私が痩せたいと思った時、家のなかでもできるダイエット手段

June 07 [Tue], 2016, 9:29

ダイエットは過去に何度かしてきました。







今も実践しているダイエット方法は小さな断食です。







その日の予定がない日に水以外は何も摂取しないようにします。







翌朝はお粥のなどのようないにやさしい食べ物を摂ってそれ以後は普通に生活するのです胃袋のリセットにもなって内臓にもやさしいらしいです。







呼吸に気を遣を遣って、お腹からおこなうだけでも、私たちは痩せるそうです。







体をきゅっとさせるストレッチとしては大聴く呼吸しながら肩甲骨を動かすことが効果が見られやすいのだと聞きました。







肩凝りにも、効果的らしいのですが、両腕を上にピンと伸ばしながら息を吸って、腕は上にむけたまんまで、肘を折り曲げて体の後ろに下げていきます。







同時に息を吐きながら肩甲骨を縮める感じです。







私が痩せたいと思った時、家のなかでもできるダイエット手段として腕たて、腹筋、スクワットなどを実行して、筋肉の量を増加することでからだの中の代謝が上がりやすい状態にした後に、少し速足でウォーキングを30分以上実行しました。







これを毎日続けたおかげか、わずか二ヶ月で5キロの減量を達成しましたが、継続することは努力がいることでした。







女性の立場では、結婚は一生に一度きりのはずのことなので、結婚を決断してから、私も人並みにダイエットに努力しました。







その上、エステにも出むきました。







お金がさまざまと必要で2日しか通う事ができなかったけど、普通できないことをして少しだけ綺麗になれた感じがしました。







ダイエットをしているとき、ついつい甘いものを食べたくなりがちですが、その際には食べたい気持ちを我慢することが重要です。







食べると、体重に出てしまうからです。







もしも、どうしても食べたい場合カロリーが低いダイエット用のケーキを創りましょう。







ダイエットには有酸素運動(最初はウォーキングや踏み台昇降などから始めると、体に負担が掛からないでしょう)が良いといいますが、有酸素と無酸素のちがいといいますか、境目がわかりません。







よく言われるのは、息は上がるけれど、汗をかかないくらいというのが、境界線のようです。







でも、汗のかき方は季節によっても変わりますよね。







もっとはっきりとしたちがいがわかるとダイエットする気になると思います。







ダイエットで人気のある有酸素運動(最初はウォーキングや踏み台昇降などから始めると、体に負担が掛からないでしょう)は、一番効果のあると考えられている心拍数を自分が理解することで自分の自身を効率よくエネルギーを燃焼して、脂肪燃焼を高めることが可能となります。







あまり、無理に長い時間体を動かし続けるほど痩せるのではなく、特に激しいとされる運動(最初はウォーキングや踏み台昇降などから始めると、体に負担が掛からないでしょう)は筋肉に酸素が行き届かなくなってしまい、逆効果になります。







綺麗な体になるには長い時間が必要ではないでしょう。







急激な体型変化は免疫力の低下に繋がりますので、計画的、段階的に体型を変化させる方法を選びそれを引きつづき行い、徐々に体重を減らしていくのが基本です。







ちょっと体重が減ったからと言ってやめてしまうと、リバウンドが起きやすいので、少なくとも3ケ月は繰り返しましょう。







体重を落としていると自分に厳しいご飯の制約を与えてしまう人もいるんですけど、断食などのような無理な体重減は禁物です。







ダイエットをしていても腹ペコになってしまったら無理せずにご飯をとるようにしましょう。







できるだけカロリーが低いのものを食べるようにすれば体重がいきなり増したりすることもありません。







基礎代謝は年齢を重ねるといっしょに落ちていくようです。







実際に食べているものは、大して変えていないのに年々太ってきている様子です。







脂肪燃焼系や吸収阻止系のサプリメントも実に多くありますが、出来る範囲、自然成分からできている漢方で基礎代謝アップに努力したいです。







年齢を重ねるにつれて、体を動かす機会も減り、基礎代謝がどんどん低下していく気がします。







そのせいか、苦労の末ダイエットをしても、自分が思うように体重が減少しません。







やはり、体質を改善しないとダメですね。







はじめに、体を温かくするために、生姜湯から、おこないたいではないでしょうか。







寒いときにはとっておきの飲み物ですし、これで代謝がアップすることミスないでしょう。







効果のあるダイエットをするためにはウォーキングなどの有酸素運動をしなければいけないのです。







酸素を消費する方法の運動によって体内の必要ない脂肪(暴飲暴食をしていると、あっという間に蓄積してしまいます)が燃えさかるので、たるんだ部分を引き締める事ができるのです。







実際、タフな筋肉トレーニングをやっている人もいますが、こういったのは辛くて長つづきしない場合もよくあることでしょう。







細くなろうと思っても日々の運動で、長距離走をしたり歩いたりするのは本音はちょっと面倒な気持ちが感じられますよね。







そこでわたしが、一押ししたいのが部屋の中での有酸素運動です。







ラジオ体操も効能のある有酸素運動なので、楽な服装で、大きく体を動かし体操をすると、意外と、カロリーも消費もできちゃいます。







痩せることが出来るご飯と言われたときのイメージは脂肪(暴飲暴食をしていると、あっという間に蓄積してしまいます)分や糖分が比較的少ないものが連想されやすいですが、私個人の経験からすると、塩分の少ないご飯がかなり効果があるといえるではないでしょうか。







特に下半身太りのほうが気に食わない人は、まず減塩から行なわれることをお薦めしたいです。







必ず体験するのがダイエットしても体重が減らなくなってしまう期間です。







こういう状態でどうすればいいのかというと、その状態でダイエットを切り上げてしまう人もいますが、無理をせずにつづけるのが大事です。







もし、運動をしなくなったのなら、ご飯だけでもカロリーに気を配ったり、食べもののカロリーを気にしないのなら、身体を動かすことだけでもつづけましょう。







体重を減らそうと思っても続かないという場合は、減量に成功した方の体験談を聞いてみましょう。







インターネットの情報などは信用できないと思うので、できることならば友だちや家族などの体験談をじかに尋ねることがオススメです。







成功の経験を聞くことでやる気がアップします。







ダイエットをやってるとまあまあ、厳しいご飯制限を設けてしまう人もおりますが断食などの減量は、タブーです。







いくら、ご飯制限を行っていてもオナカが減ってしまったら無理をせずに召しあがって下さい。







その時は低いカロリーの物をたべるようにすれば体重が急増したり、することもございません。







ダイットを行うのにご飯を取らないのはダメです。







長く続かないし、まずミスなく体調を壊します。







正しく、ご飯を得ながら、食べ物の一端をカロリーの低いものに置き換えると良いです。







運動を供に行う人は、脂肪(暴飲暴食をしていると、あっという間に蓄積してしまいます)燃焼効果を高めるため、高タンパク低カロリーの食べ物が、お得です。







痩せるためにはある程度の努力が必要ではないですよね。







とても厳しく体重を制限することは免疫力の低下につながりますので、段階的に痩せる方法を選び、それを繰り返して、徐々に体重を落としていくのがいいでしょう。







ちょっと体重が減ったからと言ってやめてしまうと、リバウンド現象が起きてしまいますので、短くとも3ケ月は継続していきましょう。







減量したいなら筋トレで、筋肉を増やして基礎代謝をガンガン上げていくこと大切です。







中でも、ダイエットする為にはどのような筋トレが必須なのでしょうか?ジョギングやヨガが効果が認められますが、やり過ぎは逆に筋肉がつきにくいと言われています。







大した程度でない有酸素運動の後に筋力トレーニングをおこない、オワリにまた軽く有酸素運動を行うのが効果が表れやすいようです。








美しい女性はよく笑う
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:tc53teh
読者になる
2016年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/tc53teh/index1_0.rdf