プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:tatuya-miyavi
読者になる
Yapme!一覧
読者になる
Yの優しさ / 2005ねん08がつ07にち(日)
あたしは、のかっこ良さにも惚れたけど
あたしは、顔がかっこよくても性格が悪かったら
顔まで悪く見える。それほど性格重視。
どんなに顔が悪くても性格がよければ好きになる。
だからあたしは、友達に変な趣味って言われる。
けど、性格が悪い人なんてあたしは嫌い。
はとっても優しい。あたしが、小学校の時、
団地の人にハブかれてたとき。
団地であたしの学年は9人いて、そのうち女子が6人。
あたしは、ハブかれた。いつものこと。リーダー的存在の
とにかく気に入らない人をハブく。あたしだけじゃなく
ほかの子もハブかれている。はあたしを助けてくれた。
ランドセルを学校帰りの川に落とされて、あたしをこかして
靴を脱がしてその靴をランドセルが落ちている川へ投げ込まれた。
とその取り巻きみたいなは口々に言った。
ざまーみろ。裸足で家に帰れ。
男好き。消えろ。ウザイ。
お前なんか誰からも好かれてないんだ。
大嫌い。もう一緒に遊ばない。
なんて言われた。ぶっちゃければ、あたしは社交的だから、
年上にも友達はいたし、団地の仔だけが友達じゃない。
団地の仔はみんなに従う。奴隷のような存在。
そして、ほかの仔とは仲良くしない。あたしが、他の仔と
仲良くするのを気に食わなかっただけだと思う。
だけど、あたしは小学生だったから結構それなりに傷ついた。
その4人はあたしを置いてさっさと帰ってった。笑いながら。
 
 この先に続く物語...  
かいたじかん: 12:00/ このきじのURL
Yとのカンケイ? / 2005ねん07がつ31にち(日)
は、あたしと小学校が一緒で、
あたしの学校で学年1カッコイイ人として
有名だった。同じ団地で小3の時に、同じクラスになり
登校班(学校へ行く時の団地での班)が一緒で、
それなりに仲良くしていた。仲良くしていくうちに
のことが好きになっていた。が、には両思いと
噂されている女の仔がいて、その仔も同じ団地で同じクラスで
あたしよりもの家に近い仔だった。あたしは、負けずと、
その仔の真似ばかりしていた(今思えば最低だけどこの時は必死だった。笑)
その仔が、にあだ名をつければすかさずあたしもそのあだ名で呼び、
その仔がを呼び捨てにしたらあたしも呼び捨てにした。
いつの間にか、その仔はのことを普通に苗字で呼ぶようになり、
あたしは、なぜか慣れてしまい、小5の途中まで呼び捨てだった。
 
 この先に続く物語...  
かいたじかん: 17:35/ このきじのURL
P R
お 世 話 様
 
 
GMO MadiaHoldings, Inc.