妊娠と言えばすぐに葉酸の名前が浮

March 01 [Wed], 2017, 18:37
妊娠と言えばすぐに葉酸の名前が浮かぶように、この「妊娠」と「葉酸」はとても関わり合いの深いものですよね。なぜなら、葉酸が、胎児(母体からの影響を大きく受けるといわれています)の健やかな成長に働聞かけると言われているからです。この話は持ちろん、妊娠中に限らず、妊活中の女性にも大切な栄養素であることは変わりありません。妊娠が分かった後、急いで今まで不足していた分の葉酸を摂取しようとても、あまり意味はありませんし、過剰摂取は禁物です。そのため、妊娠しても問題の無い母体になりますからに、妊活中から、積極的な葉酸の摂取を心掛けてちょうだい。



親友の話になりますが、妊活中に漢方を服用していました。その子によると、漢方には、妊娠しにくい体質を改善させる効果があるようでした。

漢方だったら安心できますね。漢方の効果かはよく分かりませんが、彼女は赤ちゃんを授かりました。
ずっとがんばっていたので、本当に良かっ立と、お祝いしたい気持ちでいっぱいです。
ストレスは不妊と切っても切り離せない問題です。ストレスは生殖ホルモンの分泌を撹乱し、妊娠を妨げる種々の症状を引き起こすことがあります。早く赤ちゃんを望む周囲の期待や本人の不安などが不妊治療(高額な費用がかかることも多く、女性の体に負担がかかることも少なくありません)という不慣れな状況とあいまって負担になるケースもしばしば見られ、一度、負のサイクルに陥ると気苦労ばかりで、良いことはありません。

治療しているのですから、アトはおおらかに構えるのが大切です。
基本的には、葉酸は妊娠前から妊娠3ヶ月の期間の摂取が推奨されています。

ところで、妊娠中期や後期の女性には、こうした摂取が必要ないのでしょうか。

確かに妊娠後期における葉酸摂取は、妊娠初期ほど言及されていません。


ですが全く摂らなくなっても良いのかというとそれは違います。葉酸のはたらきである、赤ちゃんが先天性の障害を発症するというリスクを抑えてくれる、という葉酸の効果だけを見た場合に、みんながご存知の「妊娠前から妊娠3ヶ月まで」が重要な期間だという事です。



ですから、妊娠期間中のなかでも、特に妊娠初期の段階での葉酸摂取を意識しようという事になります。

近年、妊婦にとって不可欠な栄養素として注目されている葉酸や、不妊との関係も指摘されている鉄分は、得てして不足しやすいという特徴があります。
一般的な生活で摂取できる分では摂取量が足りていないという方が殆どですから、食事で摂取することに固執せずに、サプリを活用するのがお手軽で御勧めですね。サプリの中には、鉄分と葉酸のどちらも含有した女性に嬉しいものも売られていますので、サプリの中でもこのようなものをチョイスすれば、適切な摂取量を簡単に摂ることが出来ます。



不妊でクリニックに通うのはお金がかかってしまいますし、心理的にも疲弊してしまう人が多いでしょう。行政からの助成金があるものの、一定の年齢(40歳程度)を超えると支給回数が減るケースが多いです。私は40歳以上の人こそ支給回数を増やすべきで、減らすのは言語道断だと思います。



私だって来年には四十になるので、役所にまでリミットを設けられたようで悲しく、これではいけないと思うのですが、何も手につきません。胎児(母体からの影響を大きく受けるといわれています)の先天性障害発症リスクを抑えるために、妊娠初期の期間には、サプリによって葉酸を摂取することが適切な摂取方法だと言えます。
効率的な摂取のタイミングは、食後30分以内の摂取が理想的です。

なぜなら食事で摂れる栄養素が、サプリによって補給された葉酸に作用することで、葉酸も効率よく働けるという所以です。反対に、胃が空っぽの空腹時に葉酸サプリを摂取してしまいますと、胃が荒れるという報告もありますから、空腹時での摂取はおススメしません。


妊娠初期に多く代謝される葉酸は、細胞分裂をサポートし、血液を造る力を強めるというはたらきがあります。

この効果は不妊改善にも有効で、子宮に受精卵が着床しやすくなり、妊娠しやすい状態を創り出すため、産前・産後の両方に役立つとして注目されています。

それに、血液が増えると酸素や栄養も運ばれやすくなり、ホルモン、代謝、生殖機能といった広い範囲で向上が見られ、妊娠しやすい体創りが可能なのです。


妊婦にとって必要不可欠な栄養素である葉酸は、葉酸サプリによって補給するのも問題ありません。



しかし、葉酸が胎児(母体からの影響を大きく受けるといわれています)と母体の健康をサポートする栄養素であることを踏まえると、一体いつから飲めば良いのかと、疑問に感じる方も少なくありません。多くの場合、妊娠前から授乳期を過ぎるまでサプリでの補給が望ましいとされています。
妊娠期間中、葉酸が最も不足しやすいのは、妊娠初期から3か月目までだというのが、よく耳にするでしょうが、胎児(母体からの影響を大きく受けるといわれています)だけでなく、ママの健康をサポートするという意味においても重要な役割を果たしているのです。
ですので、妊活中の段階で、葉酸サプリを積極的に摂取し、赤ちゃんの授乳が終わるまでサプリを続けるという摂取方法が御勧めですね。妊娠する可能性がある方や、妊娠初期の妊婦さんは普段の食生活(低カロリーで栄養バランスのとれた食事を三食規則正しく食べるのが理想です)以外に、十分な葉酸の摂取が厚生労働省によって勧告されています。葉酸の適切な摂取は、胎児(母体からの影響を大きく受けるといわれています)の先天的な障害(神経管閉鎖障害など)の発症リスクを減らしてくれる為です。

持ちろん、サプリメントで補給するという手もありますが、その時はサプリメントでの補給が、かえって悪影響にならないように、無添加の葉酸サプリメントを見極めることも忘れないようにしてちょうだい。妊婦さんにとって葉酸が大切だという話を耳にすることが増えてきました。葉酸は胎児(母体からの影響を大きく受けるといわれています)の健やかな成長を促すために重要なはたらきをする栄養素になりますが、もし葉酸が不足してしまった場合、胎児(母体からの影響を大きく受けるといわれています)の成長にどのようなリスクが生じるのでしょうか。



葉酸の摂取によって正常な細胞分裂が促されると言われているため、葉酸の摂取が不十分ですと、胎児(母体からの影響を大きく受けるといわれています)の細胞分裂に影響が出るために、先天性の障害を発症する要因になると知られています。また、ダウン症予防の有効性も認められているので、是非、葉酸の摂取を心がけてちょうだい。
私は第一子を妊娠中ですが、それまで不妊治療(高額な費用がかかることも多く、女性の体に負担がかかることも少なくありません)を続けていました。

妊活中の友人たちと同様、結婚後3年を前に不安になったんです。タイミングを見計らって努力しても、一向に妊娠の兆候が見られなくて、親戚にコドモができたことを聞かされたりすると、焦るやら、落ち込むやらで大変でした。ウィメンズクリニックでは多嚢胞性卵巣症候群と診断され、担当医の指導をうけて排卵誘発剤を使ったのですが、嬉しいことに二周期ほどで妊娠できました。病院に根拠のない抵抗感を持っていたのはミスでした。

もっと早く来たかったですね。妊娠に不可欠な栄養素として有名な「葉酸」は、さまざまな食品に含有していますが、水溶性ビタミンであるために、熱に弱いという側面を持っています。

ですから、調理法にポイントがあります。葉酸摂取を目的とした食事には、なるべく加熱せずに食べられるメニューを選ぶのが良いでしょう。
とはいえ、生食だけの食事は現実的ではありません。

熱を通す必要があるならば、長時間の加熱は避けて、サッと熱を通す程度にした方が良いです。いくつかのポイントを紹介しましたが、このような調理が手間で負担になる場合には、サプリによる葉酸摂取が簡単ですから、おススメです。ところで、葉酸とはどのような栄養素なのでしょう。
葉酸は、ビタミンBの一種で、たとえば、ブロッコリーやホウレンソウといった野菜類に含まる栄養素です。

妊娠前から妊娠3ヶ月ごろまでの妊婦さんにとって、特に摂取を心がけて欲しい栄養素で、推奨量の摂取を続けることで、赤ちゃんの健康的な成長を助けたり、流産の危険性を減らす効果があります。


理想的な葉酸の摂取量について、厚生労働省が発表し立ところによると、妊娠の初期の段階で1日当たり400μgの葉酸摂取が推奨されています。


また、厚生労働省が推奨するように葉酸のサプリを利用するのが大丈夫です。友達のところもそうですが、うちも二人目不妊でクリニックに通い初めました。

本当は夫婦いっしょに不妊検査と治療をと願っていたのですが、一度言ったら気が乗らないふうだったので、私だけでタイミング療法を実施している病院に行きました。1回3500円?4000円という値頃感で続けましたが、そう簡単には妊娠できず、不妊を改善するという葉酸のサプリメントも取り入れました。それが功を奏したのか、それからしばらくしたら、二人目の妊娠が判明。

やったぁ!と思いました。嬉しかったです。葉酸はさまざまな食品に含まれている天然の栄養素です。


青菜系の野菜に多く含まれている事が有名ですが、フルーツの中では、イチゴが代表的ですね。



あまり店頭では見かけませんが、ライチにも多くの葉酸が含まれていると有名です。


あるいは、アセロラやキウイフルーツ、意外なところでは柿にも葉酸は多く含まれています。柑橘類も葉酸が豊富な事で有名です。ですので、葉酸を手軽に摂取しようと考えるならば、ジュースで補給するのも良いですね。
不妊の根本的な原因は、子宮着床障害のほかに排卵障害といった女性側に原因があるものと、精子が微量かほとんどない無精子症や性機能障害など男性側の原因とが考えられるでしょう。
もし不妊の原因が何か分かっていても、それだけが原因とは言い切れません。

ほかの要因を放置して妊娠の時期を逸することがないよう、男女双方が検査をうけると確実ですし、時間を無駄にすることもありません。


妊活中には食事の内容にも気を配りますが、普段から飲んでいるお茶の栄養も気になりますよね。


妊活に効果が高いお茶としては、ルイボスティーやタンポポ茶を飲んでいる方が多いでしょう。


こうしたお茶の特徴は、カフェインゼロだという事です。ですから妊活中の女性にも胎児(母体からの影響を大きく受けるといわれています)の成長にも優しい、理想的な飲み物です。中でも、ルイボスティーには貧血を防ぐ効果があるという話もありますから、妊娠発覚後も、積極的に飲むようにしましょう。
妊娠を要望する女性や、妊娠中の女性の健康をサポートしてくれるサプリと言えば、ピジョン株式会社のサプリだと言えます。


ピジョンの葉酸サプリについて調べてみると、いくつかタイプがあり、それぞれの成分が異なっています。殆どの製品が葉酸だけでなく鉄分やビタミン、カルシウムなど妊婦や女性に嬉しい成分が含有されていて、これらの成分がまとめられています。この葉酸サプリであれば、さまざまなサプリを複数飲む必要が無いため、お手軽に不足しがちな栄養素を補給できてうれしいですよね。
ピジョンの葉酸サプリは、葉酸以外に含有した成分に特徴があるので、ご自身の生活や状況に照らし合わせ、不足しやすい栄養素を補給できるサプリを選択するとより効果が高いです。いまの不妊状態から脱出するのに、食生活(低カロリーで栄養バランスのとれた食事を三食規則正しく食べるのが理想です)から改めるのも大切だと思います。
卵子は持ちろん精子だって、親の体内で創られるのですから、食生活(低カロリーで栄養バランスのとれた食事を三食規則正しく食べるのが理想です)が良くないのを放置していると、妊娠しやすいげんきな卵子、精子は、望むほうが無理なのではないでしょうか。育児は体力勝負と言いますが、妊娠は健康が大切です。


偏らない、健全な食生活(低カロリーで栄養バランスのとれた食事を三食規則正しく食べるのが理想です)を心がけ、体を造る時間を愉しむ「ゆとり」も大切です。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ユウガ
読者になる
2017年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる