IFRSタクソノミの日本語翻訳版を公表、IASCF / 2010年04月05日(月)
 IASCF(国際会計基準委員会財団)は3月30日、IFRS(国際財務報告基準、国際会計基準)で利用できるXBRLタクソノミの日本語翻訳版を公開したと発表した。IASCFは英語のIFRSタクソノミを中国語や韓国語、フランス語などに翻訳していて、日本語訳についても作業を進めていた。

 日本語に翻訳したのはIFRSタクソノミの2009年版。まずは項目の表示順などを定義するリンクベースのみがダウンロード可能で、IFRSタクソノミの内容を確認できる「IFRS Taxonomy Illustrated」や、利用支援ツールの「The IFRS Taxonomy Modules Manager」の日本語対応は、まもなく開始する予定だ。

 IFRSタクソノミの2010年版は現在、公開草案を公表しコメントを集めている。 IASCFは最終決定でき次第、2010年版の翻訳作業を開始するとしている。 4月2日20時32分配信 @IT
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100402-00000002-zdn_ait-sci
 
   
Posted at 03:07/ この記事のURL
ネット配信の音楽著作権処理を簡便に――4月から新システムが稼動 / 2010年04月05日(月)
 著作権情報集中処理機構(CDC)は2010年3月31日、著作権情報の集中処理システムサービスを4月1日から始めると発表した。音楽配信事業者や著作権管理事業者が利用する。音楽配信事業者が権利者を確認して楽曲の利用を報告したりする権利処理の負荷を低減する狙い。権利処理の基盤を整備してデジタルコンテンツ流通を促進する。

【詳細画像または表】

 新システムの名称は「Fluzo」。携帯電話など向けに音楽を配信する事業者と日本音楽著作権協会(JASRAC)などの著作権管理事業者との間の権利処理に利用する。当初は、エクシングやエムティーアイなど大手配信事業者10社と日本音楽著作権協会(JASRAC)やジャパン・ライツ・クリアランスなどの著作権管理事業者4団体が利用する。2011年3月末までに約50社が導入する見込みだ。

 音楽配信事業者が配信する音源を申請。著作権管理事業者はここで割り振られたIDを基に、著作権を管理している楽曲のうちどの曲が利用されたかの情報などを蓄積する。著作権管理事業者4団体が管理する楽曲の統合データベースを作り、どの団体が著作権を管理している楽曲でもFluzoを通して権利処理ができるようにした。音楽ファイルを基にして楽曲名を自動的に割り出せる「フィンガープリント」技術も導入して権利処理に要する時間を低減する。約800万曲のデータから曲名を検索できるようにした。

 携帯電話などで音楽を配信する際は、どの曲を配信したかなどを楽曲の著作権を管理する著作権管理事業者に報告する必要がある。著作権管理事業者は複数あり、配信する楽曲の著作権をどの著作権処理事業者が管理しているかを個別に調べる必要があった。新システムを使うとこうした調査で、どの著作権管理事業者が管理している楽曲かが従来と比べて簡単に分かるようになる。

 CDCは一般社団法人として2009年3月、音楽配信事業者と権利者団体が共同で設立した。CDCによれば「着うた」や「着メロ」など、2009年の携帯電話向け音楽配信の販売額は1545億円。8200ものサイトが音楽を配信している。音楽配信市場の規模拡大とともに、利用報告などの著作権処理に要する配信事業者の負荷が高まっていた。Fluzoはこれを解消するためにCDCが開発したシステムで「著作権処理にかかる配信事業者のコストは従来の半分以下になるのでは」とみる関係者もいる。

(文/吾妻拓=日経トレンディネット)

【3月31日22時59分配信 nikkei TRENDYnet
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100331-00000007-nkbp_tren-inet
 
   
Posted at 02:29/ この記事のURL
フリー記者参加ブロックする 記者クラブ幹事社という存在 / 2010年04月05日(月)
 各省庁でフリーライターらへの会見開放度を総務省が発表した。しかし、記者クラブによって対応に違いがあると、開放度の分類に不満が上がっている。クラブの幹事をしているマスコミが、なかなか会見での質問などを了解しないというのだ。

 各省庁の記者会見について、総務省は、フリーライターらへの開放度を調査し、A〜Dまでの4段階に分けた。それを、原口一博総務相が2010年3月30日、閣議後会見で発表した。

■総務省の開放度分け、実態を反映せず

 ところが、この段階分けが、ライターらから不評を買っている。4月2日の会見では、ライターの畠山理仁さんが、ライターやネットメディアが参加も質問もできるA段階でも、記者クラブ側の了解を得るのが難しい場合があると訴えたのだ。

 総務省の調査によると、A段階が14府省庁。同省を始め、鳩山由紀夫首相が会見を開放したばかりの内閣官房、亀井静香郵政・金融担当相がフリー向けの別の会見を設定している金融庁などが含まれている。B段階は、ライターらが参加できるが質問できないもので、厚労省など4府省庁ある。さらに、日本新聞協会、日本民間放送連盟に加盟している社は参加も質問もできるのがCで国家公安委員会など3府省庁、記者クラブのみなのがDで宮内庁など3府省庁だ。

 省庁の会見は、記者クラブ主催になっているケースが多く、畠山さんによると、A段階といってもクラブによって様々なケースがある。その中には、参加基準がある程度はっきりした総務省などのほか、基準がはっきりしていない省庁もある。クラブでは、月ごとなどに会見を仕切る幹事社が選ばれており、その場合、幹事社の恣意的な判断による場合が多いというのだ。

■ライター「厳密に分けて下さい」

 原口総務相も、記者会見の開放度を4段階にくくったものの、2010年4月2日の会見で、「Aについても、かなり違いがあります」と認めた。そのうえで、フリーライターらの参加や質問を了解したクラブについては、「(行政への)公正なアクセスに協力していただき、御礼申し上げます」と述べた。

 一方で、原口総務相は、3月30日の会見では、畠山理仁さんからの質問に、こう答えている。

  「AというからAが一番いいとか、ABCDに価値はないのですよ」「A級ライセンスと言うと、さもいいみたいですけれど、まだ単にABCDを付けただけです」

調査は、あくまでも客観的に区分けして現状報告しただけで、総務省が独立した他省庁に口出しするようなものではないと言いたいようだ。

 とはいえ、その「客観的な区分け」そのものに、疑問の声が出ているのだ。4月2日の会見に出席したフリーライターの小川裕夫さんは、こう言う。

  「幹事社の了解がなかなか得られないというのは、『参加できない』というのと同じではないですか。CやDの段階がそういうくくりなので、『そっちなんじゃないの』ということです。そういう意味で、確かにAが一番いいとかではありませんね。BよりAの方が開放度が高いところもありますが、玉石混淆ということです。大臣には、AからDまで厳密に分けて下さいと言いたいですよ」


■4月2日20時12分配信 J-CASTニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100402-00000005-jct-soci
 
   
Posted at 01:50/ この記事のURL
【インド株】4/1午前、続伸:アジア主要国市場と同一歩調 / 2010年04月05日(月)
 ボンベイ証券取引所(BSE)のSENSEX指数は1日13時29分現在、3月31日の終値比101.78ポイント高の17,629.55ポイント。率にして0.58%の反発となっている。

 この日の日経平均が約154円反発し、約1年半ぶりの高値に達した上、上海総合指数も2カ月ぶりの高値を記録しており、アジア主要国の株式市場における強い動きを好感して、当地も堅調な動きとなっている。ただ、3連休を控えた利益確定や持ち高軽減の動きも活発化している。

 31日の同指数終値は30日の終値比62.40ポイント安の17,527.77ポイント。率にして0.35%の続落。指数構成30銘柄のうち、値上がりが13銘柄、値下がりが17銘柄だった。

 個別銘柄では、住宅開発金融会社(HDFC)の2.85%上昇、リライアンス・コミュニケーションズの2.62%上昇、国家火力発電公社(NTPC)の1.97%上昇、サン・ファーマシューティカルの1.77%上昇、HDFC銀行の1.37%上昇などが目立った。一方、下落銘柄で目立ったものは、タタ・コンサルタンシー・サービシズの2.49%下落、ITCの2.14%下落、ヒーロー・ホンダの1.23%下落、リライアンス・インダストリーズの1.21%下落、ヒンダルコの1.12%下落など。

 投資主体別に見ると、外国機関投資家(FII)が43億3,520万ルピーの買い越しを継続した一方、国内機関投資家(DII)は35億6,580万ルピーの売り越しに転じた。(ボンベイ証券取引所=BSEの取引記録などから)

04/01/2010 4月2日8時0分配信 インド新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100402-00000002-indonews-int
 
   
Posted at 01:10/ この記事のURL
グーグル、債券トレーダーを募集 潤沢な資金を投資運用へ、将来的に金融業へ進出も / 2010年04月04日(日)
 インターネット検索大手の米グーグルが、新しく外国債券トレーダー職を募集していることが先月明らかになった。同社サイトで告知されており、米紙ニューヨーク・タイムズなどが報道するなど同社の動向に注目が集まっている。

 グーグルは創業してから今年で12年と企業としてはまもないが、時価総額はトヨタを上回る規模にまで急成長を遂げ、世界的にも大企業の仲間入りを果たしている。しかも無借金経営で営業利益率は35%以上と、財務的にも超が付くほどの優良会社だ。

 これまでグーグルは投資家から集めた資金や、事業で得た売上は研究開発などに投入してきた。しかしそれでも使い切れず、現金に換金可能な資産は、1兆3000億円にまで膨れ上がっている。今回の募集は、社内に眠っている潤沢な資産を効率的に運用していくためのものと見られている。

 募集要項によれば、外国債、米国債や住宅ローン債券などを組み合わせて運用できるトレーダーを求めており、「5年以上の実務経験」や「企業投資と会計に精通していること」、さらには「ユーモアのセンスがあること」が応募資格となっている。

 米メディアによると、グーグルは、かつて創業者のセルゲイ・ブリン氏がヘッジファンド設立も考えたこともあったが、法的に困難が生じることからエリック・シュミットCEOが止めた過去があったようだ。しかし「金融」と「情報」はもともと関連性が高く、同社には世界中の金融データ、マーケット情報など運用に必要な情報を収集できる能力と施設が揃っているだけに、今後金融・投資サービスに本格的に進出してくる可能性も考えられる。

【4月4日14時40分配信 MONEYzine
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100404-00000001-sh_mon-bus_all
 
   
Posted at 23:25/ この記事のURL
話題は3D / 2010年04月04日(日)
Gamez Weekly Access:今年6月にロサンゼルスで開催されるE3で詳細が発表される予定の、ニンテンドーDSの新たな一歩となるニンテンドー3DSが採用した裸眼立体視についての記事がもっとも読まれる記事となりました。

 裸眼立体視と10年度に発売されること、そして既存のソフトが引き継げること以外は特に情報はなく、情報がないからこそさまざまな憶測を呼んでいます。

 裸眼で立体視に見えるとはどういうことなのか? まさかマリオが目の前に立ちあがるわけはないと思うが、すでにある技術を取り入れるのが得意な任天堂だけに、どうゲーム性を組み込めるかがキモとなりそうです。なんにしろ、E3以降は順次情報が解禁されると思うのでそれを楽しみに待ちましょう。編集部の予想としては、据え置き機の次なる施策が3Dだと踏んでいただけに、携帯ゲーム機に先だって採用したことを驚きました。

 それにしてもなぜこのタイミングで発表したのでしょうか。この手の新機種などは発表会やカンファレンスまで伏せておき、大々的に発表するのが常です。年度末だからでしょうか……。おかげで慌ててしまいました。2010年度期には発売したいとしていますので、きっと試作機などは動いていることでしょう。早くこの手で触れることを願っています。

●Gamez Weekly Access Top10(2010年03月22日〜2010年03月28日)

1. ニンテンドー3DSで採用される「裸眼立体視」技術ってどういうもの?
http://gamez.itmedia.co.jp/games/articles/1003/24/news071.html

2. 専用レコーダーとの違いは? トルネでできること、できないこと
http://gamez.itmedia.co.jp/games/articles/1003/19/news074.html

3. まさにコロンブスの卵! Twitterのフォロー欄で「あのゲーム」を再現
http://gamez.itmedia.co.jp/games/articles/1003/26/news090.html

※ランキングTop10
→http://gamez.itmedia.co.jp/games/articles/1003/31/news084.html

【4月4日10時7分配信 ITmedia Gamez
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100404-00000001-zdn_g-game
 
   
Posted at 21:47/ この記事のURL
シュートボクシングがYouTubeにチャンネル開設 / 2010年04月04日(日)
 アンディ・サワーらのホームリングで、今年創設25周年を迎える立ち技格闘技イベント「シュートボクシング」が3日、YouTubeにチャンネルを開設、番組配信を開始した。チャンネル名は「SBチャンネル(http://www.youtube.com/shootboxingjapan)」。

 現在プロモーションと試合の動画数本が配信されており、今後はDVD化されていない試合やインタビュー、試合告知などの動画を配信していく予定。

【4月4日7時55分配信 スポーツナビ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100404-00000009-spnavi-fight
 
   
Posted at 21:01/ この記事のURL
プリンスアイスワールド追加公演決定。ゲストに浅田真央が出演! / 2010年04月04日(日)
5月1日(土)から3日(月・祝)に新横浜スケートセンターで開催されるアイスショー『プリンスアイスワールド2010 横浜公演』の追加公演が決定した。追加公演は4日(火・祝)と5日(水・祝)。ゲストに先日の世界フィギュアで2年ぶりに優勝した浅田真央の出演が決定した。浅田のほかにも荒川静香や本田武史、八木沼純子らが出演する。チケットは4月4日(日)より一般発売開始。

浅田真央以外の出演者の写真

また、1日から3日に開催される本公演には、高橋大輔に加え鈴木明子の出演も新たに決定した。本公演のチケットは現在発売中。

出演者は以下のとおり

<5月1日〜3日>
八木沼純子withプリンスアイスワールドチーム、荒川静香、本田武史、太田由希奈、フィオナ・ザルドゥア&ドミトリー・スハノフ、高橋大輔、鈴木明子
<5月4日・5日>
八木沼純子withプリンスアイスワールドチーム、荒川静香、本田武史、太田由希奈、フィオナ・ザルドゥア&ドミトリー・スハノフ、浅田真央


【4月1日15時16分配信 @ぴあ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100401-00000001-pia-spo
 
   
Posted at 20:23/ この記事のURL
iPadついに米国で販売開始!店頭販売はWiFiバージョンのみ / 2010年04月04日(日)
 前日から徹夜組もいたニューヨークのアップルストア。9時にオープンし、いよいよiPadの販売が開始された。オープンとともに、まず店内に案内されるのは事前に店頭受け取り予約を行なった人のみ。その後、行列で並んでいた人たちが続く形となった。

ほかの写真

 7時前後に並んだ筆者が店内に入場できたのはおよそ50分後。店に入るとアップルのスタッフによるハイテンションな歓迎を受ける。中にはハイタッチしてくるスタッフもいるほどだった。

 今回のタイミングでは、16GB/32GB/64GBのWi-Fiモデルのみ購入可能。「どれにしますか?」とのスタッフの問いかけに、筆者は16GBを希望した。希望の製品を持ってくると、スタッフがバーコードリーダー機能を搭載したiPhoneを手に、iPadのバーコードをスキャン。iPhone上でクレジット決済、サイン入力を行ない購入手続きが完了した。

 オンラインでは周辺機器として、iPadをたてて使うことができる「iPad Keyboard Dock」というドック付きキーボードが発売開始されているのだが、店頭には今の段階ではなし。代わりにiPadでも利用可能なBluetoothキーボードをすすめられたものの、それはお断りした。ただし、「iPad Case」は店頭で発売されていた。

 店外では、さっそくパッケージから取り出してiPadを触る人の姿も。店内で熱心に製品に触れるユーザーの姿や、大行列などからは、まさに「iPadフィーバー」とも言える熱狂ぶりが伝わってくる。

【4月4日3時46分配信 RBB TODAY
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100404-00000002-rbb-sci
 
   
Posted at 19:46/ この記事のURL
野毛山動物園で「どうぶつたちのSOS展」-週末クイズラリーも /神奈川 / 2010年04月04日(日)
 市民に無料開放されている横浜市立野毛山動物園(横浜市西区老松町63)で、アースデイにちなんだ春のキャンペーン「どうぶつたちのSOS展」が開催されている。(ヨコハマ経済新聞)

 同展は、動物園の役割のひとつである野生動物保護活動の一環として同園が行う「絶滅の危機にある野生動物を守ろうキャンペーン」。今年で4回目を迎え、期間中は環境保護団体と協働で、地球上に生息し絶滅の危機に追い込まれている野生動物たちと人間のライフスタイルについて考えるさまざまなイベントを実施する。

 パネル展では、ワシントン条約の内容や国際取引が規制されている野生生物を紹介する「希少野生動物の国際取引の現状」コーナー、日本の森のアンブレラ種であるツキノワグマの生活を考える「クマと日本人との関わり」コーナー、絶滅の危機にあるアムールトラの生態や現存する問題、解決への参加方法などを紹介する「アムールトラねっと〜アムールトラを守ろう〜」コーナーを設置。

 ウィークエンドイベントとして、横浜税関に保管されているトラの毛皮などの輸出入禁止品を紹介する「押収品展示」(4月3日、4日)、アムールトラの生息地の状況やそこで直面する問題に触れるアムールトラねっと人形劇「トラちゃんの里がえり」+トラクイズ大会(4月10日、11日)を開催する。

 期間中の土曜・日曜日には、ツキノワグマ、アムールトラ、カメのポイントを周ってクイズに答える「どうぶつたちのSOSクイズラリー」も行う。

 野毛山動物園の加藤妙さんは「地球に共に暮らす仲間たちのライフスタイルについてみんなで考えてみましょう。週末に行う紙芝居やスタンプラリーは、お子様にも分かりやすい内容となっていますので、ご家族で是非ご来園ください」と話している。

 開園時間は9時30分〜16時30分(入園は16時まで)。月曜日休園(祝日の場合はその翌日)、4月5日と26日は臨時開園。キャンペーンは4月18日まで。

 「アースデイ」は1970年にアメリカで始まった地球について考え行動する日で、現在では世界184の国と地域、約5,000カ所で行われている世界最大規模の地球環境系のフェスティバル。

 横浜市立野毛山動物園は2月14日、2009年度の入園者数が60万人を突破した。来園者数が60万人を超えたのは18年ぶりのことで、国内最高齢のフタコブラクダ「ツガル」をはじめ動物の話題が豊富だったことや、8月に初実施した夜間開園「ナイトのげやま」、開国博Y150の開催などが来園者数増加につながったようだ。同園は4月1日に開園59周年を迎えた。

【4月3日21時0分配信 みんなの経済新聞ネットワーク
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100403-00000006-minkei-l14
 
   
Posted at 17:57/ この記事のURL
P R
カテゴリアーカイブ
  | 前へ  
 
Powered by yaplog!