンシェヌマン、
踊りを覚え最終日の試験に備えてリハーサルの日々でした。
クラシックのアンシェヌマンはそんなに難しい物が当たったわけではないので良かったのですが、
踊りはバレエ人生ではじめてというくらい速い曲の『タランテラ』という曲のセンターで踊らせてもらいました。
この曲が速い上に、音のとりずらい曲でとても大変でした。
でもとても可愛い踊りで、うれしかったのですが、センターにいる私が少しでもポーズがおかしかったり、
音にずれると先生が、機嫌が悪くなり、何度もやり直しをかけられてしまい少しも気を緩める事ができませんでした。
海賊の花園で、はじめてコールドバレエという物を体験して、とても勉強になりましたし、
コールドバレエの楽しさを知る事ができました。
とても仲の良い先生と先頭をやらせてもらったので、何時も顔を見合わせてにこやかに楽しく踊ることが出来ました。
凄く楽しかったです。

3年間教えていただいた先生は、ペルミバレエ学校でも一番偉い先生だそうで、
一期生の私たちはとてもラッキーだった様です。
ただ、私にはロシア人の先生の生徒に対しての基本的な態度の考え方にはどうしても最後まで賛同できませんでした。
お国柄という物もあるのでしょうから仕方の無い事かもしれませんが、私の生徒には同じ思いはさせないと勉強になりました。

この学校に入学しての一番の私の財産は、全国に広がる先生仲間です。
とても頼りになるキャリアのある先生にも出会えて、そこから色々な縁が広がりましたし、
気の合う仲間といえる年齢が近い先生たちとの交流、若い子たちとの交流
この学校が終わった後も、交流し合えるようにお付き合いさせていただこうと思っています。

三年間 気持ちよく私を送り出してくれた家族
留守の教室を守ってくれた助教の二人
留守がちになってしまう先生をこころよく送り出して励ましてくれた生徒たち
本当に私は周りの人たちに恵まれていると思います
有難うございました。

残念 

2007年11月23日(金) 13時20分
今日の新聞を見て、とても驚きました
私の大好きな振付家の一人、モーリスベジャールが
22日 ローザンヌでお亡くなりになったとのこと
予期せぬことだったので大変ショックでした。

子供の頃は あまり理解できず、ビデオにとってもらったものの
見なかった物も沢山ありましたが、大人になってから斬新な振り付けや
内容表現に魅せられて、子供の頃にとったビデオを引っ張り出して
見たものです。

初めて彼の作品に生で触れたのは、10代の時、東京バレエ団が上演した
『ザ・カブキ』とても衝撃的で今でも鮮明に残っています。
この作品は ぜひ息子に見せたい作品の一つです。
『ボレロ』も『春の祭典』とても大好き、中でも子供の頃唯一好きだった作品が
『ライト』森下洋子さんとジョルジュドンが踊った作品
沢山沢山彼の作品に触れることが出来ていたことに気づきました。
彼の生きた時代に 立ち会えたこととても幸せに思います。
バレエ界にとってとても大きい人をなくしてしまったこととても残念に思います。
でも、素敵な作品は これからも踊り継がれていくことでしょう

ご冥福をお祈りします。

お楽しみ会 

2007年10月10日(水) 12時08分
身内だけ観覧の舞台を企画しています。
発表会では出来ないことにチャレンジして一人一人のレベルアップが出来ればと思い企画しました。
発表会であれお楽しみ会であれ、やることは大して変わらないかもしかしてお楽しみ会の方が大変かもしれません。
各生徒に与えた踊りはそれぞれ、今のレベルより上のものだったり、責任のある役立ったりしていますので、レッスンのはかどり方はあまりよくないです。
でもそれぞれ、一生懸命やっているので何とかなるとは思うのですが、やはり各自の自覚が大切だと思います。
今回は各自一曲ずつですので、みっちり細かく指導しますので、今まで以上に厳しくなりますので
覚悟しておいてくださいね
みんながんばれ

コンテンポラリーダンス 

2007年10月04日(木) 0時31分
お休みをもらってみてきました。
色々勉強になりました。
今まで自分が好きで見てきたコンテの作品とは少し違うものでした。
とても 芝居チックだったり、陶酔的な踊りが多かったです。
最近、とてもコンテンポラリーダンスに興味があり、今一番勉強したいものの一つなのです。
でもね今の自分は、今回のような振り付けは出来ないでしょうし、かといって踊れるかといわれると
あそこまで陶酔しては踊れないような気がする。
基本的にクラシックであっても何処か冷めた部分を持って踊っているような気がする。
コンテのように自分をさらけ出して踊ることが苦手
東京の先生にこの前のスクーリングの時、コンテに興味があることを話したら
知り合いの先生を紹介してあげるわよと言ってくれ、ぜひ振り付けをしてもらってはどうかと進められた。
その先生は本人が知らない自分を引き出すのがとても上手なそうだ
とても興味があるが、時間とお金が必要になる
これが一番切実な問題だ。
でも勉強できるうちにたくさんのことを勉強したい。
今回舞台を見ていて、振り付けのイメージがおぼろげに湧いてきた
いつか形に出来るといいなぁ・・・

やっと帰ってきました。 

2007年09月13日(木) 13時03分
今回は今までにも増してハードなスクーリングでした。
最終学年の8年生の実技のテスト準備は早めに始まったはずなのに
技術的に高度な物が多く覚えて動けるようになるまでがとても大変でした。
タル先生は何を思ったのか、2グループ目の前列それもとても上手な先生の横に入れられてしまいあたふたしてしまいました。
4つのクーループに分けられた時も 私のグループは4人でえらくくるくる回ったり飛んだりの多いアンシェヌマンで、動作の鈍い先生は付いて行くのに必死でしした
でも中日あたりから身体が軽くなり変に動けるようになってしまい、ジャンプなどは自分が思っているより高く飛んでしまって着地のタイミングが合わなくなり、あわやという事もありました。

クラシックのほかにキャラクターのバーレッスンに踊りが3つ、ジプシーなんて私のキャラには無かったのでとても苦労しました。
プラクチカ(踊り)は 前回からやっている海賊の花園を練習、突然先生に怒鳴られびっくり、どうも手の使い方を間違っていると怒ったようなのですが、私は正しくやっていて周りの人が間違っていたのに怒鳴りつけられるし、でもそこは間違っていないと踊りながら主張しましたけどね。
なんか信用されていないのにはショックでした。

キャラクターのプラクチカもあり、一日何時間踊っているのって言うくらい踊りまくっていました。
1日4時限あり、そのうち1時限は口頭の授業なので座ってメモを取るような授業があるはずなのに後半は4時限全部が実技になったり、1日6時間踊った日もありました。
厳密に言うとお昼休みの1時間の半分は次のクラスの準備で踊っていたり、授業が長引いたり、帰り1時間居残りしたりで酷い時は7時間以上踊っていた日があったかもしれません。

この過酷な日を乗り越えたはずだったのに、テストの最中に足の付け根を肉離れを起こしてしまい痛みとその後の残りのテストの事で号泣
キャラクターとプラクチカのテストがまだ残っていたのでどうにかして受けなければ卒業できない事態に同じグループの先生にテーピングをしてもらったりと助けていただいて何とか無事にテストは終了しました。
先生にけがをしたので出来る範囲でテストを受けますと言いに言ったときのタル先生の反応にはチョッとムカッときました。
けがをしたのは自分の不注意なのはわかるけど『テストは受けないつもりか』と怒るし、受けるといえば『じゃあ何しにきた』見たいなこと言うしもう少し言い方って物があるでしょうに、キャラクターの女の先生は『出来る範囲で上半身だけでもいいから』といってもらったのですが、意地でも踊ってやると思い頑張りましたが、けがした足には力が入らず、足を上げることは出来ませんでしたが、一応踊りきりました。

成績はキャラクターは低くなるだろうと思っていたのですが、今までと同じ点数でクラシックとプラクチカは成績が上がっていてびっくりです。
とりあえず終わってホッとしています。

でも足は結構重症のようで引きずっています。
何時もお世話になっている治療院に行ってみて貰います。

皆既月食 

2007年08月28日(火) 21時42分
今日児童科のレッスンが始まる前に生徒が
『先生 今日ね 腹ペコ猫がお月様を食べちゃう日だよ』

そう今日は皆既月食でした。
でもその表現が可愛い事
5月にやった『猫とお月様』というオリジナル創作の中の
台詞でした。
主人が台本を書いた物なので 主人にも話したところ
『かわいいなぁ ちゃんと覚えていてくれたし、発想が豊かだ』って
本当に親ばかのようですが、うちの子たちは想像力豊かで
むっちゃ可愛いです。

心があったかくなる一言でした。

無事に終わりました 

2007年08月03日(金) 23時41分
ながーいスクーリングの最後、ヒストリカルの試験が終了しました
試験だったのですが、相手の方ととても楽しく満面の笑みで最後まで踊りきりました。
担任のタル先生も通知表をいただく時、ニコニコ顔だったし、
一年生全員で先生と記念撮影をしましょうということになったので、私は三年生の部外者ということで
外れようとしたらタル先生の前に呼ばれて座らされました。
前列中央ですよ。一年生のような顔してとられました。
まぁ点数も良かったので満足です。

夜は待ちに待ったフェリの引退公演を見に行ってきました。
もうロミオとジュリエットのバルコニーのシーンを踊ったのですが、音楽が流れ始めた途端に
目がウルウルにフェリが出てきたらもうボロボロ状態でした。
無茶苦茶きれいで本当に見れて良かったと心底思いました。
今一番大好きなダンサーだったので、引退公演を見ることができてとても幸せでした。
彼女のような演劇性のある踊りが踊れたらととてもあこがれていました。
まだまだ踊れるのに引退はもったいないと思いました。
パートナーを務めたロベルト・ボッレ
とんでもなくスタイル抜群でお顔もきれいで品のある踊り、王子様も荒々しい踊りもどちらも踊れるという
すばらしいダンサーでした
ちょっと一目ぼれです。

充実した日々をおくらせてもらいました。

さぁ明日帰ります。
台風は大丈夫でしょうかね

痛いです 

2007年08月01日(水) 23時03分
舞台終了から親指の付け根の痛みが出ていて スクーリング出発前に治療に通い少し良くなって出発したのですが、再発悪化ししまいました。
元気に踊りすぎているようです。

今はヒストリカル(歴史的民族舞踊)のテストに向けてレッスンしているのですが、
ヒールのついたキャラクターシューズで11曲ほど踊ります。
一曲ずつはそんなに長くはないのですが、社交ダンスのような組んでワルツを踊ったりするのですが
慣れていないので足の負担が大きいです。
でも踊りはとてもきれいで 大好きです。
とても優雅でお姫様になった気分です。
あっでも今回は私は王子さま役でした。
後二日がんばります

二日後にはテスト、それが終わったら今回最大のお楽しみ
大好きな フェリの引退公演を見に行きます。
無茶苦茶楽しみです。
そのためにもがんばろう
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:tcba-ballet
読者になる
2008年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像url
» 卒業式 (2011年02月09日)
アイコン画像Ori
» 卒業式 (2008年04月06日)
アイコン画像ペルミ仲間です!
» 卒業式 (2008年04月06日)
アイコン画像Ori
» 卒業公開試験終了 (2008年02月10日)
アイコン画像ペルミ仲間です!
» 卒業公開試験終了 (2008年02月05日)
メールフォーム

TITLE


MESSAGE