理由は様々ですが願望すれば必ずインプラント治療を

January 16 [Mon], 2017, 21:31
理由は様々ですが、願望すれば必ずインプラント治療を受けられるとは限らず、失敗の可能性が高いため、治療できないといわれる事もありますのです。

ですが、理由に挙げられたのが「骨の量が足りない」などや、「あごの骨のサイズが足りず、インプラントを入れられない」であれば決してあきらめる必要はありません。
最新の設備を備えた歯科医院で、技術を持った歯科医にかかればそれまでインプラントは適用されなかったケースも相当数が治療できるようになってきました。通える範囲で、できるだけ最先端の治療を提供している歯科医院を捜して、問い合わせてみましょう。



入れ歯の装着に違和感があるという方、または入れ歯そのものに抵抗感があるという方に選択肢としてインプラント治療があります。

チタン製の人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、それからセラミックなどでできた人工歯をかぶせます。
ほぼすべて自費診療になるため高くつきますが、見た目は入れ歯よりも自然な感じで自分の歯と同じように噛めるので、食べ物も美味しく感じられます。



何よりも見た目の自然さや快適な使用感を求められるなら、何といってもインプラントです。普通、インプラント治療の全部が自費治療なので、高額の費用を一度に用意できない方も結構いるようです。クレジットカード利用ができる歯科医院や、デンタルローンなどと銘打って信販会社のローン商品を使える歯科医院が増えています。



現金で費用を一括払いする必要なく、受けたい治療を受けることが十分可能になりました。入れ歯や差し歯に替る技術として注目されているインプラント。その義歯には、セラミックが用いられることが最も一般的だといえます。陶器で人工歯を形成するので、変色や腐食がない利点があるのですが、見た目を損なわず、機能面でも優れた人工歯の成形には、実際に義歯を創る歯科技工士の技術によるのです。人工歯の製作には、高い技術と美的センスが必要不可欠です。

これには大変な手間と時間がかかりますから、それだけ、セラミックの歯というものは金歯や差し歯とくらべても高額になるというりゆうです。インプラント治療をはじめる前に、費用を調べておきましょう。
この治療は治療費を確保してからはじめなければなりません。

この治療が保険適用になるのはごく少数例で、厳しい条件を満たさなければならず、普通は治療のすべてが自費になるのが負担が大聞くなる原因です。現状では最低線が十数万円、難しいケースではその数倍の出費もあることを承知しておく必要があります。この治療のメインとなるインプラント埋入手術では、持ちろん部分麻酔が使われますが、入院することはめったにありません。ただし、糖尿病や心疾患など、麻酔や出血に関わる持病がある場合は入院設備のあるところで、一晩様子を見ながら手術を行なうこともあります。

そして、インプラントを埋入する箇所に、十分な厚さの骨がない場合は、厚みを増すための治療が必要で、骨移植も考えられます。腸骨など自家骨の移植手術であれば入院して手術するケースも実際にあります。

自分が当てはまるという方は、治療計画は、歯科医と十分に話し合って、慎重に決めていきましょう。



インプラント手術の未経験者にとってどのくらい痛い手術なのか、気になるでしょう。



インプラント埋入手術を受けても、痛くて我慢できないことはまずありません。


麻酔が効いたことを確認した上で手術の本番に入るためです。麻酔が切れれば、処置の仕方によってだんだん痛くなってくることもありますが、痛みに備えて、頓服薬を処方されるので痛みを我慢できないというケースはほとんどありません。入れ歯や差し歯に替る新たな技術と言われるインプラント。
使用年数は普通にしていれば一生物などと言われますが、それは治療が完了した後のメインテナンスの頻度や質、治療を担当した歯科医の腕にも影響されるようです。口腔内のセルフケア(人に任せるとどうしても時間やお金がかかりますから、こまめに自分で行うのがある意味理想かもしれません)がおろそかになっていると、わずか数年で使い物にならなくなる事もありますのです。ケアを怠ると歯槽膿漏などの罹患の可能性もありますし、そうするとインプラントを埋め込んでいる顎の骨にも影響しますから、その分、人工歯の寿命も左右されてしまうのです。
インプラント治療を掲げている歯科医院で、外来で行なう普通のインプラント治療の中でも、当然、院内感染のリスクはゼロではありません。


いくつかの候補の中から歯科医院を決めると思うんですが、院内感染対策をどうしているかきちんと知ることが命に関わる大切な問題です。
感染症対策は重要な問題なので、その取り組みについてきちんとホームページに載せている歯科医院も当たり前のようになっていますから、あれば必ず見ておきましょう。
インプラントとクラウンの決定的な相違は、歯根が自分のものであるかどうかです。

虫歯などで大聞く歯を削り、差し歯では不十分であっても歯根部が残せれば冠のような形の義歯を作り、クラウンをかぶせる治療が出来るのです。その一方で、歯を抜いてしまった場合入れ歯以外ですと、歯根部の代用として、あごの骨に人工歯根を埋入するというインプラント治療が候補となります。欠損した歯の数が少ない場合、インプラントとブリッジで迷うことがあります。

そもそもインプラント治療とは何かというと、あごの骨に開けた穴に人工歯根を埋入し、歯根が固定されるのを待って義歯をかぶせます。ブリッジ治療では、義歯をつけるために欠損歯の両隣を一回り細く削り、その上から義歯のついたブリッジをかぶせるのです。

口を開け立ところを見ればインプラントとブリッジを比較して、インプラントの方が高い評価を得るでしょう。

ブリッジ治療では、両隣の歯は橋の支柱のように削ることになるという覚悟もしなければなりません。


多彩な条件を考え合わせた上で、インプラント治療を受けることを決め立と思うんですが、大切なのは検査からメンテナンスまで、安心して任せられる歯科医に出会えるかどうかです。

独特の技術を要する治療なので、その腕は持ちろん、手術前の検査や、治療方針のたて方、アフターケアなどすべて歯科医の腕に任されているので決定的なちがいが出てくると考えられます。インプラントは、他の治療にくらべても、歯科医による結果の差が大きい治療法だと考えてほしいのです。


歯科医選びに全力を尽くすことが治療の成否を決めるのです。人工歯根をあごの骨に埋め込むのがインプラント埋入手術ですから、埋入手術後はどの患者さんも人工物を入れられた違和感を感じています。

数日たって腫れが引けば、だいぶなじんできますから違和感を感じてもくれぐれも触らないようじっと耐えてください。

もし、十日以上経っても全くなじんでこない場合や、痛みや腫れなどが続く、もしくはひどくなる場合は、早急に適切な対応をしなくてはなりません。
急患でも診療を受けることが必要です。



一般的なインプラント治療は、3つのハードルを越えなければなりません。


まず、人工歯根をあごの骨に埋入します。
それからあごの骨や周辺組織と人工歯根がしっかり結びつくのを待ち、三番目として、歯根にアタッチメント(連結部分)をはめ込み、その上から義歯をかぶせて完成というプロセスをたどります。
長くかかるのは、二番目の人工歯根の定着で、あごの骨の状態や、その人の体質にもよりますが、最短で2ヶ月、最長で6ヶ月はかかると思ってください。このため、インプラント治療をはじめてから義歯を使えるようになるまで、全部で3ヶ月から10ヶ月かかることを覚悟しましょう。歯科では、一連の治療の中に保険適用と適用外が混在することもよくあります。しかし、インプラントの場合、ほぼすべて保険適用外です。なぜ適用されないかというと、インプラントを作り、あごの骨に埋め込もうとすると保険適用が可能な他の治療方法(あれこれと議論するよりも、実際にやってみて試行錯誤を繰り返す方がいいこともあります)よりも歯科医や歯科技工士の手間がぐっと増えるためです。

土台であるあごの骨を調整し、インプラントを埋め込向ことや、周囲の歯との力関係を調節するなど時間を要し、完全に治療が終わるまでの医療費は結構のものです。


治療の一部を保険適用にするだけでも、健康保険の赤字がいっそう増え、結局は被保険者の負担が増えることになるので、保険適用にはならないのです。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:カエデ
読者になる
2017年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる