【 更新情報 】

スポンサード リンク

まぶたのたるみ

 たるみは、二の腕やお腹といった身体は意識していましたが、まぶたにもたるみがくるとは思っていませんでした。

 ある日突然、鏡を見ていたら、まぶたにたるみがあることに気がついたのです。

 年齢とともに、肌のハリが衰えてきたのは感じていましたが、まぶたのたるみはとてもショックでした。

 顔にを華やかにメイクしようとしても、まぶたのたるみが邪魔をして、うまくメイクできないのです。

 まぶたのたるみについて、エステの仕事をしている友人に相談してみました。

 たるみの原因は、加齢のせいとばかではなく、紫外線の影響もあるそうです。

 加齢や紫外線の影響といったことにより、細胞の機能が低下して、肌の水分が保持できなくなり、まぶたにたるみができてしまうのです。

 まぶたの保湿を心がけることと、溜まった老廃物を取り除くことで、たるみがなくなるそうです。

 まぶたのたるみには乾燥が大敵なので、化粧水や美容液を浸したコットンで目元をパックし、そして、循環を良くして老廃物を排出させる、まぶたのたるみをとるストレッチをします。

たるみができる原因は、まぶたの皮膚の中のコラーゲンが減少してくるからだそうです。

 以上のようなことが分かれば、保湿とストレッチの重要性がよく分かりますよね。

 顔の表情筋を鍛えましょう、そうしないと、筋肉が支えきれずに皮膚が下がってしまい、まぶたのたるみにつながります。

 若々しい顔を保つために、まぶたのたるみをとるストレッチと、保湿を欠かさないようにしましょう。

頬(ほほ)のたるみ

 たるみが気になって、と友人から相談とも愚痴ともつかない電話がありました。

 友人は小柄で細いほうなので、頬(ほほ頬)のたるみに悩むとは思いませんでした。

 頬(ほほ)のたるみに悩む人は、なんとなくふっくらとした人、という思い込みがあったからかもしれません。

 自宅で簡単にできる、頬(ほほのたるみ解消マッサージとか、たるみに効く成分が入った化粧品を教えてあげればいいかな、と考えました。

 年齢的に言って、頬(ほほ)のたるみが解消される、というようなことはないだろうと思ったからです。

 たるみは、だけではなく、まぶた目の下などにも、よく出るようです。

 そういう自分も、頬(ほほ)顎のたるみが気になってきたから、面白いですね。

 「造顔マッサージ」というのが、頬(ほほ)のたるみに効果があるようです。

 頬(ほほ)だけでなく、顔のたるみ全般に効果があると、絶賛の声がサイト上にとても多いので試してみたくなります。

 DVD付きの本には、「毎日たった3分間のマッサージで、シワ・たるみ・頬の毛穴などの悩みが解消!」とあります。

 たるみに効果のある方法として、マッサージエクササイズの他に、美顔器を使う、たるみ専用の化粧品を使うなどがあります。

 友人は、美顔器は絶対に使わないと思うので、頬(ほほ)のたるみに効きそうな、化粧品も探してみました。

 友人と自分のために、頬(ほほ)のたるみにも効きそうな、リンクルケア用保湿パックを買いました。

 マッサージのDVDと、リンクルケア用保湿パックで、友人の悩みの頬(ほほ)のたるみが改善されるよう、協力したいと思っているのです。

目の下のたるみ

 身体のどこにあっても気になるたるみですが、一番気になるたるみ目の下ではないでしょうか。

 お腹のたるみなんかは服を着れば見えませんが、目の下は隠すことができません。

 もちろん、男性も嫌だとは思いますが、特に、女性の場合は目の下のたるみは一番気になります。

 目の下のたるみがあるだけで、かなり老けて見られてしまいます。

 目の下のたるみができてしまう原因として、2つ考えられるそうです。

 1つは、脂肪が張りを失っている組織の周りに溜まり、そこを押し上げてきてできる、目の下のたるみです。

 2つ目は、眼輪筋という目の周りの筋肉の緩みと、その周りの皮膚の弾力が失われることによる、目の下のたるみです。

 若い頃「目の下のふっくらとした感じ」で可愛かった女性の場合は大変です。

 目の下にたるみが、ある場合とない場合、見た目の年齢が、10歳くらいの差がついてしまう、というデータがあるそうです。

 ぞっとするような怖いデータですが、逆に言うと、目の下のたるみを解消すれば10歳若返るわけです。

 目の下のたるみを予防する方法を調べて、もしそうなった場合の対処法も調べておくと安心ですね。

 たるみを解消する方法は、簡単な体操から美容整形外科の手術まで幅広くあります。
 
 できれば費用も高く危険を伴う手術なんかよりは、マッサージ、簡単な体操、家庭でできるエステなどで、目の下のたるみを解消したいですね。

 一番簡単な目の下のたるみに効く体操は、顔の筋肉を大きく動かすというものです。

 思いきり大きな口を開けて顔の筋肉を動かすと、筋肉が鍛えられ、血液とリンパ液の流れがよくなって目の下のたるみに効果があります。

 クリームや化粧品を使う方法もあります。

 いつも若々しく見られるために、目の下のたるみ予防に、ずっと気をつけていたいですね。

顔のたるみ

 たるみが身体のあちこちに見られるようになってきました。

特にが気になります。

 二重アゴや口角が下がるなどの顔の老化は、筋肉のたるみと関係があるそうです。

 顔のたるみに効くトレーニングとは、表情筋を鍛えるトレーニングです。

 単純に顔を動かせば、たるみに効くのでは、と思っていましが、インターネットで検索してみると、顔のたるみに効く、効果的なエクササイズがありました。


 たるみ顔解消エクササイズ、というのがありました。

 ふだん、あまり使ってない顔の筋肉を鍛えて、たるみを解消するエクササイズです。

 頬(ほほ)のたるみに効くエクスサイズは、口を大きく横に引いて戻し、次は口を縦に大きく開けて戻します。

 アゴのたるみに効果的なエクスサイズは、頭をゆっくりと後ろに倒して天井を向き、口を大きく開けて舌をのばします。

 単純に顔を動かすだけでなく、たるみのある部分に意識を集中させて、エクスサイズしましょう。

 ペットボトルを使うたるみ顔解消エクササイズというのもあります。

 ペットボトルに少量の水を入れて、口にくわえる方法です。

 試してみると確かに顔のたるみに効果があるようにおもわれます。

 歯を使わずに、口にくわえたままキープすると、特にアゴのたるみに効果があるようです。

 頬(ほほ)のたるみが気になる場合は、ペットボトル体操が効果的だそうです。

 ペットボトルをくわえて、中の空気を吸い込み、一息キープしてからもう一度膨らます方法です。

 頬(ほほ)のたるみにダイレクトに効く感じがします。
 
 顔のたるみが解消されると、顔の表情が引き締まると同時に、かなり若返って見えると思いますよ。

皮膚のたるみ

 顔のたるみが気になる年齢になったので、鏡を見みてはいつもため息をついてしまいます。

特に、まぶたのたるみがひどいんです。

 若い頃は、細いアイラインで目元がすっきりと見えました。

 今、アイラインを引こうと思ったら、まぶたのたるみを引っ張りながら、アイラインをとても太く描きます。

 まぶたのたるみを取って、すっきりとした目元になりたい。

 なんか簡単にたるみを取る方法はないでしょうか。

たるみは、目の疲労やストレスが原因となることが多いそうです。

 疲労が原因の場合、老廃物や血液、水分がまぶたに溜ることから、たるみ始めるのです。

 ということは、老廃物を貯めないようにすれば、たるみが解消できるわけですね。

 ケアの方法としては、まぶたの周りの循環を良くしていけばいいのです。

 循環が良くなれば、老廃物や血液、水分等も、体外へ排出されて、たるみが
解消されるというわけです。

 循環をよくするための、まぶたのたるみケアをやってみましょう。

 タオルを濡らして、電子レンジで暖め、まぶたのたるみにのせる方法です。

 パソコンをやりすぎた時や、寝る前などに行うといいたるみケアですね。

 リンパの流れに添ってマッサージしないと、余計にたるみますので気をつけましょう。

 そのほかのたるみケアとして、「まぶた体操」と、いうのもあります。

 まぶたのたるみを防いで、若々しい顔になる体操なので、これも効果的ですね。

 たるみケアを毎日の習慣にして、すっきり目元で美人度アップをめざしましょう。
P R
カテゴリアーカイブ