アメリカシロヒトリで福嶋

February 24 [Wed], 2016, 8:11
多くの場合、看護師としてたくさんの経験をしていると昇進します。婦長といえば比較的想像がつきやすい役職ですよね。でも、また別に主任などの役職があるのです。一口に看護師といっても、学生やパート看護師が増加しているため、正看護師も階級の面から言えば、上の役職になるわけですね。収入に関しては階級が上がって役職になれば優遇されますが、その責任も大きくなることを理解しておきましょう。看護士も看護師も、読みは二つとも一緒ですがそれぞれ漢字表記にすると、二通りで表すことができます。過去には男性のことを表すのは看護士、女性に対して使う時は看護婦、という様に区別がしっかりついていました。法の改正があった2001年をきっかけとして、女性にも男性にも使うことができる看護師という呼び方にまとめられることになったわけです。法律において、看護師というものは仕事内容として、医師の診療補助を行うと規定されているのです。医療行為を行うことは、原則として認められていませんが、医師の指導管理下だったら、処置可能なものもあるのです。しかしながら、患者さんの状態によって、切迫した状態では、経験豊富な看護師であれば、一部の医療行為を認められてもいいんじゃなかろうかという風に感じています。一般に高給取りだとされている看護師ですが、その給料は勤め先により違いがあり、例えば大学病院と小規模のクリニックでは、金額がかなり変わってくるでしょう。看護師が退職時にもらえる手当、つまり退職金ですが、国立病院や公立医療機関に勤めていたのでしたら、勤続年数や、どのような立場で仕事をしてきたかなどにより金額が決められていて、それを支払ってもらえるでしょう。一方、個人経営の病院になると、多くの場合において、退職金に関する規定すらなかったりしますから、とにかく最高責任者である院長先生の考え方一つ、といった面があります。勤め先が公立病院の場合は、規定通りの退職金を受け取ることができますが、それ以外は病院次第ということです。看護師にとって当然のようにやめたいと思うことも少なくないでしょう。仕事上のミスや、心ない患者さんの発した言葉に傷ついたりといろいろです。しかしながら、喜ばしいこと、看護師の仕事をやり続けたいと感じることも多くあります。時に先輩が掛けてくれる、ご指導の言葉や慰めの言葉によって周囲の人々にサポートしてもらっていることを実感する日々です。24時間対応が求められることの多い、看護師という仕事の勤務時間についてですが、世間一般よりも多少、やりくりしやすい部分があります。勤務表、つまりシフト次第ではありますが、休暇を時間単位で取ることもできますから、育児中であってもなんとか勤務を続けていける、という手応えを得ている人がほとんどです。子供がいることで、予定外の急用ができたりと休みや早退もありがちなのですが、ともあれ働き続けていられるということは、きっと看護師という職業特有の勤務の形によるところがあるのではないでしょうか。ついでに言うと、看護師も他業種と同じように8時間勤務です。知人が看護師として働いていたのですが、病気のために看護師を辞めました。でも、体調が良くなったら、早めに復職して医療施設で看護師として今も元気に働いています。空白期間が出来ても、資格を持っていたらそこまで苦労なく復帰できますね。やはり資格が大切なことが改めて分かりました。よく言われているように、看護師というのはとてもきつい仕事です。特に病棟勤務の場合ですと、重症患者さんもいて急に容態が変化してその処置に大わらわになったりしますし、検温や血圧測定、動けない人の介助も看護師が行います。急に手術の予定が入るようなことはしょっちゅうですし、少ない人員で仕事を回している夜勤業務の時間にナースコールの数が多く、対応にかかりきりになってしまったり等、時間が経つのを忘れてしまうほどてんやわんやと忙しいこともあったりします。なぜ看護師をやるのかといわれたときに、よくいわれる動機の一つに年収が高いということがあります。初任給で考えても、同じくらいの年の、企業に就職した人たちと比べて、多くもらえていることがわかると思います。ただし、このようにして高収入を得ているのですから、それだけよく勉強して患者さんに貢献していかなければなりません。看護師になって最初に勤めた病院では、人間関係に悩むことになり、結局辞めてしまいました。その時、このまま看護師を辞めた方がいいのかもしれない、と一人で悶々と考え込んでしまいました。ですが、ハードな仕事ではあるものの、やっぱり自分には、看護師という仕事しかないだろうと考えて、どうしても転職したい、と強く思ったのです。決意をしたものの、履歴書をどう書いたらいいのか、よくわからなくて参りました。ネットに頼ったり、本を買ってきて参考にしたりしてこうかな、違うかな、などと考え考え書いたのですが、もう一人前なのだから、いろいろなことに際し、自分で考えて結論を出し、行動しなければならないのだ、とつくづく実感したものでした。殆どの病院において、看護師が十分に足りていないことは大きな問題です。原因は様々ですが、その一つとして仕事に追われる看護師の厳しい労働環境があります。看護師による医師の補助行為が認められ、看護師にかかる負担が増え、仕事に拘束される時間も長くなり、休みを取ることも難しいのが現状です。勤務形態によっては夜勤が必須になりますから、出産後に看護師を退職する人も珍しくありません。実は、看護師でも公務員の立場に立てることがあります。その方法は、公立機関や国公立病院で働く以外ありません。実際、看護師の職業は専門職で長く勤務することが出来る安定した業種で高い人気がありますが、公務員のメリットを生かす事も出来ればもっと安定性が高まりますよね。具体的にどのような利点があるのかというと、福利厚生の手厚さやリストラの心配が少ないということを挙げられます。これらはなによりも嬉しいメリットですよね。私の仕事は病院事務です。日常的に、仕事上で看護師の方と接することはあまりないのですが毎日お忙しそうにしていますね。夜勤をして家事をして育児をしてと本当に忙しい毎日だろうなと思っています。ですが、予想よりも臨機応変に動いておられることを感じたのは、忘年会の時に自分の子供と一緒に参加している看護師さんが相当いるんですよ。参加されていた先生方からも歓迎されていて和やかで楽しい会となりました。特に90年代の終わり頃でしょうか、看護師などというのは大変に苦労の多い仕事である、と言う風に世間的に認知されていた節があります。しかし、昨今、看護師と言えば苦労の多い仕事ながらも、それ相応の報酬が入るということを知る人は多くなってきています。というのも、看護師の得られる給料は、家の屋台骨として充分に、世帯の維持が可能なほどなのです。要するに看護師は高給を得られる仕事であるのは確実です。皆さんご存知の通り、少子高齢化問題が叫ばれて久しいですが、それに伴って、医療職にかかわる人たちもますます必要とされる可能性があります。したがって、現時点で看護師不足の状態なのですが、将来的にもこの状況である可能性が高いです。毎年多くの人が看護師資格に合格しているはずなのに、なぜ看護師がそんなに足りていないのでしょう。それには職場の環境や待遇の悪さによっておこる退職も一因だといえます。病気で苦しむ患者にすぐに対応できるように、看護師は夜勤が必須の職業です。夜勤といっても、どのような時間帯になるのか気になりますよね。それは、職場が2交代勤務なのか3交代勤務なのかで変わってくるのです。2交代勤務では、夜勤が17時間近くなって長時間勤務になり、一方の3交代勤務では夜勤の時間は短めですが、休みと出勤が短時間で区切られた過酷なものになるケースもあるようです。求人に応募しようとする病院がどのような勤務形態なのか前もって知っておいた方が良いでしょう。医療機関で正職員として働き、病棟勤務についていれば2交代制や、あるいは3交代制の形で誰もが夜勤を経験します。夜勤においては医師や看護師など、人の数がかなり減り、それなのに、夜半に腹痛、頭痛、眠れない、等々で入院患者からナースコールがあったりと、通常の作業ではない、不測の事態への対応が増加することになります。そうした中で、通常の業務も並行して行なうことになり、全体の作業は、日勤よりも多くなる場合がほとんどです。実は、看護師にはちゃんとした階級が存在するのです。高い階級から言うと、病院によっても違いますが、多くの場合は総看護師長や看護部長と呼ばれている人たちです。どういう人が出世するのかというと、同じ病院に長期間勤務して実績を積むなど、周囲から信頼されるような人材になることが重要でしょう。もちろん、出世して階級が上がれば、それだけ高い収入を見込めます。実は同じ看護師でも格差があるのはご存じでしょうか。たとえば正社員として働く看護師は月給制です。でも、パートとして働いている場合はだいたい時給になっています。具体的な金額としては昼間のみの勤務で平均的なところをみると1300円ほどから1800円あたりまでになっているのが普通のようです。パートとしては高い時給だと一見思えるかもしれませんが、看護師として、人命にかかわる業務をこなし、心身両方に負担のかかるハードワークを思えば、金額的に少々不満です。気になる看護師資格の難易度ですが、どのくらいのレベルになるのでしょうか。看護師国家試験の受験生の合格率ですが、90%前後となっています。試験内容も、今までの授業で理解していれば十分に合格できるものですので、全く厳しい資格ということも無いようですね。看護師の勉強をするための学校には医療系の大学または専門学校を選択する必要があります。大学の特色は何かというと最先端医療の知識など高度な技術に触れることができることや、一般教養科目を受講することで、より多方面の分野についても学べるということが挙げられます。それに対して専門学校は、実習が多いので実践的なことを学ぶ機会に恵まれており、そういった経験を生かして即戦力になれます。そして、必要とされる学費については専門学校に支払わなければならない学費は、大学のおよそ十分の一となっています。殆どの看護師に共通する悩みといえば、3交代制などの不規則な勤務形態ですよね。せっかくのお休みにも誰とも都合が合わないといったケースが多いようです。あるいは、単純に休みが取れないということも珍しくありません。規則的な勤務形態で働きたいと考えた場合、日勤だけの勤務が可能な職場に勤めるなど、この機会に、将来を考えた上で転職するのも間違いではありません。普通、注射や採血は看護師が行うものです。好んで注射や採血をしてもらうような人は少ないと思いますが、実際に打たれるとしたら痛みが少ないように打ってもらいたいと思うのが普通です。とは言っても、注射の技術は看護師の腕に左右されますから、看護師によって上手い下手があるのは当然で、上手でない看護師にあたる事も珍しいことでありません。この辺りは運としか言いようがありませんね。医療施設で看護師として勤務している人の中には勤務する時間がイレギュラーであることにプラスして労働環境の大変さによって他の仕事に移る人も結構いるということですが、看護師の資格を持っているということは意外と違う職種の現場においても活用できるというのもよくある話です。例として、人体や病気についての過去の経験や知識を役立てることができるので、保育関係やリラクゼーションサロン等といった仕事では、やったことがなくても比較的簡単に採用されるでしょう。あまりイメージに無いかもしれませんが、医療機関以外に看護師として働ける職場に実は、保育園があります。保育園を職場にするのは、育児の経験があったり子供の世話が好きな方は理想的な職場だと思います。仕事の内容は、看護師として子どもたちの健康をケアしながら、子どもたちの園生活が健康的で充実したものになるようにサポートする働きがいのある仕事です。看護師の帽子といえば何をイメージされますか?あの帽子は、看護師になる前に、責任の重さを自覚するための儀式でかぶるという重要な意味を持つものです。看護師にとってあの帽子は、料理人にとっての帽子より深い意味を持つものなのではないでしょうか。ですが、ここ数年の間に看護師の制服の形というのも次第に変化していますから、近い将来、帽子の意味も忘れ去られてしまう時が来るのかもしれません。髪の毛が落ちないようにするためのものという、これまでのような深い意味を持った存在ではなくなってしまうのは悲しい気もしますが、それも移ろいゆく世の中、仕方がないことなのでしょう。交代制で夜勤に入る勤務の形だと、どうしても休みが不規則になりますが、土日祝日の休みをとることもできます。病棟勤務だから昼も夜も週末も関係なく働くことになる訳で、外来勤務に変えると、土日を休みにできるでしょう。まったく予想外の呼び出しによる出勤や、休日診療に出ることになったりもしますが、土日は基本的に休みだと思って良いでしょう。また、個人経営のクリニックで、入院施設がないようなところであれば、そういったところは高い確率でちゃんと土日休みになっているはずです。看護師を志したのは中学校の授業の一環で仕事を体験するという時間があったのですが、私は介護施設へ訪問しました。その時、そこに勤務している看護師さんを見て、感銘を受けたのが事の始まりでした。将来的にはああいう風になりたいと感じたのが始まりで看護学校に入学することを決め、今は看護師として働いています。確かにつらいこともあります。しかし、毎日が充実しています。新卒、もしくは、既卒の方が看護師の働き口を探してみても見つからず、上手くいかない場合は、年齢が原因になっている可能性があります。一般的に、求人には年齢についての制限を記載している求人はほとんどありませんが、場合によっては、病院が内実に年齢を理由にした不採用を決められていることも、珍しくないのです。具体的に言うと、30代以上で初めて看護師としての職場を探すのは、かなり大変ですので、相当な努力をしなくてはいません。昔から看護師さんになるのが夢でした。ですが、家庭の事情があって会社員としてしばらく働きました。しかし、看護師になりたいという気持ちが大きくなるばかりでした。転職して、無資格で医療関係の仕事に就くという事も出来ますが、どうせなら、しっかりと資格を取って働きたいと思っていたら、看護助手として勤務しながら看護師資格を取る方法があることを知りました。この方法で看護師の夢を叶えたいです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:カズマ
読者になる
2016年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/tarrgtendsuaes/index1_0.rdf