国立能楽堂企画講座「現在七面」 

2005年09月23日(金) 8時57分
昨晩、つつがなく公演が終了いたしました。お運び下さいました皆様には心より御礼申し上げます。九月六日の研究講座の時にシテの浅井師が「つまらないですから」を連発されたので、「どれぐらいつまらないのだろう」と却って興味をかき立てられた方、「とんでもないチケットを買ってしまった」と後悔なさった方、さまざまだろうと思いますが、全体的にはかなりコンパクトにまとまっていたのではないかと思います。

以下、ネタバレ込みの感想です。
通常、ワキは一畳台の上に居るのですが、今回は半畳台にしました。あれぐらいの大きさの方が高座石の雰囲気が出るのではないかと思います。また、前場は法華経の難解なことばが沢山出てきて、現代のわたし達には詞章なしには理解することが出来ないところが多いため、思い切って詞章をカットすることにしました。「実盛」風に日蓮の説法の最中に前シテが登場する方がドラマ性があっていいのではないかという浅井師のご提案で、そのような形になるよう手を加えてあります。シテの中入した時の笛は六郎兵衛師のアイデア。池の大蛇を髣髴とさせるどろどろ感が良く出ていましたよね。

後場、白頭に大きな龍戴の後ジテがゆっくり歩みを運ぶ姿は、重い罪障を背負わされた女人の苦しみとオーバーラップするようですらありました。あの長袴姿で半畳台の周りを回るところはなかなか圧巻。七面大明神縁起の舞台化という意味ではあれぐらいやってもいいでしょう。そして天女への早変わり。歌舞伎チックな外連味を出すよりはもっと正々堂々と物着をしようということで、物着アシライの間に脱皮?したわけですが、後見の手際が良かったので、とてもスムーズでした。天女姿になった後シテの可愛いこと。本当に嬉しそうに軽やかに神楽(直らず神楽留にする)を舞う姿が印象的でした。この部分も、意識的にワキに向かって受ける型を多くなさっていたのですが、お気づきになりましたでしょうか。

終演後、「面白かった」と言って下さる方もいらっしゃって、台本検討に関係した者としましては肩の荷が下りたような気がいたしました。文言をカットすることで法華経(ひいては日蓮宗)の宣伝という色合いは若干薄まってしまいますが、舞台を見ずに詞章と首っ引きで謡を聴くだけ、というのではあまりに勿体ない。このような試みもたまには悪くないのだろうと思った次第です。

国立能楽堂能楽研究講座 

2005年08月12日(金) 11時57分
9月6日、国立能楽堂9月の企画公演『現在七面』についての研究講座を開催することとなりました。この曲は現在観世・金剛のみの現行曲で、面を二つ重ねて後シテが舞台上で竜女から天女に変ずるところが最大の見せ場となっています。法華経信仰のCM的な要素の強い作品ゆえ、詞章が現在のわたし達にはわかりにくいところもあるので、シテの浅井文義師ともご相談しながら詞章を若干短縮してすっきりさせてみました。中世末から近世にかけての身延信仰・七面信仰と密接な関わりのある作品ですので、研究講座ではその辺りを中心にお話させていただくつもりでおります。公演ともどもお出ましいただけましたら幸いです。もちろん浅井師のお話も伺うことができますよ。公開講座の詳細はこちらをご参照下さいませ。
以下は公演のご案内です。

国立能楽堂・企画公演 ◎特集・女人成仏
開演日 2005年9月22日(木)
開演時間 18:30
演目・主な出演者  
お話 山折哲雄
狂言 鬼瓦(おにがわら) 善竹十郎(大蔵流)
能   現在七面(げんざいしちめん) 浅井文義(観世流)

前売開始日 電話予約 : 2005年8月9日(火)
窓口販売 : 2005年8月12日(金)
正 面  6,100円
脇正面 4,700円 (学生 3,300円)
中正面 3,100円 (学生 2,200円)
国立劇場チケットセンター(10:00〜17:00)
0570−03−3333[ナビダイヤル]
03−3230−3000[PHS]

久しぶりすぎ 

2005年07月25日(月) 19時02分
気がつけば、こちらも一年近く放置していました。もし、お立ち寄り下さっていた方がいらっしゃったらごめんなさい。マメに更新したいとは思いながら、仕事に忙殺されて手が回らないのです。
そろそろ世間では夏休みモードですが、7〜9月はここやかしこの公開講座その他オープンキャンパスなどの仕事があり、加えてレポート添削もしなくてはならなかったりして、例によって例の如く暇なしの夏。しっかりスタミナ付けて乗り切りたいものです。

もう長月も折り返し 

2004年09月13日(月) 14時45分

雑事にかまけているうちに、すっかり間が開いてしまいました。「やっぱり三日坊主か」という声がそこここから聞こえて来るような。ほとんど休む間もない過酷な夏でしたが、それでも学会のついでに(?)神護寺でかわらけ投げをしたり、比叡山に行ったり、鱧料理に舌鼓を打ったり、それなりの息抜きはできたので良しといたしましょう。

そして、そろそろ芸術の秋ですね。みなさまはどんな舞台を御覧になるご予定でしょうか。時間とお財布が許すなら、拝見したい舞台は際限がなく。悩ましい季節の始まりです。

マナー以前 

2004年08月05日(木) 16時08分
昨日はゼミの学生たちと一緒に、国立能楽堂定例公演を見に行きました。能楽堂の車寄せには横付けされたマイクロバス。エントランスにはVサインをしながら写真を撮っているお若い人々の集団。夏休みを利用しての観劇ツアーか何かでしょうか。ちょっと嫌な予感はしたのです。

その予感は的中。「夕顔」の最後、序ノ舞が終わって「夕顔の笑みの眉」あたりだったでしょうか。やにわに脇正面(中正面より)から一人が立ち上がったかと思うや、次々に立ち上がり、大きな荷物を持った集団が出口の方へ走り抜けて行くのです。蜘蛛の子を散らすように。いや、もっと正確に言うなら「邯鄲」の最後で大臣その他が切戸口から姿を消す時のように。そう、彼らは終演"予定"時間きっかりに姿を消したのでありました。ある意味あっぱれ。

きっと、彼らの大部分は、舞台なんかほとんど見ずに、時計ばかりを気にしていたに違いありません。そんなタイトなスケジュールを組むなら、最初から予定に入れなければいいのに・・・。ああいう行為が演者に失礼であるばかりでなく、他の観客にどれほど迷惑であるかが全くわかっていないのでしょう。舞台の余韻を味わうどころか、なんとも暗澹たる気分になりました。

CD-BOOK 声で楽しむ「平家物語」名場面 

2004年07月31日(土) 22時39分
能に大きな影響を与えた平曲。この本には、その平曲の相伝者が、「語り手」の立場で自ら選んだ「語っても聴いても読んでもおもしろい」、以下の25句を所収しています。 所載されているものは以下の通り。

祇園精舎/鱸/康頼祝詞/卒塔婆流/足摺/僧都死去/橋合戦/鵺/八坂流訪月/富士川/紅葉
/小督/実盛最期/忠度最期/宇佐行幸/宇治川/木曾最期/敦盛最期/千寿前/那須与一/先帝御入水/能登殿最期/内侍所都入/六代被斬/小原御幸

大活字・総ルビの原文は読者にとってはありがたい限り。平曲や平家物語に関するエッセイ、現代語のあらすじなどもあって、読み応えたっぷりの一冊です。 おまけに、附録のCDに、著者による平家琵琶の「語り」が収められていますので、まさに一冊で二度美味しいといった感じです。この語りがとても素晴らしい。テキストを見なくても、頭の中にダイレクトにことばが飛び込んできて、その情景が目の前に立ち上がってくるのです。「語り」、そして「ことば」が本来持っていた力を改めて感じさせられました。

著者の鈴木まどか氏は、前田流平家詞曲相伝。 母上が平家詞曲相伝の家・弘前藩楠美家の出身という縁で、1982年1月(小学6年生)より平家詞曲を志され、 1994年、平家詞曲全200句を修得。 1998年、無形文化財保持者・故館山甲午師(楠美家一族)の子息、館山宣昭師より相伝を許されておられます。若き前田流相伝者の鈴木氏の今後のご活躍、とっても楽しみです。

華麗なる小鼓筒蒔絵の世界 ―生田コレクション展― 

2004年07月22日(木) 9時09分
生田コレクションは、明治大正期、生田秀氏、生田耕一氏を中心に蒐集された小鼓筒88本を根幹とする大変めずらしく貴重なコレクションです。阿古、女阿古、千種、阿波、多武峯、南音羽、南折居、北下居、道本といった、室町時代から江戸初期にかけての代表的な作者の作品を公開!
これほど多く名人の作が一挙に公開展示されるのも初めてとなります。
はるかなる時を超えてなお、私たちの耳に響く小鼓の世界をお楽しみください。

[開催日程]2004年9月30日(木)〜10月17日(日)
[開催場所]池坊短期大学むろまち美術館(京都市下京区室町四条下る)
[開館時間]10:00〜18:00(但し、最終日は16:00迄)
[入 場 料]500円 学生無料
[会場の電話]075-351-8581
[会場へのアクセス]地下鉄「四条」阪急「烏丸」徒歩2分
[主催] 伝統文化支援協会
[制作] 伝統文化プロデュース 連  鼓魂の会  菓子文化研究会
[協力] 華道家元池坊 学校法人池坊学園
[後援] 京都府 京都市 京都新聞社 NHK
[協賛] 岡三証券(株)
[賛助] (株)アサコ (株)老松 (株)白峰
[問合せ]電話 075-213-3792(白峰)※平日10:00-17:00
     e-mail info@ren-produce.com
[ホームページ] http://www.hanatudumi.com
http://www.ren-produce.com
※各会場にて記念出版本『小鼓』販売(1000円)
※鼓魂の会とのお得な前売りチケットが有ります。

鼓魂(こだま)の会 

2004年07月21日(水) 9時31分
[日 時]10月15日(金)18:00〜20:45 京都観世会館 (京都市左京区岡崎円勝寺町)
[会場の電話]075-771-6114
[会場へのアクセス]市バス「京都会館美術館前」徒歩5分
          地下鉄東西線「東山駅」下車徒歩10分
[内容]生田コレクションの室町期から江戸初期までの代表的な筒作品の、音を聞き比べていただき、鼓にまつわる能「天鼓」を鑑賞していただきます。
[トピック]華道家元次期家元池坊由紀様のお花が当日ロビーに飾られます。

<第一部> 鼓筒 音くらべ(生田コレクションの代表的な筒を使用)
           解説 生田秀昭
           幸流小鼓方 林光壽  大倉流小鼓方 大倉源次郎
生田秀昭所蔵筒使用
 一調 松 虫 (まつむし)  井上裕久   林光壽

<第2部> 能楽鑑賞会
狂言 神 鳴(かみなり) 神鳴 茂山正邦 医師 網谷正美
        地謡 茂山七五三 佐々木千吉 柳本勝海

生田秀昭所蔵 生阿弥作 大倉長右衛門宗悦皆庵極筒使用
能 天 鼓 (てんこ) シテ 片山清司 ワキ 福王和幸 アイ 茂山七五三

   笛 藤田六郎兵衛 小鼓 大倉源次郎 大鼓 山本哲也 太鼓 井上敬介
   地謡 武田大志    寺澤幸祐   橋本忠樹  味方 玄
          浦部幸裕  地頭・河村和重   橋本光史  片山伸吾

[当日料金]1階自由席 4500円 2階自由席 1500円
[前売り料金]1階自由席4500円(含展覧会・記念本付)2階自由席1500円(含展覧会)
〔前売りチケット取扱〕 
◆ チケット ぴあ (8月15日販売開始10月12日迄お求め頂けます)
 Pコード 355−960
(全国のファミリーマートなどの、ぴあ端末でPコードを打ち込むとチケットをお求め頂けます。)
連絡先:Pコード予約(音声自動応答) 
0570−02−9966(10:00AM〜11:30PM)
オペレーター予約(音声認識予約システム・オペレーター対応)
0570−02−9999(10:00AM〜6:00PM)

第八回 能装束・能面展 

2004年07月20日(火) 8時21分
blogサーバーがメンテナンスに次ぐメンテナンスで使い物にならないので、こちらに移転してみました。本当は自分でcgiをいじって設置すれば良いのでしょうが・・・。

さて、今回は(財)片山家能楽・京舞保存財団による、恒例の能装束・能面展のご案内です。今年度のテーマは「能にみる子方の役割」ということですので、ご興味がおありの方は是非足を運んでみてください。

第八回 能装束・能面展―能にみる子方の役割 ―

日時:2004年7月30日〜8月1日 10:00〜18:00(最終日のみ〜17:00)
場所:京都文化博物館(京都市中京区三条高倉)
入場料:無料
お問い合わせ:(財)片山家能楽・京舞保存財団 
          TEL 075-551-6535(会期中のみ075-222-1661)
2005年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:tawoyame
読者になる
Yapme!一覧
読者になる