あづっちが松島

February 08 [Mon], 2016, 11:24
金もプラチナも高級品として有名ですが、どっちが高いかは知っていますか?一般に、プラチナは金よりも一段高いと言われています。一時期は金の3倍ほどしたのです。理由としては、金の20分の1とも言われる、産出量の少なさを抜きにしては語れません。プラチナは南アフリカやロシアのごく限られた地域でしか産出されないのです。プラチナや金はその美しさに加え、化学的に安定していて決して劣化しないという性質があり、遥か昔から、世界中の至る所で富の象徴となってきましたが、生産量や流通量のあまりの少なさが、その価値を形作っているというわけですね。金の価値が上がっている現在では、多くのお店で金買取を取り扱うようになったので、複数のお店の情報を見比べてみましょう。その時の相場に基づいて買取額は決まるため、相場の情報を定期的にチェックするようにしましょう。お店によっては手数料を買取額から差し引いてくるところもあるので、たまたま見かけただけのお店を選んだ結果、後からひどく後悔するケースも有り得るのです。また、訪問購入といって、向こうから自宅にやってくるタイプのところは、詐欺スレスレの酷い営業をしている場合が多いです。金の買取は、古物の取引になるので、古物営業法の規定に基づき、買取時の身分確認が徹底されています。買取を依頼する際には、お店で直接買取する場合のみならず、非店舗型の業者など、対面せず郵送と振込でやりとりする場合にも同じように本人確認が求められます。公的な身分証明書、たとえば免許証や保険証などを店に提示し、個人情報を控えさせることになります。直接店に行かず、郵送で買取を進めるなら、身分証のコピーを同時に送ることを求められる場合が多いですね。ずっと前から使わなくなってしまった金製の指輪や腕時計などがあるのならば、金・プラチナ買取系のお店に持って行くのもいいですね。でも、それぞれのお店で基準額や、鑑定料・手数料などが違うので、ランキングやレビューなど、ネットで見られる情報を調べた上で、なるべく高値になりそうな店を選ぶべきです。たくさんの商品を売る場合は特に、僅かな基準額の差で大きな違いが出るため、事前の情報収集は欠かせません。多くの資産がある方は、なるべく形をバラけさせておきたいものです。資産を保存する方法としてメジャーなのが、金(ゴールド)の形で資産を保全するというやり方です。しかし気になる点もあります。それは、数百万円もの金を、どこで、どのように買えばいいのかです。金を買ってみるのも悪くないなとお思いの方は、購入時の価格や条件が店舗ごとに違うので、そうした情報をサイトに明記している、実績・信頼のしっかりしたお店を選択するようにしましょう。買った時の店がちゃんとしていれば、逆に売る時も不安にならなくて済むと思います。リーマンショックやギリシャの経済危機に伴って高騰している金相場。今は1グラム5000円ほどです。それは24金、すなわち純金の話です。例えば75パーセントが金である18金の場合、5000円×75%なので3500円くらいでしょうか。それなりの額、例えば200万円になるような18金は、重さで言えば600グラムほどです。指輪なら数十個、昔流行った喜平ネックレスでも5本以上は必要でしょう。これがさらに10金だとどうでしょうか。これはもはや金の純度が半分以下。価値は1グラムあたり2000円強にしかなりません。1キロほど寄せ集めないと200万円にはなりません。少し前の話ですが、買取店を利用して、古い指輪やネックレスを買取してもらいました。なにぶん、そうしたことは初めてだったので、適切な売却先がよく分からなくて、ネットの情報に頼ることになりました。調べた結果、御徒町のあたりに、貴金属買取の専門店が所狭しと並んでいる一帯があるということなので、その中でホームページがちゃんとしていた店舗を選びました。専門の鑑定士の人が丁寧に査定してくれて、買取金額も高かったので、上機嫌で帰りました。金の売却において必ず気にしなければならない点としては、金の相場をちゃんと知っておくことです。できるだけ高い価格で買い取ってもらえるよう、相場を欠かさずチェックして、最も得する時を狙って売却するのです。金買取では、申込時の相場により買取額が変動するというケースが多くなっています。上手く相場の波に乗り、可能な限り高い値段で売りたいものですね。3%→5%→8%と上がってきた消費税。金の購入時にも、例えば300万円の金を買って消費税率8%なら24万円の消費税がかかりますが、買った金を買取店に持って行って売ると、その時の消費税率に応じて、消費税分が買取価格への上乗せという形で自分のもとに戻ってきます。つまりどうなるか?消費税が低い内に金を購入しておくと、消費増税に伴って、売約時の受取額が少しだけ上がって得をするのです。今まで反発しかなかった消費増税が投機チャンスに思えてきますね。他にも、日本や台湾、カナダなど消費税率の安い国で買った金を、ヨーロッパなどの消費税が高い国に持ち込んで売るなどの方法も考えられます。初めての金買取。たくさんあるお店の中でどこを選ぶかで、最初は迷うものですよね。折角売るなら、高値をつけてほしいというのは誰だって考えることですよね。お店選びの最もわかりやすい基準は、ネットで見られる、お客さんからのレビューや口コミです。多くのお客さんから高く評価されているお店なら、ちゃんとした買取をしてお客さんを満足させているということです。これを参考に、信頼できるお店を選びましょう。最近、国際価格の高騰に伴って金の買取相場が上昇しているようなので、金買取を利用して小金を得る方もいるでしょう。金を売ったら、その金額や状況によりますが、税務署で確定申告を行う必要が出てきます。売却の利益、つまり買取価格から購入時の価格や諸費用を引いた額は、通常は譲渡所得として総合課税に含まれるのですが、これが50万円以下の場合、特別控除の対象となります。金を売却した利益が、他の譲渡所得と合わせても50万円以内なら、全額控除が可能なので、金売却に税金はかかりません。日本経済にも大幅な景気後退をもたらしたリーマンショック以降、今日に至るまでで、決して急速というわけではないですが、金の市場買取価格が上がってきています。加えて、ここ最近、経済破綻を起こしたギリシャの国内において、国民が銀行から預金を下ろせなくなってしまいました。この出来事もまた、リーマンショックと並んで、市場での金の価格が上がる切っ掛けであると言えるでしょう。最近、金の価格が上がっていると聞いたので、家に眠っていた金製品を近所の買取ショップに持っていったのですが、私が持って行ったものの多くは、刻印がないから買い取れないとのことでした。刻印がある商品だけなら買取査定できるとのことでしたが、それでは点数も少なく、少ない点数では手数料を引くとあまりおカネにならないので、できることなら手持ちの品物をまとめて全部売りたいと思って、日本有数の宝飾店街である御徒町へ行ってみることにしました。すると、スタッフや設備のレベルが他とはまるで違うのでびっくりしました。純度を測定するための比重検査、試金石検査など様々な手段を用いて、私の持ち込んだ金製品に全て値段を付けてくれました。金の買取を利用する上で多くの方が気にするのは、相場というか、現実に何円くらいの価格での買取が見込めるのかを事前に知っておくことでしょう。金の純度や加工によって価格は異なるのですが、金そのものの価格の計算法は決まっています。ドル建ての国際価格を、金の重量単位として使われる1トロイオンス(日本では31グラムほど)で割り、ドル円レートを乗じると、日本における金の価格が割り出せます。こうした基本的な計算法を活用し、お店が妥当な金額で買取を行っているかどうか判断できるようになっておくといいでしょう。近年では、店頭ではなくネットを通じて金買取を行う業者も出てきています。買取額の目安がサイト上で見られたり、メールで簡単査定を受け付けている業者も多いようです。ネットを通じて買取をしてもらう時は、身分証のコピーやその他の必要な書類を送らなければなりません。できる限り高額で手放すためには、色々なお店のサイトを見比べて、一番良い所を選びましょう。鑑定料や、買取時にかかる手数料が一切ない店も少なくないため、それも主軸としてお店選びを進めるといいでしょう。金を買取に出そうと考えたとき、候補に挙がってくるのは、金買取の専門店や、質屋などだと思います。ですが、その手のお店は馴染みがなく不安だったり、裏から怖いお兄さんが出てくるのではないか、などと思っている人は、やはり少なくないようです。そんな人もご安心下さい。デパートで買取を実施する場合があるのです。よく見かけるのは、催事場で期間限定のイベントとして開催している場合です。デパートなら変なトラブルは無いだろうという安心感から、初心者の方にはひそかな狙い目と言えるかもしれません。金買取店は最近増えてきましたが、田舎に住んでいるなどで生活圏内には買取店がないこともあります。そんな方は、WEB上で気軽に申し込める郵送買取がオススメです。ネットで個人情報などを登録すると、貴金属を安全に送る用の梱包パックが自宅に届きます。そして、査定してほしい品物を入れて送り返します。その到着後、査定の金額と確認の連絡が来て、自分がその金額を承諾すれば、振込でお金が支払われます。簡単ですね。金買取では売る側にも責任が生じます。そのため、18歳未満は、青少年保護の観点から、法律や条例によって、単独で買取サービスを利用することができません。さらに、取引の安全を守る意味でも、店舗としても年齢制限を設けていることがほとんどであり、成年に達するまでは単独では利用できないのが一般的でしょう。未成年が利用できる場合もありますが、そこにも制限があり、法定代理人である親が書いた同意書が必要な場合がほとんどでしょう。もう何年も使っていない金の装飾品が沢山あるという方もいるでしょう。そうした品物をお持ちの方は、買取ショップへの持込みをオススメします。そうした買取を専門としているお店も街に溢れていますから、実際にその品物が何円くらいになるのか複数のお店で見てもらって検討してみてください。世界的な不況で金の市場価値が上がっている昨今、手持ちの金を売却したい人が増えているので、流行に乗るようにして、従来の質屋や買取ショップでも、金買取の広告を前面に出すところが増えました。フランチャイズでチェーン展開する例もあるようです。確かに、お店は多くあったほうが便利でしょうし、他の店との競争になることで買取価格が上がるなど、より良いサービスを提供しようという方向に次第に変わっていく可能性が高いです。お客さんに横柄な態度を取るような店は淘汰され、接客の質の良い店だけが残りそうです。買取ショップの利用を考えている人にとっては、歓迎すべきことだと思います。金の買取店舗を選ぶ際に参考になるのが、金額のシステムです。手数料や「目減り」などを買取時の金額から差し引いてくるお店も少なくないようです。高額買取を掲げている店でも、こうした費用が設定されていたら、これらが差し引かれることで、最終的に受け取る現金の額が結局、低額になってしまいます。上手いこと騙されてるような気がしますね。後から損した気分にならないためにも、どういう費用が発生するかは事前に確認しておくことです。リーマンショック以降、金製品やプラチナを買い取ってくれるという内容のテレビCMをよくやっている印象です。WEB上でも、「金製品 買取」や「プラチナ 買取」といった言葉で検索したら、大変多くの店が出てくるので驚きます。いくらかでも現金になるのなら、沢山あるお店の中のどこに持って行っても同じと感じるかもしれませんが、金の相場が大きく変われば当然、買取金額にも影響が出るので、高く買取してもらうためには相場のチェックは欠かせません。金買取がブームですね。古いネックレスがいくらで売れるか気になる人は、金の純度を示す刻印を見てください。一般に流通している金製品には、「K18」や「K24」などの文字が入っており、これを刻印と呼んでいます。このKというのは、純度を表す「カラット」の略です。K24なら24分の24で100%が金、K18なら24分の18で75%が金と解釈してください。同じ金製品でも、何割の金が含まれているかによって市場価値は変わってくるということです。株式や外貨など、投資の対象となるものは多いですが、最たるものが金でしょう。値段が崩れないのが金の魅力です。国際関係に左右される外貨と違って、金の価値は一定だからです。世界中どこでも通用する価値を持っているということも、金が投資対象として魅力的である一因です。まあ、それでも急に相場が変わることもありますので、手元の金を売ろうとする前に、新聞やネットで相場の上がり下がりを確認した上で決断するのが得策でしょう。貴金属の買取を扱う店舗では、20歳未満からの買取の禁止を定めているとところが大半でしょう。このため、未成年者は買取の利用を断られてしまうことになります。ごくまれに、年齢制限が20歳未満ではなく18際未満の場合もありますが、未成年であれば保護者のサインなどが必要になってきます。さらに、保護者が同意していたとしても、多くの店では高校生からは買取をしてくれません。不要になったプラチナのアクセサリーを売却しようと思って店に持って行くと、鑑定の結果、白金(プラチナ)ではなく、白色金(ホワイトゴールド)だと言われたという何とも残念なケースがままあると聞きます。こうなると、残念ながらプラチナと比べて金銭的価値は著しく下がります。最近は金高騰で価値が変わらなくなったとはいえ、元々プラチナは金よりも高価でしたから、代わりに使われるようになったものです。日本でも昭和50年代までは代替品の認識でした。合金であるホワイトゴールドは、一般に18金か14金なので、K18WGやK14WGなどとあればその純度で金を含んだホワイトゴールドだということです。ホワイトゴールドも金を含んでいますから、プラチナには価格で劣るとはいえ、金製品を買い取ってくれる店であれば、現金化は可能だと思います。金の指輪やネックレス、ブレスレットなど、かつて気に入っていたけど今では全然身に付けていないという金製品をそのまま眠らせておくのは得策とは言えませんね。使わない貴金属の処分に困ったときは、買取をやっているお店に持ち込んでみましょう。中でも金製品は大抵の店で喜んで買取ってくれます。純金(K24)なら、現在の相場は1グラムあたりおよそ4800円であり、買取相場は一般的にその価格より若干安くなるとはいえ、だとしても十分、思った以上の値段で売却できる可能性が高いです。皆さんもいよいよ金買取を利用してみましょう。まず最初に大切なのはどのお店に買取をお願いするかということです。高い値段を付けてくれるかも大事ですが、買取までの流れや、振込ならそのタイミングなど、見るべき点は多いです。しかし、色々ある中で最も大事な条件というと、その店がちゃんとした業者かどうかを確認することは避けて通れません。WEBの場合、何より参考にできるのは口コミ、レビューといった形で寄せられる利用者の声です。不評の店は避け、良い評価が付いているところを見極めて利用してください。金の買取を掲げている店舗では、装飾品以外にも、様々な商品を現金化することができるのです。「金の買取」などと言うと、金の延べ棒であるとか、貴重な金貨であるとかが一般的にイメージされるのかもしれませんが、案外、庶民の生活の中にも金製品は溢れているのです。例を挙げれば、金縁の眼鏡がそうでしょう。金製のメガネフレームや、使わなくなった金歯などだって値段をつけてもらえるのです。相場よりも高い金額で金を買い取るなどと言うからお店に行ってみたら、査定の段になってから色々と難癖をつけられ、結局は安価で言いくるめるように買取を進められてしまったといった経験をして後悔している人もいるのではないでしょうか。信用の置けるお店も沢山ありますが、一方、残念ながら違法スレスレの商売をしている店もあるので、よくよく調べてから利用するといいでしょう。こういう悪質な店に当たってしまったときは、警察よりも消費者センターにまず相談してみるのが効果的です。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:アイカ
読者になる
2016年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/tb4hollge3ugeh/index1_0.rdf