独り言…あぁ一人のときしゃべるあれ…だよね。ってこれ独り言だよね…?あれ独り言ってなんだけ…?えぇっとうんまぁいいや。あれ…?なにが…?

プロフィールの気がする
名前・未亜
職業・学生
学年・小E
趣味・読書
特技・幽霊見えること
暇な時にはファンタジー系小説作成とかやってます。まぁ誰にも見せてないけどこっそりUPしたいと思いますw
2006年04月
« 前の月    |    次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
メールフォーム
タイトル

内容
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:tarotonao
読者になる
Yapme!一覧
読者になる
メルヘンチック10のお題 / 2006年04月04日(火)
2、眠り姫

まるでずっと様子を見ていたようだ。そう思うくらい、いいタイミングで教会にハルと同じくらいの歳の少年が入ってきた。教会は何もない森でとても目立っていたようだ。
 しかしハルは中にいるため全く気づいていない。また生活感なども無いため少年も中にハルがいることには気づいていない。そして、なんのためらいもなく中に入った。
 扉の開く音ですぐにハルは振り向き、少年の姿に気づき驚いた。同じく少年もハルを見て怪訝な顔をした。
 「あんた誰?」
 少なくとも綺麗とは言えない口調で言った。
 「あー俺か?てか人に尋ねる前にまず自分から名乗ったら…」
 言葉はハルに遮られた。
 「バーカ!そういうんだったらあんたが先に言えっつーの!常識知らず!」
 「だーもーうっせぇなぁ!だったらてめぇもだろぉが!俺はなーリクっつーんだよ!」
 「ちょっとあんたなに?人のうちに勝手に入っといて謝りもしないわけ?ちょっとおかしーんじゃない?ていうか人間じゃないでしょ!」
 ハルの言葉を聞きおわった途端リクは不敵な笑みを浮かべた。
 「そーいう君は人間なわけ…?」
 「なに言ってるの?私は人間…だよ?」
 ハルは明らかに動揺している。なぜならハルが人間でないというのは紛れもない事実だからだ。
 「顔にでちゃうタイプでしょ…?まぁそんなことはいいや。ねぇ、森の中案内してよ。俺も森に家建てたいなぁw」
 「…わかった。じゃさ、ほら。あの…ねぇ。いこっか。」
 「本当っわかりやすいタイプだよな…。フッ…。」
 「えっ?なんか言った?ホラ、行こう。」
 「あーいや別になんも…。」
二人はしばらく何も言わずに歩き続けた。思い出したように、リクが口を開いた。
「なぁ、眠り姫って知ってっか?」
「えっと、森に住んでた女の子が悪い魔女に…って話でしょ?」
「ずいぶん違うけどまぁそんな感じか。おまえさぁ似てるんだよね。眠り姫にさ。ただ寝てないだけで。」
 「ぜんぜん違うじゃない!どこが似てるって言うの?」
 「突然王子様が現れるとことかさー人間離れしてるとことか。」
 「誰が王子様よ。まったく。てかなんでこんな心開いちゃったの?私ちょっとおかしいよ。本当にあれ誰なわけ?眠り姫のこととか。なんで知ってるの?」
 
 さぁッ夢の続きを。  
Posted at 09:37 / ★小説★ / この記事のURL
コメント(11)
謝罪♪ / 2006年04月01日(土)
きっと人類はボクのことをサボり魔と言うでしょう。。

でもボクは人類ではないからそんな定義は通用しないさ。。

これはボクの星ではとても熱心と言われる行為だろう。。

いつか人類を連れてボクの星に行こう?

そして宇宙空間を越えた交友関係を持つなんてすばらしいだろう?



ゴメンナサイ。

サボりすぎました。

ボクの言い訳を聞きたくない人はどうぞは無視してくださいw

聞きたい物好きはドラッグして見てネ☆

そしてある意味詩っぽい言い訳にコメさいw

そして…

投票夜露死苦
 
 さぁッ夢の続きを。  
Posted at 15:58 / みんなへほーこく / この記事のURL
コメント(1)
どーもー♪ / 2006年03月20日(月)
土曜日に新たな発見を・・・。

そう未亜は暗いところ大好きみたいですww

プラネタリウムがすっごい楽しかったー

話は半分以上聞いてないけどネww

理由

そんなことは聞かないで…w

未亜には未亜の楽しみ方があるんですよww

あー。

一人じゃ楽しくないけどね

隣の人が寝てたからこそ楽しかったー

25人ぐらいでプラネタリウムに行ったんだけど…

半分以上の人が!

寝てました

もちろん未亜はバリバリおきてましたけどネ



気に入りましたら
投票夜露死苦♪w
 
   
Posted at 18:43 / フツーな日記 / この記事のURL
コメント(4)
なんと謝ればいいか… / 2006年03月18日(土)
本当にゴメンナサイ!
もう殴ってくださいw
日記・・・ねぇ。
ちょっと考えさせてください
そんではー
本当にゴメンナサイ!
 
 さぁッ夢の続きを。  
Posted at 17:59 / フツーな日記 / この記事のURL
コメント(0)
メルヘンチック10のお題 / 2006年03月06日(月)
1、 森の教会

森の中に小さな教会があった。
教会には少女が一人住んでいた。名前はハナ。住んでいるといっても生活感などは全くない。なぜならハナは人間ではない、世間でいう魔法使いとか魔女とかその部類だ。だから食事も気がむいた時にそれなりにとるだけ。選択だってしない。汚したら杖を一振り。
それに教会の周りには結界がはられていたため、ハルがこの森に来るまでハルを追っていた魔物たちも森に入ることはできなかった。
そんなわけでやることもなく一見、暇で退屈そうな日常を送っていた。しかしハナにとってはとても楽しく充実した日常だった。
朝起きると森の動物達を集めて魔界にいたときの話をたくさんしてあげた。「みんな黒いローブを着ていて、杖を持っていてね…」動物達はとても喜んでいつしか自分たちから集まるようになっていた。
この森にハナがやってきてから何ヶ月もたったある日ハナは嫌な夢を見た。ハナがハナになる前の夢。ハナはここに来た理由、そして自分が人間でなくなった理由をみんなに伝えなくてはならないそんな気持ちで目覚めた。気分が悪かったため今日は教会を出ないことに決めた。
そして一人教会で神に関する本を読みあさっていた。教会にはたくさんの書物があった。「魔物に対する魔術書」とか「神の誕生と生き様」とか「簡単!魔術入門編」なんていう怪しいものもあった。でも、そんなのがハルの目的ではない。ハルの目的は禁断の召喚術で過去の自分を召喚する。ただそれだけだ。
「なーんで禁断の召喚術のこと調べたかったのに、こんなうさんくさいのばっか出てきちゃうんだ?やっぱ人間界は魔力薄いんだなー。うーんと…おっあった。なになに…?禁断の召喚術を使うにはっと、762ページね…。」
 
   
Posted at 20:48 / ★小説★ / この記事のURL
コメント(2)
ゴメンナサイ! / 2006年03月06日(月)
明日にはUPできるとか嘘ついてゴメンナサイ
本当に今日こそUPしますねぃ
遅くなってスミマセン
続きも結構出来てるんですけどPCに打つ暇なくて・・・
 
 さぁッ夢の続きを。  
Posted at 20:42 / ★小説★ / この記事のURL
コメント(1)
メルヘンチック10のお題 / 2006年02月26日(日)
  *プロローグ*

魔界とは人間界と同じ時空にある。四次元空間なんていうのは存在しないんだ。
なぜ人間が魔界に気付かないか。そんなのは簡単だ。人間の瞳は曇っているからだ。魔法や魔物は曇りのない瞳にしか映らないのだ。
だが魔界に存在していた魔物や魔法使いの瞳がひとたび曇ってしまえばもう透き通ることはない。それだけではない。その曇った瞳を持つものはもう魔界には戻れない。永久に人間界に存在しなければならないのだ。
 
 さぁッ夢の続きを。  
Posted at 21:53 / ★小説★ / この記事のURL
コメント(1)
突然ですが・・・ / 2006年02月26日(日)
突然なんですがーお題知ってますか
知ってなくてもいいんですけど、そのお題を使って書いた小説を載せます
あっそうと思った皆さん
あっそうでいいんです
興味なんてちょっとでいいので読んでください
ではよろしくです
 
   
Posted at 10:51 / ★小説★ / この記事のURL
コメント(1)
またまた久しぶりデスネ / 2006年02月25日(土)
いい加減さぼりすぎですかぃ
いやいやよりさぼってる人きっといますよね…
いますように…w

気付いたら3つとも「い」で始まってんじゃんw
最近ですねー5本指靴下にはまってます
なんか履くのはめんどくさいけど履いた後楽しいっ
それにすごい暖かい
でも昨日は履いてるうちにどんどん時間たって
遅刻寸前!でしたーw
ま、そんなのも楽しいかなって。頑張って思います

最近てか授業でやってからバスケ楽しいなぁって。うん。
まぁやるよりみる方がかな。。
だってかなり走るから疲れない
あっ。たのしいと疲れないのかな…
なわけないかー
ただのの運動不足ですかねー
ハハハーっw
 
 さぁッ夢の続きを。  
Posted at 17:13 / フツーな日記 / この記事のURL
コメント(0)
さぼりん♪ / 2006年02月18日(土)
サボってばっかで
     ごめんなさぁ〜い!
日記ですかぁ〜?うんw
暇をもてあましておりますw
今はキーリ読んでます
おもしろいよ〜うんうんw
読み終わったら紹介しますのでそれでは
 
 さぁッ夢の続きを。  
Posted at 16:49 / フツーな日記 / この記事のURL
コメント(1)
  | BACK  
 
GMO MadiaHoldings, Inc.