邑(ゆう)とイングリッシュロップ

August 04 [Thu], 2016, 20:38
SU-METALについては、最近、わかりやすい記事が出たから読んでみな。爆音のなかで、最大限に効果を発揮する歌唱法を取ってるんだよ。
ビブラートをかけるとC氏が言ってるような効果が激減するからね。
「彼女の声は会場の奥にまでよく"通る"んですよ。脳みその真ん中に直接入ってくるような声。実際のライブは録音音源とは違って、特にメタルとなるとすさまじい爆音の中で行われます。ボーカルの音量も抑えめで、むしろオマケ的だったりするんですが、"がなり"も"ビブラート"もなしに、カーンとすっ飛んできて、クリアさや伸びやかさを失わずに胸に突き刺さる。こんなボーカリストはほかに知らないし、世界的に見ても希有な才能。バンドをやってきた人間なら、巨大なフェス会場でメタルバンドをバックにした爆音の中で、"歌を聴かせる"ことがどれだけスゴイかわかるはず。」
スーさんの声質と声量の凄さは、CD音源だと気付きにくい。
どのアーティストよりもズバ抜けて上手いとは言わないが、激しく情熱的なダンスをしながら、まっすぐ透きとおった馬鹿でかい声で感情込めて歌われると、身体と脳みそが震えて目頭が熱くなる。上手いかどうか関係なく、こんな事出来るのはスーさんしか知らないし、他にいるなら教えて欲しい。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Youta
読者になる
2016年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/tbrmueoi4sdbe0/index1_0.rdf