斎藤昌人の豊嶋

June 20 [Tue], 2017, 1:42
実際に妊娠してから葉酸を積極的に摂取し始めた、という妊婦さんのお話をよく耳にします。ここで疑問なのは「いつまで摂取を続けるべきなのか」という事ですよね。例えば、赤ちゃんのためだけに葉酸を摂取している方は、妊娠中だけの摂取でも、もちろん良いと思います。ですが、葉酸は妊娠中の母胎をサポートしてくれるだけでなく、普段の生活においても不可欠な栄養素の一つで、人体のバランスを整えるといった働きをしています。ですから出産後も続けて葉酸を摂るようにすることで身体を健康的に保つことをおススメします。
近年、葉酸の効果への注目が集まっており、多くの産婦人科で妊婦への摂取が勧められているんですよね。サンプルの葉酸サプリを配布している産婦人科もあるようです。ですが、妊娠中に葉酸を意識していなかった、という方もいらっしゃいますよね。もしも、サプリによる葉酸摂取無かったとしても、ビタミンB群に属する栄養素である葉酸は、ホウレンソウなどの野菜やお肉にも多く含まれているんです。ですから、普通の食生活を送っていれば、多少は葉酸を摂れていたと思います。
皆さんは「妊娠したら、まず葉酸」という言葉をご存知ですか?近年、胎児の成長に重大な働きをもたらす葉酸に注目が集まっています。厚生労働省が推奨するように、妊娠における葉酸は大変重要な栄養素の一つです。それでは、仮に葉酸が欠乏してしまうと、赤ちゃんの成長に、どう影響するのでしょう。実は、葉酸には細胞分裂を促すという働きがあります。そのため、これが赤ちゃんに不足してしまうと、先天的な障害を発症しやすくなるというデータがあるのです。また、葉酸の摂取は、ダウン症予防にも効果があるので、より積極的な摂取が求められます。
妊娠と言えばすぐに葉酸の名前が浮かぶように、この「妊娠」と「葉酸」は切り離して考えることは出来ない程、関係の深いものです。なぜかと言うと、妊娠初期に葉酸が不足すると、胎児の先天的異常の可能性が高まると言われているためなんですよね。当たり前ですが、妊娠中だけでなく、妊活中の女性にも同じことが言えますよね。妊娠が発覚した後で、慌てて葉酸を摂取しても間に合いませんから、母体に十分な栄養が満たされた状態で赤ちゃんを授かるためにも、妊活中から葉酸を摂るように心掛けてください。
妊娠しにくい体質を改善する食品というと、大豆食品(豆腐・豆乳・納豆)とお魚が挙げられます。レバーも良いのですが無理だという人は、卵やごまなどはどうでしょう。大事な栄養素が含まれていますから、日常の食事に積極的に取り入れたいものです。ただ、過食は毒にもなりますので、バランス良くさまざまな食材をとるのが理想であることは間違いありません。そして体を冷やしたり刺激の強い食べ物は良くないので、避けたほうが無難です。
妊婦の方の中でも、葉酸を普段の食生活で葉酸を補おうと考え、葉酸が豊富なホウレンソウや貝類、あるいはレバーを、意識して摂るようにしている方も少なくないですよね。しかし、葉酸は熱によって溶け出す性質があるのです。ですから加熱調理してしまうと、葉酸が溶け出てしまっていることもあります。一日の葉酸の摂取量を、食材から計算したとしても、足りていないかもしれません。
近年、妊婦の摂取における有効性に注目が集まっている葉酸は、胎児の健やかな成長を促し、先天的な障害(神経管異常など)を発症するリスクが下がるという事が認められています。ですから、妊婦に対して葉酸の積極的な摂取を厚生労働省が勧告しています。実際に葉酸のサプリメントや補助食品も多く売られていますし、そのうち特定保健用食品として、私の周りでも、実際に妊婦さんが利用しているというケースが少なくありません。
妊活中の方にご一読していただきたいのですが、この時期の女性にも厚生労働省から、葉酸の摂取を推奨する勧告が出されています。葉酸は胎児の正常な細胞分裂に働きかける栄養素で、妊娠初期に葉酸の補給が不十分になると、赤ちゃんが、先天的な障害(神経管閉鎖障害など)を発症するリスクが高くなるという話があります。胎児の栄養は全て母体から賄われています。胎児がこうした障害を発症するリスクを低減するためにも、妊娠する前から妊娠3か月までの期間は、食事で摂ることの出来る葉酸が不足しないよう、栄養補助食品を活用しながら、1日400μg(0.4mg)を目安に葉酸を補給することが、厚生労働省により推奨されています。
妊活中には、何気なく口にしているお茶の成分も気になりますね。妊活中の女性がよく飲んでいるお茶の中でも、タンポポ茶ですとか、ルイボスティーが良いようです。これらはカフェインが含有されていませんので、いつ妊娠してもおかしくない妊活中の女性にも、胎児にも負担のかからない、優しいお茶だという事が分かります。ルイボスティーの常飲は、貧血予防になるという話もありますから、妊活が終わった後も、飲み続けたいお茶だと言えます。
妊娠初期に多く代謝される葉酸は、細胞分裂をサポートし、新しい血を造り出すのに有効な栄養素です。この作用は妊娠にも有効で、受精卵が着床しやすいようサポートしてくれ、妊娠のチャンスが直接的に増えるのです。タイミング療法と合わせれば更に効果も出やすいでしょう。そのうえ造血作用で新鮮な血液が増産されると酸素や栄養も運ばれやすくなり、生殖機能そのものが底上げされ、妊娠しやすい体作りができるのです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:瑠奈
読者になる
2017年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/tbngooqotiasrp/index1_0.rdf