板倉の大五郎

May 04 [Wed], 2016, 23:03
マイホームを売ることになったので、まずはインターネットなどを利用し、情報収集を始めることにしました。いの一番に知るべき知識は、処分する予定の不動産はいくらになるのか、不動産屋さんの選び方を知ること、これらのことを知らないで取引はできません。いくらで売れるのか知らないでいると売った後のことがよく見えませんし、良い不動産屋さんに恵まれませんと不動産を処分することができません。
不動産の売却価格を知る方法として、REINSを使う方法があります。REINSを利用するのにお金はかかりません。REINSを使うと不動産のおよその値段を把握することができますので、処分したい不動産がだいたいいくらになるのかおおよそ知ることができます。不動産屋へ行くにあたり、事前にだいたいの金額を分かっていると、素人だと思われナメられて不当な価格で買い取られてしまう危険を減らすことができます。
不動産を売るにあたっては、思いのほか、様々な経費がかかります。経費はたくさんかかるということを知っておくほうが良いです。費用としてもっとも負担が大きいのは不動産屋さんに対して支払う必要のある手数になります。これは、売買代金の約3%に加え、64800円もの金額が必要なので、4000万円の物件ならおよそ130万円もかかります。この他、収入印紙や所得税などの納付が必要ですし、マイホームを売るなら引っ越し費用も忘れてはいけません。仮に4000万円で物件が売れても、その全額が自分のフトコロに入るわけではないわけです。
土地を売らなければいけないケースとして、相続をあげることができます。相続だと権利関係が複雑な場合があります。相続で遺産の分割が決まった結果、どうしても1つしかない不動産を1人だけで受け継ぐことができない場合、何とか換金しなければいけないわけです。相続税を納める場合は現金が基本ですが、どうしても現金が難しければ物納という方法もあるのですが、できるだけ現金での納付ができるよう努力すべきです。
土地活用には様々な手法がありますが、駐車場経営はその代表的な手法です。アパート・マンション経営と比べれば手軽であることが理由の1つです。駐車場経営の手法には、毎月の契約(月極)もありますし地域の実情に応じて決めれば良いでしょう。所有者にとって大事なことは採算性なのは当たり前ですが、お客さんの立場でよく考えないと、赤字になることも珍しくありませんので注意が必要です。
一戸建ては判断が難しく、買い手も時間をかけて決めますので、売るのを焦ってはいけません。半年で決まれば御の字と考えておけば、気持ちにゆとりが持てます。売り主が急いで処分したいと思っていることを買い手に悟られてしまうと、不当に低い価格で契約せざるを得なくなり、納得できない取引になるかもしれません。住み替えのために住宅を売るなら、次に住む家の購入諸経費全額を含めて住宅ローンとともに支払えるのが理想的ですので、不動産屋さんの話を謙虚に聞いて売却しましょう。
マイホームを売る場合、購入希望者は自宅を見に来ますが、その時に準備しておいた方が良いことがあります。できるだけ高く家を処分したいのであれば、知っておくべきです。何でもそうですが、まずは第一印象が大事です。購入を考えている人が訪問した時、まず目に入る玄関や門構えなどの入口付近を重点的に掃除しておいてください。また、部屋はできるだけ掃除しておいて、外の空気を入れて室内の臭いをなくしておくと売り主がきちんとした人であるということが伝わり、積極的に購入を考えるようになる傾向があります。
不動産を売って利益が出た場合に払わなければいけない税金、決して安くはないですよね。高額な税金を払うのですから、きちんとした使い方をしてもらいたいものです。家や土地を売ったことで生じた利潤は「譲渡所得」と言いまして、この譲渡所得を元にして、所得税と住民税がそれぞれかかってきます。また、土地は所有期間が短いと、本当はそうでなくても転売目的だったと判断されてしまい、とても高い税率がてきようされます。5年を超えていませんと、2倍くらいの税金を払う必要があります。
土地はモノが一つしかないのに、「一物四価」とか「一物五価」などといって、複数の価格がつきます。そのそれぞれに独自の計算方法があり、素人にはなかなか難しいものです。これらを2つに分けるなら、税金を計算するために必要なものと、土地取引の参考にするためのものとに分けられます。相続税評価額(路線価)と固定資産税評価額は税金のための価格で、公示価格の7割〜8割になるのが一般的です。時価は取引の当事者が参考にはしますが、最終的につく価格は、それらと同じにはなりません。不動産屋さんは現実的な相場を把握していますので、直近の価格の方で取引をすることをすすめるわけです。
マイホームを買うことは庶民の夢です。サラリーマンにとっては普通、生涯に一度と言ってもいいくらいのイベントです。そのため、知識不足で買いに走ると買ってから致命的なミスに気付く危険があります。住宅ローンや税金、不動産屋での手続きなどの知識は大事なことですが、周辺の街の空気を自分の目で足で確認することが私の経験からお話しすると、一番大事なことだと思います。地名はイメージが先行しがちなので注意が必要です。中目黒や三軒茶屋など、良いイメージをお持ちではないですか?高級なところだとスーパーやコンビニが少なくて不便な傾向があります。そのため、慎重にすぎるくらい現場を確認することが大事です。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:颯
読者になる
2016年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/tawuciqlese1ap/index1_0.rdf