やまねこと踊る尾道のゆうべ
2008.04.24 [Thu] 15:08



ラーメン


からさわ


やまねこ




東京、尾道、
東へ西へのツアーも一段落。

ちなみに、冒頭の3つのキーワードは、私の尾道での欠かせない、最低限の生きるセンテンスです。
この3つ無くして尾道をどう語れと?
逆に言うと、この3つで尾道の90%は語れますよ。



あ、言い過ぎました。
90ってこたあねえよな。お寺とか、お寺とか、海とか海とか・・・!!
まあでも半分くらいは語れます。
尾道の20代以上の人間と友達になり易くなるといっても過言ではないでしょう。

そしていわずもがな。
「やまねこ」へ行って参りました。

やまねこというのは、尾道の海岸通沿いにあるすてきなカフェ。
そう、やまねこが出現した当初は
「尾道に、こげなとれんでぃな、か、かふぇが!!!」
と驚きのあまり動揺して4つ足で後ろ向きに店内に入った記憶があります。
それが、えーと、大学生の頃だったかな。
そのころはまさかやまねこで演奏できるなんて思ってもみませんでした。
申し遅れましたが、今日のブログはヴァ・相方でお送りしております。

ここまでの補足。
1、ヴァ・相方は祖母の家が尾道にあるため、尾道には幼い頃からかなり来ている。
2、3は時間のある人だけ読んでください。
3、ここでいう「ラーメン」とは、いわゆる「尾道ラーメン」の呼称をもつものをさすが、ヴァの最も敬愛するラーメン屋は「東珍康」というラーメン屋で、そこの麺はいわゆる尾道ラーメンの定義のひとつとされる平打麺(※そもそも「尾道ラーメン」とよばれる発端になったラーメンは「朱華園」という今では行列のできる店を築いた(故)朱阿俊氏という人物の中華そばと言われており、麺は歯ごたえのある平打麺、醤油ベースの鶏ガラダシではあるが、小魚は使っていない(小魚ダシは「尾道ラーメン」ブランドを開発した福山市のお土産の会社のアイディアで、ご当地モノということで小魚を利用することになった)そう。一説によると、平打麺が特徴であるのは、尾道で一番よく利用されている製麺所(朱氏は中国福建省から来日し、製麺所で住み込みで働いた後、昭和22年に屋台を出した)の特徴ではないかと言われている。ちなみに「朱華園」は「うちの中華そばは尾道ラーメンではない」と言っているそう)ではない。さらにスープ、いわゆる「尾道ラーメン」であったり、「朱華園」のスープは醤油の濃い色であるが、「東珍康」のスープは薄く、透き通っている。
尾道の天然のわき水に昆布・にぼしなどは言うまでもなく、豚骨と鶏ガラと野菜を使ったスープは大粒の豚の背油が大量に浮いているにもかかわらず、口当たりはとてもあっさりとしている。しかし中細ストレートの麺によく絡み、すっきりとした中にもコクがあり、後味まで礼儀を忘れない。
これが「東珍康」の中華そばのベースであるが、店内メニューはハンバーグラーメンやトンカツラーメンなどの異種を含めて30種類以上あるラーメンに加えて、なぜかよくしゅんでいるおでんが常備されている。
尾道ラーメンという名前の看板を尾道で最初に掲げたのは「東珍康」だということだが、いわゆる「尾道ラーメン」と称され、販売されている物とは全く別ものだと認識していただきたい。

4、「からさわ」は海岸通沿いにある、とってもおいしいアイスクリーム屋さんです。
5、3でだいぶ取り乱してしまいましたが、実際に会った際にラーメンの話をしてもこんなにアツく語る、ということはないと自分では思っています。

というわけで、
やまねこライブ。

尾道のバンド、「jimono live」さんとご一緒させていただきました。
カチっとしたバンドサウンドにさわやかなええ声!
「この青い海と空のあるここにきたら、なんか生まれるんちゃうかと思って」大阪から移住してきたkey&vo.のケイキさんに同感。
そんなjimono liveの2nd Albumのタイトルは「空の色は音楽にどう影響するか」です。

そしてjimono liveの皆さんの指揮(?)の中、なんとたゆたうの曲で会場大合唱!
その模様は、どっかでなんか聴くか観るかできるようにしたいと思います。
絶対おもろすぎるから!

とにかく、
みなさん、尾道は青い空に青い海のある、そこへ行けば必ず何かが芽生える、そんな場所です。

3つのキーワードは覚えましたか?

ラーメン

からさわ

やまねこ


アディオス!

フロムTでみつかる詩のボクシングのイロハ
2008.04.16 [Wed] 04:34

シゴト

探すなら

フロムT!


いやあ、
あふれてます。
人とか花粉とか。
フロム TOKYO、

ご無沙汰しまくっていたヴァ。のほうです。
そのご無沙汰具合と言ったら!
謝るのも申し訳ないくらいですよ。
だから胸はって、謝りません。

嘘です。
わーん!ごめんなさいー!

で、いつものびたのオチみたいにブログブショウになっては謝っているので、
今日はお詫びというか、かわりに・・・というか、
提案があります。

たゆたう、いまさらなんですけど、
めーるまがじんてやつ、発行しようかなと。
ライブ情報とかね、送りつけるわけですよ。
そしてサイト見てなかったからライブあるの知らなくてさあっていう常套句をことごとく粉々に打ち砕く!
あ、いや、ちがいます。そうじゃなくて、
純粋な、そりゃもう絞り立ての牛乳のような純粋さをあふれんばかりに備え持った、親切心のつもりです。

ただのライブ情報だけじゃ2回目くらいからスパム扱いにされる恐れがある(小心者)ので、
なんか、こばなし的なものをおつけいたしましょう!

ま、あくまでも「こばなし」なんで、
電車の待ち時間にちら見するぐらいに思っておいてください。

で、
明日(今日か)は「たゆたう勝手に東京ツアー2008春の陣」最終日、
青山の「月観ル君想フ」というところです。
東京のみなさん、場所などはこぞってググってください。
下記に相方が書いているように、すぺしゃるげすとがやってきます。

ホラー、だからたゆたう、これからはグローバルユニットって言ったっしょ?
言葉の壁は音楽で乗り越えろ!
明日のパンは今日のパン!
ユンケル飲んで元気前借り!!

ああ、そうそう、
ですので、きまぐれめーるまがじんをご希望の方は、アドレスを明記の上、「mail@tayutau.info」までぽちっとな。

ついつい話が盛り上がっちゃって
2008.04.15 [Tue] 01:43


チェロ チェロ チェロ チェロ
チェロ チェロ チェロ チェロ
チェロ チェロ チェロ チェロ

って どうなるんだ?

そいや、77人のドラマー集めてライブしてた人たちもいたっけかね。
くーッッ、おもしろそうだぜ。



あ、遅ればせながらコンバンワ
ボ・相方です。
ど〜も〜


はてさてさて、
12人のチェリストたちも多いに気になるところですが、
今回は皆々様に急ぎのお知らせごとがありまして、筆をとらせて(?)いただいた次第でございます。

只今、たゆたうは東京にてライブツアー中なわけですが、16日に出演させていただく、青山・月見ル君想フでのライブになんとスペシャルゲストが参加です!!

先日、4月9日に京都・UrBANGUILDにてライブの後に話が盛り上がっちゃったわけですね。
4月9日にご一緒させていただいたアーティストといえば!!??!

てなわけで!!!

16日の月見ル・たゆたうライブはスペシャルゲストにflorencia ruizさん(from アルゼンチン)をお招きして、1、2曲くらい一緒に演奏することにあいなりましたよ◎

ぜひぜひお見逃しなく!!
見に来てくださいませ!!

何寒何温デスカ?
2008.04.03 [Thu] 23:51

さくら さく

されど きょうと は

さむかろう


ああ さむかろう

ああ さむかろう



魔界より コタツ復活




前々回、ついにコタツを封印できた!というblogを書いてからというもの、
実のところ、
その後3、4回は出し入れを繰り返しております、
そして、今宵はまだまだコタツ健在という始末であります、
ボ・嬉しい誘惑にはすっぽり負けちゃう・相方です。
こんばんちゅわ。


さてさて、きのうは
tuba吹きの高岡さん(高岡さんの日記)やsax吹きのノブさんもサプライズで加わった、ベルギーからやってきたThe Crappy Mini Bandという人たちのFRONT ACTでライブをしてきたわけですが、あぁ、もぅ、感謝、感謝でめちゃんこめちゃんこ楽しかったです。
しゃくとり虫の曲とかね、
うんちのオペラとかね、歌ってたよ。
菜食主義の人は日本ではごはん食べるのが難しい。っていうのを中国語で言いながら音楽にしたりね。

とにもかくにも、
ピアニストの人がドラム叩いて、グランドピアニストはトイピアノをひずませて弾いたり、ギュンギュンの凄腕エレキギタリストはトイギターしか弾かなかったりで、メインボーカルのリンさんはずっとあぐらだしね。
みんなとても素敵な人たちで、音楽ももちろん素敵で、も〜〜っっ
大好きだったです。
あぁ、たゆもベルギーに行きたいなぁ。


あ、英語の勉強もしなきゃだね◎
ヴァ・相方が、これで勉強しなさいって
全部英語になってるドラえもんの漫画をお誕生日プレゼントにくれたので
それでやってみようと思います。


たゆたう、4月上旬は外国週間にありまして、
来週の9日(水)はアルゼンチンからやってくるFlorencia Ruizさんというとっても素敵そうな人とご一緒させてもらう予定なので(詳しくはコチラ)、それまでにまたたくさん予習しとかなきゃ。
楽しみ!



えっと、
ちなみに掲載写真は、
ひろソロでお世話になっている、てらこや(居酒屋さん)のマスターからいただいた焼酎。
一升瓶だなんて、ちょービックリ。
この焼酎、男前な出で立ちの芋焼酎なんだけど、意外と呑み易いんですょ。
マスター、ありがとうございますっっっ
大切に呑みます◎

ケスニャムッ★
(↑ハンガリー語で「ありがとう」って意味だって★)

今まさに
2008.04.01 [Tue] 22:49

わたしは
でかすぎるメガネを
かけている。



どんと・まいんど、こんばんわ。
知ってる人は知っている、
最近めっきりメガネをかけなくなりました、
元メガネッ子・ボ相方です。
(あ、けど、メガネ再デビュ検討中)

人前でメガネを外すという選択肢が皆無だったわたしも
1年半程前にメガネが大破してからというもの、
半ば無理矢理ではありますが
気付けば、めでたく
すっかりコンタクト生活に馴染んでいたわけです。
が、
目の調子が悪いのか、
はたまた 黄砂のおかげさまでか、
右目から涙が止まらず
脱コンタクト。

あ、ちなみに、
でかすぎるメガネというのは
友人が不要になって貰ったメガネ。
超でっかいの!
単純に大きさが超でかい!
けど、
ちょっと度が入ってるから
ちょっと良く見える。
完全にオフ私用デス。

そんなこんなで
29日にやったソロライブは
実のところ
超レア・デカメガネ着用ライブだった訳ですが、
お客さんが皆あったかくて
ほっとしました。
一瞬だけでもメガネかけて人に会うのが恥ずかしいと思ったのは初めてデスたい。

あぁ、
あしたは調子良いといいなー。

メガネとって初めて気付いたけど、
(ボ・相方の場合は ですが)
ライブするときはメガネが無い方が
集中できるらしい。
世界が開けるからね!


地下って黄砂の量、減るのかな。
てか、室内は入ってこないか。


はてさて、
少しずつではありますが、
わたくしめも
HP制作の勉強をやっとこさ始めました。
完全独学だけど。
ちゃんと初心者用のHTMLの本を買えばよかったと
少し後悔してはいますが、頑張りまーす!


PS:
LIVE情報も更新したよ◎→こちら
(尾道ライブが追加!)
明日は待ちに待った、ベルギーのバンドとご一緒に
たゆたう・初METROだよ!!
yaplog!PR
たゆたうプロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:たゆたう
読者になる
にしもとひろこの心に入り込む鮮やかなうたと、イガキアキコのサウンドスケープ・パレードなヴァイオリン・おもちゃによる、天真爛漫アコースティックユニット。

2002年に結成、2005年より精力的なライブ活動を始める。

2人ゆえの自由度の高いパフォーマンスから創り出される圧倒的な世界観に、見たことの無い景色が見えたり、気づけば涙を流していたという人が続出するライブは必見!

音楽と人と場所をつなげることをモットーに、その活動は保育園から野外イベントまで全国津々浦々、様々な場に展開している。

2008年に1stアルバム「いちにちのながさをはなうたできめる」をcompare notesよりリリース。
現在、2ndアルバムを鋭意製作中。
>> interFORest(バナーをクリックするとプロジェクトが見れます)
知床に木を植えよう!!

2008年04月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
Yapme!一覧
読者になる