テレビ出演! 

2015年04月22日(水) 15時55分
本日深夜1:55〜関西テレビにて「横山由依(AKB48)がはんなり巡る 京都いろどり日記SP 〜ゆいはんと川栄 春爛漫の嵐山二人旅〜」という番組があり、能の体験で出演させて頂きます!


テレビを通してお能の紹介ができるのはとても嬉しいです。お能のお稽古というのは中々敷居が高く、自分とは関係のないもの、と思われる方が多いと思います。


お稽古というと堅苦しいイメージがありますが、お稽古を通して、四季折々の謡を謡ったり、舞の中で物語の登場人物を演じる事で、自分の日常を豊かにするのが一番の目的です。


花を見て春を感じたり、月を見て心を澄ましたり、時を超えて自分の中に日本の心を見出す事ができると思います。




精一杯頑張りましたが、果たしてどのように映っている事やら…少しドキドキしています(笑)この番組をご覧になってお能に少しでも興味をお持ち頂ければ幸いです!






一週間 

2015年04月13日(月) 13時16分
あっと言う間の一週間が過ぎました。


月曜日はお稽古とテレビの撮影がありました。撮影の中でAKBの横山さん、川栄さんが小鼓とお能の体験をなさいました。職種として遠い様で近い為か、小鼓も舞もとても上手になさっていました!


火曜日は竜成の会の事後処理をして一日が過ぎました。


水曜日は事後処理が完了。夜は五月末に太秦映画村にて開催されるイベントの打ち合わせ。とても熱く、面白い打ち合わせでした。また詳細が決まり次第こちらにてお知らせ致します。




京都、岡崎の夜桜。春宵一刻値千金の眺め。






木曜日はリハーサル、金曜日は三輪大社にて奉納、土曜日は椿大神社にて奉納。




椿大神社は満開の桜。






名にし負う椿の花。




そして日曜日は金剛能楽堂にて舞台。熊野の後見と海人の地謡でした。地謡では久しぶりに手応えのある貴重な時間を舞台の上の特等席で過ごしました。




そして舞台を終えて亀岡にて会食。初めての場所で知人に会い、そしてそこから繋がる人の輪。庭には桜が雪の様に舞い、不思議なご縁を感じた特別な夜でした。


また一週間の始まり。今週もしっかりと前に進もうと思います!


テュラテュラテュラテュラテュラテュララ〜♪(笑)



あっと言う間の 

2015年04月05日(日) 9時20分
一週間でした。今週は桜が満開でしたね!
雨も多く、タイミングが合わないと見逃してしまう様な今年の桜でした。


今年の桜や春雨に長閑ならざる思いをなさった方も多かった事だと思われます。


さて今週は4月2日に松尾大社にて奉納をさせて頂きました。この松尾大社では「松の尾」というオリジナルの謡があり、この例大祭では御神前にて、松尾の神様を仰ぐ謡が奉納されます。






松尾大社の桜。ご創建は1300年も前に遡る、京都でも古い神社です。また、醸造の神様としても知られています。直会にて美味しい粕汁を頂きました。








そして昨日は伊予の松山、東雲神社にて奉納がありました。今回は松山藩主であった久松家のご当主、久松様のご婚礼に寄せて、高砂の能が奉納されました。高砂は夫婦和合、寿命長久のめでたい曲目です。高砂というと、箒を持ったお爺さんお婆さんが登場します。この二人が何故めでたいのでしょうか…。


今では当たり前かもしれませんが、時代背景として、今より平均寿命が短い中に、夫婦が互いに白髪の老人になるまで添い遂げるという事は、とてもめでたい事だったと言います。


またずっと仲良く共に人生を歩んで来られたのは、とてもめでたい事です。これは現代でもそうですね(笑)
能の世界では現在では当たり前だった事が、とても得難く、またその逆の事もあり、当時の世界観を通して現在を客観視する事ができます。


この天気の中、雨が降らずに無事、奉納が終わったのは東雲の神様のご加護であった様な、そんな特別な感じがしました!








そして今は新幹線で東京へ向かっております。今日は渋谷のセルリアンタワーにある能楽堂にて公演があります。最後の悪足掻きで、謡本とにらめっこしております!(笑)




富士山は冬に限らず雪を頂く為、「時知らぬ山」と呼ばれていた様です。そして、この時代の富士山には煙りが立ち昇っていた様です。富士の山神、かぐや姫の伝説、不死の薬など、現代では中々見つからないアドベンチャーの世界です。

無事に勤められる様にもう少し足掻いてみます!!


奉納! 

2015年03月30日(月) 17時15分
竜成の会から約半月。事後処理をしながら舞台と稽古に明け暮れる毎日です。






昨日はご縁あって丹後の国一ノ宮、籠神社(このじんじゃ)にて奉納をさせて頂きました。お力添えを賜りました皆様、有難うございました!


籠神社は伊勢神宮が今の場所へ遷る以前に祀られた社です。ご神前にて正式参拝の後、私と弟の二人で神歌と仕舞を奉納しました。






奉納を終えた後は天橋立を見て、昼食を頂き、大江山へ。






ここにも元伊勢の社、皇大神社があります。お参りを済ませ京都に戻りました。京都に戻り、上賀茂にて人生初のナマズ料理を頂きました。

この度のご縁を大切にして、神社への奉納、天橋立での活動にも力を入れていこうと思っております。


また来月からも舞台ラッシュが続きますが、竜成の会もしっかりと進めていきたいと思います!ブログもボチボチ再開していきます!





第一回 竜成の会にて 

2015年03月16日(月) 13時16分

先日の第一回 竜成の会にて、公演前に舞台上でご挨拶をさせて頂きました。


公演前の挨拶は異例の事で、更に満員のお客様の前でお話するのはとても緊張しましたが、自分の思いをお伝えするにはこの機会が良かったのだと思います。


そして挨拶の中で、皆様と記念撮影をしました!撮影にはリコー THETAというカメラを使いました。


これは全天球の撮影が可能なカメラです。これは今回の竜成の会の為に頂戴したものです!本当に有難うございます!!



第一回 竜成の会にて


こちらがその写真です。(第一回 竜成の会にて の文字をクリックして下さい)お客様のプライバシーの問題がありましたが、気になる方にはチケットの半券、能面の部分でお顔を隠して頂きました(笑)






能面の目線が体験できるチケット。


思ったより客席と舞台の光の加減で鮮明な写真にはなりませんでしたが、二度と再現できない一期一会の瞬間を撮ったものです。これは一生の宝物になります。


能の舞台は一回限りの公演ですが、それらはご覧頂いた皆様の心の中に残っていくのだと思います。お祝いのお言葉、メールなど本当に有難うございます。


改めて御礼申し上げます!本当に有難うございました!


宇高竜成

第一回 竜成の会! 

2015年03月15日(日) 13時49分

昨日は第一回 竜成の会が開催されました!


多くのお客様にお越し頂き、お陰様で無事に大曲「望月」の披きを勤める事ができました。本当に有難うございました!


発会のお許しを頂きました金剛ご宗家、お力添えを賜りました諸先輩方、プロジェクト開始時よりお力添えを賜りました方々、美味しいワインを提供頂きましたスロベニア大使様、レセプションをご用意頂きましたTHE GREEN中鶴様、竜成の会の為におよそ一年を費やして支えて下さった菱沼様、土井様、当日お手伝い頂きました皆様、そして家族、ここに書きつくせない方もございます…何よりご来場賜りました皆様に心より御礼申し上げます。


本当に有難うございました!




宇高竜成









いよいよ本日 

2015年03月14日(土) 11時35分
第一回 竜成の会の開催です。主催者が雨男のせいか生憎のお天気となりましたが、もしかしたら午後から晴れるかもしれません。皆様どうぞお気をつけてお越し下さいませ。


それではお先に参りまして、金剛能楽堂にてお待ち申し上げます!


また、当日券も若干ございますので、ギリギリにスケジュールが確定する方もどうぞお気軽にお越し下さい。


今日一日、どんな日になるのでしょうか…楽しみにしております!




宇高竜成



明日! 

2015年03月12日(木) 12時56分
日付が変わり、第一回 竜成の会もいよいよ明日となりました!


一昨日はリハーサル(能の業界用語で申し合わせといいます。)がありました。通常は申し合わせで、役者が集まって一度合わせたら、あとは本番です。


全員で何度も練習をして上手にやるよりも、個々が稽古をした状態で、緊張感を持って舞台に立つのが能のスタイルです。


そして今回は、望月のツレ(安田友春の妻)が使用する面「曲見(しゃくみ)」を姉の能面作家 宇高景子(うだか けいこ)に打ってもらいました!申し合わせに姉も同席して、楽屋で先生方に面を見て頂きました。


今回は特別にその能面が出来上がるまでを写真に収めて頂いたので、ここにて公開させて頂きます!




まずはこの状態。材質はヒノキです。その中でも日の当たりにくい東北の方角の部分、即ち成長の遅く年輪の目が細かい部分を使います。






最初は大きな刀で角を落としていきますが、やがて細かい作業に入ります。目や口、毛描き等を書き入れていきます。







裏の部分も削っていきます。最終的には目、鼻、口と面紐を通す為の穴を開けます。







目の上の凹凸や、鼻の出っ張り。頬の丸みなど、繊細な作業が続いていきます。慣れてくると、彫っていくのではなくて、余分な部分を取り除いていく様にするのだそうです。








口に立体感が出てきました。この面は上の歯が見える状態のものなので、唇と歯を彫り出します。また、性別や年齢、キャラクターによって口角の上がり具合も変わってきます。








だいぶ雰囲気が出てきました。








ここで目、鼻、口の穴が開きました。聞くところによると、これらの穴が開いた時に、能面は命を吹き込まれるのだそうです。










うわっ!ちょっと寄り過ぎです(笑)この段階では膠(にかわ・動物性のコラーゲン)と胡粉(ごふん・貝を砕いて磨り潰した粉)をブレンドして、肌のベースを作ります。







能面の顔は真っ白いイメージがありますが、それでは顔がのっぺり見えます。顔に立体感を出すためには影をつけるメイクを施します。これは現代の女性のメイクにも通ずるものなのでしょうか…?






彩色を施すと、能面らしさが出てきます。出来立ての能面でも、経年変化を伴う様な見た目になっていきます。








そして完成です!曲見(しゃくみ)はお母さんの顔です。望月では安田友春の妻、即ち花若の母です。当日の舞台ではどんな表情を浮かべるのでしょうか。今から楽しみです。


また、当日ロビーにて能面作家 宇高景子の作ったアクセサリーも販売される様です。能面について色々と興味を持たれた方はどうぞお気軽にお声掛け下さい!




それではおやすみなさい^_^


宇高竜成 ホームページ







あと6日! 

2015年03月08日(日) 21時18分

第一回 竜成の会まであと6日になりました!まだまだ色々と準備がありますが、まずは今日この日まで漕ぎ付ける事ができたのは、ご来場賜る皆様、お力添え、お手伝いを頂いている方々のお陰です。


それとは別に、家を支え、息子を育て、事務局をも支えている家内に感謝です。


あと6日で皆様のお力添えに、やっと報いる事ができます。明日の舞台が終わったら、あとは竜成の会の事に集中していこうと思います!


お陰様で一部の席で売り切れが出て参りましたが、まだまだ席はございます!まだ迷ってらっしゃる方、ギリギリまでご予定が分からない方も、お問い合わせをお持ち申し上げます^_^


宇高竜成 ホームページ

桃の節句 

2015年03月04日(水) 0時12分
もう日付が変わりましたが、3月3日は桃の節句、いわゆる、ひなまつりでしたね。


ひなまつりの歌に、五人囃子の笛太鼓〜♪とありますが、お能の囃子方の並びに地謡を加えた並びになっている事を以前のブログでご紹介しました。


この、地謡は楽器の代わりに扇を持っているのですが、この扇の持ち方には色々あります。




最近、大先輩から聞いたのですが、地謡の扇の持ち方には真・行・草の三種があるそうです。





左側:一番正式なのは扇を立てる真の構え。


右側:その反対に、略式は扇が横一文字になる草の構え。


中央:そしてそれらの中間が行の構えになります。


僕達金剛流では能装束を着けた役者が舞台に立つ時には真の構え、紋付袴や裃姿の役者が舞う時や、謡だけを披露する場合は草の構えをします。またこの構えは流儀によっても違いがあります。


(ちなみに行の構えは金剛流にはありません。)


この、真行草の考えは能に限らず茶道や華道、また武道や書道にもありますよね。


こういった昔からの考えは日常レベルまで落とし込まれていて、意外に身近なところに隠されています。見つけると「そう言えばそうやな!」と、新鮮な発見になります。


まだまだ僕の知らない真行草がいっぱいあると思うので、これからも見つけていこうと思います!



宇高竜成 ホームページ

第一回 竜成の会 プロモーション動画

2015年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像豪太
» 一週間 (2015年04月13日)
アイコン画像豪太
» 昨日は (2015年02月17日)
アイコン画像tatsushige3
» 初めての能楽を10倍楽しむ秘訣 (2015年01月31日)
アイコン画像杉山 登
» 初めての能楽を10倍楽しむ秘訣 (2015年01月18日)
アイコン画像tatsushige3
» 2014年 (2014年12月31日)
アイコン画像熊本の匿名希望
» 2014年 (2014年12月31日)
アイコン画像abon ikan murah
» 乱 参 (2013年12月13日)
アイコン画像Toko Tas Kw Termurah Jogja
» 乱 参 (2013年12月12日)
アイコン画像Toko Tas Import Termurah Mangga Dua
» 二人静 八 (2013年12月12日)
アイコン画像Toko Tas Termurah di Jakarta Timur
» 乱 参 (2013年11月22日)
月別アーカイブ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:tatsushige3
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:1981年12月21日
  • アイコン画像 血液型:A型
読者になる
宇 竜成 (うだか たつしげ) 金剛流 能楽師 昭和56年12月21日生まれ。 舞台活動の傍ら、初心者にもわかりやすく楽しめる 「能楽ワークショップ」を企画し、2007年にはパリ、 2008年には韓国にてもワークショップを行う。 現在京都を中心に活動中。
Yapme!一覧
読者になる