全国金賞っっ 

2008年10月20日(月) 17時48分
とりましたー
全国金

やっぱさすが
王者山王だね

何位だったかはわかんないけど、
我らが顧問の師匠さんもベタ褒めしてたらしく
テンションあがりました

これからあと2ステージ死ぬほど頑張ります

勝カレーw 

2008年10月13日(月) 19時24分

上下共に父母の会会長Sさんのお母様の差し入れ品です




おいしかったー
勝つカレー

TimpのSサマのお母様が
ゴールド牛乳とチロルチョコ
差し入れしてくださってー
しかも、C.BassのM(ホントは嫌い)のお母様が
我が校名入りのサブレを・・っ
もったいなくてまだ食べてないよ

絶対美味だよねぇ

味わって食べよう・・

久しぶり・・ 

2008年10月03日(金) 21時22分
2ヶ月ぶりだ

1ヵ月以上前のことだけど
無事に東北大会も抜けて
この間の金曜日には定期演奏会
県民会館で行わせてもらって・・嬉しさのあまり死にそうだ

冗談はさておき(笑)
もうすぐ引退だなぁ
次の日曜日は、秋田県吹奏楽連盟の50周年記念演奏会だし、
10月11日には駅コンで、
10月18日はついに念願の・・・

普門館・全国大会

それから11月1日。
全国大会出場記念演奏会、
それからうちら三年の

引退・・・

ホント嫌だなぁ・・
いつまでも居座ってたい気分だよ。
今の二年生が
もっと成長してくれる事を願うよw

振りバトンw 

2008年08月11日(月) 16時14分
おお振りバトン
Q1 初めに質問。おお振りが好きですか?
はい
Q2 おお振りを愛していますか?
もちろんw
Q3 おお振りで一番好きなのは誰ですか?
泉くん
Q4 おお振りで一番嫌いなのは誰ですか?
あんまりいないけど、あえて言うなら畠くん
Q5 おお振りで彼氏(彼女)にしたいのは誰ですか?
泉くんか花井くん
Q6 おお振りの中で親友にしたいのは誰ですか?
千代ちゃん
Q7 おお振りで兄または姉にしたいのは誰ですか?
兄→阿部くん・栄口くん・準太さん 姉→千代ちゃん
Q8 弟または妹にしたいのは誰ですか?
弟→田島くん・大地・迅くん
Q9 BLは平気ですか?
かなり
Q10 BLが無理な人は帰りましょう。
平気なので帰りません。
Q11 おお振りで好きなカップリングは誰と誰ですか?
栄口くんと水谷くん、田島くんと花井くん、浜ちゃんと泉くん 榛名さんと阿部くん
Q12 おお振りで家族を考えるなら、父は誰ですか?
阿部くん
Q13 母は誰ですか?
花井くん←
Q14 兄弟は何人ですか?
とにかくいっぱい☆←
Q15 上から順番に名前を書いてください。
栄口、泉、水谷、利央、田島、三橋・大地(双子)
Q16 おお振りで「コイツはぜってー攻めだ!」と思う人は誰ですか?
榛名、浜田、慎吾、泉(泉三とか泉田とか)
Q17 状況によって攻めになりそうな人は誰だと思いますか?
花井、田島、大地、利央
Q18 「コイツはぜってー受けだ!」と思う人は誰ですか?
三橋、水谷、迅、阿部(榛阿のみ)、泉(浜泉のみ)
Q19 状況によって受けになりそうな人は誰だと思いますか?
花井、田島、利央
Q20 最後に、これからもずっとおお振りファンで居てくれますか?
当然!


振りww
まりもとかやってみなw

久々に更新してみようかと。 

2008年08月11日(月) 15時38分
おお。
まさかの5ヶ月ぶり

今回は昨日行われた
全日本吹奏楽コンクール 県大会の報告をしに参上いたしますた。

結果は・・
金賞で代表です
というわけで今月31日仙台で東北大会に出てくるんでヨロ。

浜泉w  キャラ崩壊注意♪ 

2008年03月20日(木) 19時43分


「イ・ズ・ミー
週末。珍しく野球部は休みで、泉は浜田の家に遊びに来ていた。
浜田家は、なぜだか週末は家に家族が居なくなる。
昼間いないだけなので、泉が止まっていく事は滅多にないけれど、
それでも、1日一緒にいられることほど浜田が楽しみにしている事はなかった。

「泉ー映画観よ?」
「映画? ・・・いいんじゃない」
断ればうるさくなると判断した泉は賛成した。
「やったー 何見るー? やっぱ恋人同士だしラブスト・・・」

ボカッ

浜田の頭にたんこぶが1つできた。
「おいてて・・・ じゃあ何がいいの? SFもの?」
「・・・・・・なんでもいい」
「じゃあラ・・・」

ドカッ

もう1つできた。
「なんでー!!」
「イヤなもんはイヤなのっ」
「じゃあ何でもよくないんじゃん!」
「・・・っ」
泉がひるんで、一瞬ののち・・・

うりゅっ

涙目。
(いやそれは反則だろ!)と思いながら浜田が
「泉ぃー? なーんでソコで泣いちゃうかなぁ?」
と優しく抱きしめながら頭をなでる。
「うー・・」
ぎゅっと浜田の服のすそを握り締めて泣く泉。

(ほんっとかわいいなぁ)

「泉ー泣き止んでー?」
オロオロしながら言ったが、泉は無反応だった。

しばらくして、何を話しかけても
「うー」とだけしか返さなかった泉が
「何」と言うようになった。
浜田が依然強く抱きしめながら
「泣き止んだなら離して?」と言うと、
「やだ。つか、浜田が離さないんじゃん」
(お。こいつ元に戻った)
「じゃあ離すよ?」
ぱっと手を離して浜だが言うと。
「やだ」と腕にいっそう力を込めた。

(うーんどうするか)
浜田が困り始めたころ、泉が
「んー」と浜田の腕から抜け出そうともがき始めた。
浜田が素直に腕を離すと、起き上がって目を逸らしながら、
「・・・浜田の好きなの観れば・・・?」
それを見て、浜田がまた抱きつき、
「こうしてるから観なくてもいいや
「・・・うん」
珍しく泉はおとなしく浜田の胸に顔をうずめてうなずいた。

田花 「風邪」 3 

2008年02月16日(土) 17時10分



起きている、とは言ったものの、さすがに風邪で弱っているせいもあり、
家に着く頃には田島はすっかり寝入っていた。
「ふぅ・・・」

ピンポー・・ン

チャイムを鳴らしてみると、
「はぁーい」
という明るい声に続いて田島の母が顔を出した。
「あらぁ花井君? どうしたの・・ってゆうちゃん?」
花井の背中で寝ている人物を見て驚いた表情を見せ、
「ありがとうね、あとは置いてっていいわよ」
にこっと笑ってそういう田島母の気遣いを、
「あ、大丈夫です。部屋まで連れてきますよ。お邪魔します」
言って上がり込み、何度か入ったことがある田島の部屋へと入っていく。
「ホントにありがとうね。今暖かいお茶でも持ってくるから、まっててね?」
「はい」

田島母がいなくなるのを見て、ドアを閉め、田島を寝かせ、布団をかけた。
掛け布団から覗く赤い顔がどうしようもなく愛しく思えた。
「はぁ・・・うちの部活の奴らって、何でこう変なところで我慢すんだろ?」
自分のコトは棚に上げてぼやく。

「はない?」
「ぅおっ!?」
自分の中に入り込んでいただけに、その声に過剰反応してしまった。
「・・・どした? 目、覚めたか?」
「・・ん。起きた。つか、何で花井がいんの?」
「(ギクッ)あー・・・流れ?」
無理やり流す。
田島が起き上がろうとして、花井は焦ってそれを止める。
「おま・・・起きちゃダメだって。風邪ひいてんだぞ? 熱もあんの! おとなしくしてろ」
田島は一瞬、ぶすっとした顔をしたが、すぐに顔を上げて、
「んじゃ花井こっちきて?」
と満面の笑顔。
「はぁ・・・はいはい」
花井がベットに座ると、

ちゅ

頬に違和感。
「!?」
横を向くと、田島がにっと笑っていた。
「おまえ〜っ」
顔を真っ赤にしてうずくまる花井に田島は抱きついて、
「俺! 明日には風邪治すから、口ちゅーしよーなっ」
「な・・・っ」
照れすぎて言葉を失う。
「・・いや?」
背の高い花井を見上げるようにして田島は上目遣い。
「・・・っ んなワケねえだろっ」

言ってから花井は立ち上がり、
「ちゃんと布団かけとけよ!」
部屋から出ようとすると、
「はないー! じゃぁなー!」
田島が大きく手を振っていた。
「おぅ。明日な!」

部屋から出て、
「すいませーん。もう帰ります」
と、田島母に言う。
それから家を出て、田島にキスされた頬を触る。
思い出して赤面しながら、歩き出した。

終わりw



突っ込みどころ満載だw
ママ来るの遅くね!? とか。
チャリ一分のはずの田島の家遠くね!? とか。
コメに突っ込んじゃってくださいよ。
こういうの。

田花 「風邪」 2 

2008年02月11日(月) 11時25分


田島の家への帰り道。
人影は二つだけ。
「・・・ごめんな」
耳元で呟く。
「だぁからっ気にすんなっつってんだろ!」
照れ隠しにそういう花井の背中で、田島は力なく微笑む。

「つーかさ、昨日あんなに元気だったじゃん? なんで急に熱?」
思い出したように花井が聞くと。
「んー・・・わかんねぇ。なんでだろ?」
田島本人がわからないらしい。
「え、わかんねぇの?」
「あー・・・アレかも。風呂入ってそんまま寝たから・・・」
「布団掛けんかったのか・・・そりゃ風邪もひくわ」
いくらバカでも。
最後の一言は呑み込んで、少しうしろを振り返る。
「だって・・・!」
反論しようとする田島をなだめるように、
「あーいいよ。騒ぐな? 熱あんだから。な?」
優しく話しかける花井の口調に、
「・・・うん」
いつもは騒がしい田島もおとなしくなる。

しばらく喋らない田島に、寝たのか?と思いながら
「たじまぁ?」
と話しかけてみる。
「んー?」と少し眠たそうではあるが、返事が返ってきて、
「眠いなら寝てな? 付いたら起こしてやっから」
花井は気遣ってみるが、
「んーん。なんか起きてたいから。花井の背中、あったけぇな」
そういって少し恥ずかしそうに、花井の首筋に顔をうずめた。
花井は黙って、人気のない道を歩き続けた。




駄文申し訳ない。。。
あとちょっとで終わります(*´д`)=3

田花 「風邪」 

2008年02月10日(日) 14時12分
ある夏の日の放課後練習にて。

ドサ・・ッ

シート練習のとき、誰かが倒れた。

「田島!」「田島!?」

倒れた田島のもとに、
近くにいた巣山や栄口が走り寄る。
一番遠かったライトから、花井が走ってきた。
「田島!!」
そういって田島を抱き起こし、顔を覗き込むと、

「・・・真っ赤じゃねえか・・・っ」

呟くと、その声が聞こえたかのように、
「はな・・・い? 俺・・・ごめ・・・」
「いいって。気にすんな。つか、風邪気味なら部活休めよ、バカ」

小声で話していた二人の会話は聞こえなかったのか、栄口が横から
「おーい田島? 帰る?」
と話しかける。
小さく、コク・・・とうなずく田島。

それを見た水谷が聞く。
「一人で帰れっか?」
熱のせいで少し潤んだ瞳でチラッと花井を見て、小さくうなずく。

「・・・ムリだろ」

誰にも聞こえないように呟いて立ち上がり、監督の百枝に向き合い、
「監督。熱あんのに一人じゃ心配だし、
 俺こいつ送ってくんで」
「うん。いいよ。キャプテンだしね」
にこっと笑った百枝から目を逸らし、副キャプテンの二人に呼びかける。
「阿部! 栄口!」
「あ?」「はいよ」

この後、よろしくな!と言って、
花井は小柄な田島を背負って立ち上がる。
「はない・・・? なに・・・」
「送ってくからおとなしくしょわれとけ!」
そう言って花井は歩き出した。

こんにちはw 

2008年02月09日(土) 17時13分
こんにちはぁ
初めまして。管理人の千代です
これからいろいろ増やそうと思ってるので
よろしくお願いしますv
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:千代
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:9月8日
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 現住所:秋田県
  • アイコン画像 趣味:
    ・音楽-Oboeってわかります?
    ・マンガ-特におお振りvV
読者になる
2008年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像こけし
» 勝カレーw (2008年10月20日)
アイコン画像をとこ
» 久しぶり・・ (2008年10月06日)
アイコン画像まさる
» 振りバトンw (2008年09月30日)
アイコン画像酢だこ
» 振りバトンw (2008年09月26日)
アイコン画像まあむ
» 振りバトンw (2008年09月25日)
アイコン画像毬藻
» 振りバトンw (2008年09月15日)
アイコン画像毬藻
» 振りバトンw (2008年08月14日)
アイコン画像毬藻
» 久々に更新してみようかと。 (2008年08月13日)
アイコン画像あっ・・・
» 浜泉w  キャラ崩壊注意♪ (2008年06月26日)
アイコン画像まりも2((藁
» 浜泉w  キャラ崩壊注意♪ (2008年06月26日)
Yapme!一覧
読者になる