カオ・フィラ・デ・サン・ミヘルで畠中

September 22 [Thu], 2016, 9:39
一度は辞めた職場にもう一度戻って働く、出戻りの看護師は意外と多いです。その際ですが、再就職ができるのか、できないのかというのはどういった事情で職場を辞めたかによって変わるでしょう。多いのは、結婚して、いわゆる寿退社を果たしたり、遠くに引っ越したり、あるいはまた、出産、育児を理由とした辞職であった際は、出戻りもしやすいはずです。こうした形で復職する看護師は、確実に増えています。家の事情などによって、夜勤が無理なので日勤業務だけのパート勤務を希望し、復職を果たす、という人も増えてきています。あまり意識されたことは無いかもしれませんが、看護師にもそれぞれ階級があります。階級が高いものは、各病院の方針によっても異なりますが、普通は総看護師長や看護部長と呼ばれている人たちです。階級を上げる方法ですが、同じ職場に長く勤務して実績を重ねて、周囲の信頼を得ることが重要でしょう。階級が高くなるほどに高い収入を見込めます。昨今、病院が統合したり閉鎖したりすることが続いて、医師不足や看護師不足への対応が急務となっています。日勤に夜勤にとイレギュラーな勤務をしながら急患にも応じなければならないので、たくさんの看護師が大変な激務の状態にあるということです。徐々に男性看護師も増加していますが、いまだに女性の方が多い職場なので、ストレスにやられてしまったり、自分のタイミングでトイレにいけないため、便秘を患っている看護師も多くいるということは深刻な現状を表しているといえます。夜勤でどうしても体が慣れずに体調不良になる場合、日勤だけの勤務を条件に、転職を考えてみてください。ですが、ここで気を付けたいことは、夜勤労働の手当てが入らなくなるので、夜勤で働く看護師と比べて収入が減ってしまう事が少なくありません。現在の年収を下げてまで今の職場を離れるかどうかを考えてみましょう。他業界の労働者と看護師を収入の面で比較してみると、平均年収という一点でははっきりと、看護師の方が額は大きいのです。看護師不足に陥っている医療機関は少なくはなくいつでも人手を求めている、という事情により、例え不景気下であっても、年収額が大きく落ちることがない、というような点も、人気職である所以かもしれません。ところが、高給を得られる職業ではありますが、当たり前のように、長時間のサービス残業に従事させられることもよくあり、働きやすい良好な環境にいる看護師は、かなり少ないとみて良いのかもしれません。そもそも看護師といえば専門職であり、活かせる技能は多岐に渡ります。そして、常に人手を探しているところもある程、需要の多い職業です。ですから、再就職を考えたとしてもすぐに叶うでしょうし、そういった際に少々念を入れて就職活動をしてみると、とても良い条件の仕事先を発見することもできます。近年においては、ウェブ上のサービスとして看護師の転職をサポートする専門の求人サイトなどがたくさんありますから、そういったところを利用して最適の仕事先を見つけてください。もっと看護師としての腕を上げたい、と考えているのであれば、それは看護師としてのキャリアを積んでいくしかありません。事に当たって、全てに対応できる手引書が用意されているといったものではなく、臨機応変さが必要になってきますので、実地に経験していくしかない、ということです。ところで、更なるスキル向上を狙って新しい職場を探す、という人も少なくありません。様々な技能が必要になる、さらに高度な医療の現場に行ってさらに能力をアップさせたいと願う、とてもアグレッシブな転職になります。きついながら、やりがいも大きいのが看護師というお仕事です。どんな時にやりがいを感じるかというと、例えば、回復して退院した患者さんが、後日、病院まで訪ねてくれて、挨拶をしてくれるような時です。それから、患者さんの家族の人たちに涙ながらにお礼を言われるような時も、看護師になって良かった、と実感します。夜勤も休日出勤もあり、その上、激務でもある看護師の仕事は、かなり心身に負担がかかりますから、もし、やりがいを感じられないようになったりしたら、きっと辞職しようと考えるだろうと思います。もはや日本は超高齢化社会です。病気になったりケガをしやすい高齢者が増えることで、病院を訪ねる高齢者は増えて患者数の総数を押し上げており、看護師もますます忙しくなってきています。お世辞にも良いとは言えない労働環境で、夜勤も含めて働き続け、無理がたたって、過労死に至った看護師もいました。きつい夜勤を避けて日勤のみの仕事を探しても、訪問介護で自宅療養中の患者をみることになったり、そこでも高齢者人数の増加によって、看護師の需要はうなぎのぼりとなっており、どうやら、看護師を巡る環境は、どこであっても厳しいみたいです。昨今、ますます看護師は不足気味です。看護師資格を持っているけれども、看護師をやっていないというケースは少なくありません。このように看護師が足りなくなるのは何故かというと結局のところ、看護師の離職率の高さにあると言えるでしょう。実際の離職率はどのくらいなのでしょう。なんと、常勤看護師で約11%にも上るのです。職場の大半を女性が占めており、子育てを理由に退職に至ることも多いですが、その他にも、過酷な労働環境も、離職の割合を高める一つの要因になっているのではないでしょうか。特に、看護師の勤務形態と労働時間について言えることですが、結構、融通の利く部分があります。シフトの具合によっては仕方がないとしても、休暇を時間単位で取ることもできますから、園児や小学生などの母親をしながらであっても大きな負担を感じずに働くことが可能である、とされます。どうしても子育て中だと、いきなりの退勤などが多くなります。しかし、なんとか対応していける主な理由は、勤務時間を調整しやすい看護師という仕事だからこそ、なのかもしれません。なお他業種同様、8時間勤務が基本です。看護士も看護師も、読みは二つとも一緒ですが漢字だと、どちらでも書くことができます。かつては看護士と書いた場合は男性のことを指し、そして、女性を指す際には看護婦と、わかりやすく区別されていました。それが、2001年に法律が改正され、女性にも男性にも使うことができる「看護師」として一元化しました。景気に関係なく求人が途切れることのない看護師は、転職が大変やりやすいといわれています。希望の転職先に履歴書を送って、書類選考をパスしたら、面接試験を受けることになります。面接では、今まで勤務してきた職場における経験などについての話をしたり、また質問されたりもすることになりますが、実務的なことの他に、性格的な部分や、職場にスムーズに適応できそうか、という面もしっかりテストされていると思ってください。技能や知識のみならず、人としての良い面を知ってもらうことができるかどうかは、とても重要なポイントになります。一般的に、看護部長の下について病棟を取りまとめる看護師長の仕事と言えば、看護部長の仕事をサポートしたり、看護師たちを指導する等、一般の会社組織においては課長職に近いものです。普通に課長職といっても、その年収が中小企業と大企業では全く違うのと同様に、看護師の年収は、病院の規模で全く異なるのです。または、公立と民間、地域によっても差があって、例えば、公立病院の場合、約750万円と想定されます。多くの看護師が持つ悩みといったら、不規則な勤務形態ではないでしょうか。カレンダー通りの休みが取れる事はまずありませんから、休日に友人と遊んだり都合を合わせることが出来なくなるという悩みをよく聞きます。他にも、看護師が不足している職場においては、労働時間が長く、休みが少ないという問題もあります。こうした勤務形態を離れて、規則正しい休みを取りたいのであれば、日勤のみで働ける病院であればそれが可能ですので、この機会に、将来を考えた上で転職するのも間違いではありません。看護師が転職を考え始めるきっかけやその理由はいろいろで、転職希望者は意外と大勢いるようです。たいていの医療機関では、看護師の需要が大変高く、そのため求人の数はとても多いのです。例えば今現在、勤め先で希望の配属先につけず、辛い思いをしているとか、例えば残業が多すぎるといったように、労働環境が劣悪であるなど、転職に至る理由は、人それぞれ事情があるようです。そして、今より良い環境を求めて転職したいのでしたら、なるべくなら、給料の額だとか労働条件に加えて、その職場が働いている人にどう評されているかといった、口コミなどがわかると良いでしょう。街コンはもうご存知の方が多いと思いますが、そこではたくさんの出会いが待っています。看護師の中でこちらに参加をする人というのは多くいます。女性の多い職場であるためなかなか男性と関わる機会がなく、結婚したいと思っている看護師をはじめとして、街コンへの参加は珍しくありません。街コンでは、看護師という仕事は一種のステータスとなることが多いです。ただし、たとえカップルが成立してもお互いの休みが合わなかったりと結局は別れてしまうケースが多いそうです。以前はそれ程一般的ではなかった、看護師各々の能力評価ですが、近年ではだいぶ行なう病院が増えてきました。看護師個々の、今現在持つ能力がどれほどのものか評価することを可能にするため、評価基準を独自に作って利用している所もあるそうです。この評価は、病院により月一のこともあれば、じっくり時間をかけて一年に一度だけ、という病院もあります。自分の能力評価を受け続けることで、次回の評価までにこうしたい、という目標ができますし、仕事に対してより真剣さが増すということもあるでしょう。病棟勤務の看護師として働いている者ですが、思ったことは、一般に看護師は喫煙をする人、アルコールに強い人が多いようなのです。さすがに禁煙、分煙のお店も増えてくるなど、世間的にはタバコのイメージが悪くなっていることもあり、ヘビースモーカーの看護師も減ってはいますが、他業種と比べれば、まだかなり喫煙率は高いようです。そして、飲み会などでみかける、看護師たちの酔っ払い方は阿鼻叫喚とは言いませんが、そこに白衣の天使はいません。とは言え、こうした醜態も日頃から仕事で抱え込んだストレスのせいだとも理解できますので、こんなことで発散できるのなら、ぜひそうして欲しいと願うのでした。最近の交代勤務、所謂「シフト勤務」としてスケジュールを組んで24時間業務の仕事をこなす仕事のひとつに、看護師があります。外来の看護師ならば夜勤がないこともあるようなのですが、大半の病院が入院病棟の方に多くの看護師を置きますから、まだ勤務年数が短いうちは確実にシフトを組んで働くことになるでしょう。実際に、私の妻も看護師としてシフトに入っていましたから、特に夜勤の夜は、子供がなかなか寝付かず大変でした。なぜ看護師をやるのかといわれたときに、とても現実的な理由としてお給料を多くもらえるということがあると思います。働き始めて最初の給料を鑑みても、ほぼ同じような年齢の、一般的な会社に勤めた人達と比べた時にもより高い給与を得ていることが分るはずです。ただ、このようにして高収入を得ているのですから、その分、自分自身も精進に励み、患者さんに返していかなければなりません。病院での勤務というと、病棟勤務と外来勤務がありますが、子育て中なら外来勤務がおすすめです。日勤のみ、という大きな利点があるので、子供を預けて働きやすくなります。それから病棟勤務と違って、外来勤務では、夜勤はないですし、多くの場合は土日と祝日はお休みになります。忙しいかどうかは、病院や、診療科によっても違ってきますが、人気のある診療科や医師のいるところでは待合室に患者があふれるようなことにもなって、看護師は対応に追われることになるでしょうし、待たされる患者からはクレームも入るでしょう。勤務を続けていく上で、どういったスキルがあれば良いかは病院や、診療科によっても違います。かつての看護師は大多数が女性でした。しかし最近の傾向は、看護師の名称が認知されていることからも分かるように、男性が働くことも多くなってきました。実際に看護師に必要な適性を考慮しても、このような変化は、時代の流れとして当然なのかもしれませんね。女性の持つ優しさだけではなく、体力の多さや冷静な判断力、瞬発力といった要素も、今後はもっと重視される要素になってくるでしょう。ドラマのようには上手くはいかないのが看護師の仕事です。普段から大変な仕事量をこなしているところにさらに、終業時間を超えても業務が残っていることが多く、残って仕事をしなければならないことがよくあります。それでも、多忙を極めていてくたびれている時でもにこやかに患者さんやそのご家族に対応しているのです。ほんの少し前まで文句を言っていた人がぱっと笑顔を作れるのですから時々、看護師は女優みたいだなと思うことがあります。看護師が活躍できる場所は、クリニックや病院の他にも存在します。それはどこかというと、介護施設です。そのうちのグループホームでもまだまだ看護師は足りていません。このグループホームにいるのは、認知症のため生活に支障をきたしている方々なので、特別な配慮が必要となってきます。様々な職場がある中で、介護に関わりたいという看護師は一つの選択肢として、グループホームで働くというのも考えてみてはいかがでしょうか。働く時間を、自分である程度調整でき、興味があってしてみたい、という仕事をかなり自由に選択可能、というのがあえて派遣で働くということを選んだ看護師にとっての、主なメリットでしょう。単発の仕事あり、短期のものもあり、長期の仕事もむろんあります。なにしろ、いろいろある中から、自分に合ったところを選べます。なので、今現在、仕事を探している人は望めば派遣で働くこともできる、ということも考慮に入れて求職してみても良いのではないでしょうか。止まらない少子高齢化の影響。医療職にかかわる人たちもより多く輩出されなければならなくなるでしょう。それ故、今日でさえも看護師が不足していることが指摘されているのですが、これから先もその状況からは脱却できないと予想されます。毎年毎年、絶えることなく新たな看護師が世に生み出されているはずなのに、それでも看護師が足りていないのは職場の環境や待遇の悪さによっておこる退職も原因として挙げられます。看護師は、他業種と比べても給金は良い方ですが、それでも、さらに良い収入を得るためにWワークをしている人は割と多いです。Wワークに向いた仕事も様々で、健診センター、健康診断、ツアーナース、イベントナースなどといった単発の仕事や短期の仕事も、正によりどりみどりで、本業の休みの日を使ってWワークというのも、体力さえあればやりやすいようです。しかし、メインの方の職場で看護師のWワークは厳禁、となっている場合もあり得ますし、何と言っても、看護師の仕事そのものが大変な激務なので、体に無理をさせてまで副業をするのは、決しておすすめ致しません。仕事をし続けていると不満や悩みが出てくるものですが、看護師で多いものは、職場での人間関係の難しさや勤務形態が不規則なこと等が挙げられるでしょう。どうしても、女性が多い職場になると、複雑な人間関係がつくられているところも少なくありません。夜勤が多い勤務形態もストレスになるでしょう。転職し、人間関係が良好で勤務に融通がきくような職場を見付けて転職するのもアリだと思います。看護師の職業は、白衣の天使という呼称があるほど、大体の場合には、職業的なイメージは悪くないという人が大半だと思います。ただ、実際の看護師の働き方を見てみると、もちろん待遇はそれなりですが、その分、夜勤で働いたり、長時間の残業を強いられたりしている看護師も少なくないのです。たしかにいい点もたくさんありますが、それだけではなく、現実問題として看護師の働き方はどのようなものなのか、分かっておくことが必要でしょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ユウト
読者になる
2016年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/tasfvyoepohllw/index1_0.rdf