立ち仕事の交通誘導員の痔!ある飲み薬で治した方法とは?

October 25 [Tue], 2016, 9:56
痔は座りっぱなしの人がなるというイメージがありますよね。

でも、立ち仕事でも痔になることはあるのです。

どうしてなのでしょう。

それは同じ姿勢続けると肛門に負担がかかってしまうからなのです。


何を隠そう実は、交通誘導員の私も痔で悩んでいたのです。

それも20年続けて交通誘導員の仕事をしていたのですが
痔のような兆候は一切見られかったのですから、とてもショックでした。

年のせいなのだろうか。
冷えからきたのだろうか。

冬は特に冷えるのでそのせいで痔になったのか
それに最近では、便秘もしていたのです。



仕事中 自由にトイレに行けないので
ますます便が硬くなっていたのです。

それに、朝にはしっかり排便しなければと思い、
無理矢理出すために強くいきんでしまうのでこれも悪かったのか?



★ いぼ痔

どうやら、いぼ痔のようです。

お風呂で触ってみたらいぼが親指大ぐらいのがありました。

はじめは押し込めば引っ込んでいたのですが
最近では押し込んでもすぐにまた出てきていたのです。


本やネットで調べたら、内痔核は知らず知らずのうちに
いぼが肛門内で大きくなっていて突然飛び出してきてびっくりする人が
多いようです。
そして、初めて痔と気づくのだそうです。

仕事が始まる時は大丈夫なのですが、
昼過ぎからいぼがでてきて立っているのがとてもつらいのです。


うちに帰って横になったりしているうちにまた引っ込み
休みの日は大丈夫大丈夫な時もあるのです。


でも日増しにいぼが大きくなってきているのがわかるのです。


★ 病院へ行くべきか?

このままでは病院へ行かなくては
それとも仕事を変えて立ち仕事じゃない仕事をしたほうがいいのか。


でも 長年やってきた仕事を変えるのは
この年になっては難しいです。


ですから、このまま続けられる方法を探しまくりました。

はじめに薬局で座薬や塗り薬を購入して使ってみましたが
全然効果がありませんでした。


もう少しネットで調べたら痔を治すのに飲んで治す薬があると知りました。


それは蓮の茎が主成分の漢方のお薬でした。
蓮の茎は体の熱を取って、解熱 消炎 止血作用があるのだそうです。


しかし、どの蓮の茎でも良いというわけでないのです。
野生のもので 良い地質に育った蓮でなければ痔を治すための効果がないのです。
ほかにカイカ ショウキョウ センナ
これらがあいまって 痔を改善してくれる飲み薬なのです。


それはレンシンという飲み薬でした。


★レンシンを飲んでみた


それを飲んでみることにしてネットで購入しました。
しかし、効果がなかったときは心配だったので相談してから購入しました。

これはれっきとしたお薬ですので販売しているのは
ネットでお薬を販売していて実店舗をもっている薬局さんです。


飲んでみて感じたことの第一声は
「なんと飲みにくい!」

それがデメリットと言えばデメリットでしょう。

でも、これで痔が治るならとオブラートに包んで飲むことにしました。


そうして、2〜3日飲んだら痛みが少し引いたように感じました。

1週間ぐらいして 親指大だったイボが小豆粒ぐらいまで
小さくなっていたのです。


これなら病院へ行って恥ずかしい恰好をしなくてもいいと
安心しました。
そして2週間が経った頃には仕事中の痛みがほとんどなくなりました。

これでまた、立ち仕事の交通誘導員を楽にこなせるので
本当に助かりました。


レンシンはお薬なのでしっかりと相談にのってもらえる薬局から購入するのがいいでしょう。
購入前相談にのってもらえるので
とりあえず相談だけでもしてみたらいかがでしょう。



↑上記のバナーをクリックしますと
レンシンを取り扱っている免疫堂さんのサイトにいきますので
左のカテゴリー欄内の痔のお薬というところから入ってみてくださいね。