畑山が古橋

July 19 [Wed], 2017, 2:07
自分がどういった体質なのか、どうやったら減量することができるのかを「遺伝子検査」によって調べられるのです。



一昔前までは遺伝子検査というと医学上の検査でしたが、今では誰でも簡単に家で遺伝子検査を受けることが可能となったのです。







このタイプに分類される人だと、脂質を制限した食事を摂りながら、唐辛子、ショウガといった温熱食材と言われる食材を摂り体を温めるようにすると減量効果が見込めるでしょう。



いつだってあと少し体重を減らせたらと考えている人は多いと思います。



しかしながら、痩せたいと思いテレビで紹介されたダイエットにチャレンジしたが痩せない、本で見かけたやり方を試してもちっともダメ、という方は多いことでしょう。まず、検査を行っている企業から検査キットを取り寄せてください。次に、検査キットには綿棒が入っているため、この綿棒を使ってほほ周辺の粘膜を取ります。最後はその粘膜のついた綿棒を返送しましょう。



それから、約2〜3週間くらいで検査の結果が自宅まで届くのです。



検査キットの費用は個々の企業でいくらかの差はありますが、約5000円〜6000円です。

二つ目は揚げ物に加えてジャンクフードのような脂質の代謝が得意ではない洋ナシ型と言われているタイプで、皮下脂肪がつきやすく、女性のほうが男性に比べて多めです。

このタイプに関しては、痩せようと頑張っても簡単には痩せることができないタイプと言えるでしょう。



たぶんそれは、自分にピッタリなダイエットの仕方ではないからなのかもしれません。







以前であれば、どうして体重が減らないんだろうと一人で考え込んでいたかもしれませんが、最近では簡単にどうして痩せないのかを知ることができます。



このタイプだと、痩せやすい体質だと言えますが、反面としてリバウンドもしやすいタイプとなっています。







このタイプの人の場合、糖質の少ない食事を摂ると同時に、糖質を燃焼すると考えられているビタミンB1をたくさん摂取することで、減量効果が見込めるでしょう。三つ目は豆腐及び豆類などのたんぱく質が不足してしまいがちなバナナ型と呼ばれているタイプで、外見は筋肉が少なく、華奢な人がほとんどで、男女比は同じくらいです。



このタイプの場合、太りにくい体質と言えるのですが、その反面一回太ってしまうとなかなか痩せづらいタイプです。



肥満のタイプには四種類あり、三種類の肥満遺伝子変異が元となるものと遺伝子は変異しておらず生活習慣が動機となるものに区分することができます。



一つ目はパンやごはんなどの糖質の代謝が上手にできないリンゴ型と呼ばれているタイプで、内臓の周りに脂肪がつきやすく、男性のほうが女性よりも多めです。




プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Takumi
読者になる
2017年07月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/tath1ynurocie5/index1_0.rdf