やっぱり父のことは好きだった

January 20 [Sun], 2013, 22:15
やっぱり父のことは好きだったし、親子である以上相互扶助の義務があると思うんだけど、さすがに@借金をして、しかもその一部の連帯保証人を母にして自分が一切支払わないとは、家族を愛している人間の行動じゃないと思う。A返済プランを聞くと、逆切れしながら「いつか地価は元に戻る。そうなったら全部返す」と言ってのけるのは、家族を愛している人間の行動じゃないと思う。Bまた、私の結婚を匂わせたら「(借金を)助けてくれ」と言ってのけるのは、家族を愛している人間の行動じゃないと思う。Cちなみに、3年間家に給料を入れず、しかし事務員の給料は支払ってる。これも家族を愛している人間の行動じゃないと思う。D多分その事務員とは不倫してて、その事務員の娘に、私か妹に相続させると言っていた土地付一軒家を破格で渡してる。これも家族を愛している人間の行動じゃないと思う。これだ揃った役満男に対し、「親子たるもの」という常識が邪魔をしてさくっと切り捨てられない自分が歯がゆい。難しいねー親子って。気持ちの整理をつけるのが大変。親は選べないから仕方ないと思って割り切ろうとは思うんだけど、非情になりきれない。わたし、親に依存してるのかなあ?
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:tatadas
読者になる
2013年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/tatadas/index1_0.rdf