L-シトルリンが不足すると… 

May 23 [Fri], 2014, 15:32
最近でこそ、L-シトルリンが注目されていますが、少し前にはシトルリンの存在すら知らなかった人が多いのではないでしょうか。

意識して摂取することがなかった成分なので、焦って摂ろうとしなくても問題ないのではないかという考えもあるかもしれません。

確かに、シトルリンは食べ物などから摂らなくても、大きな問題は起こりにくいと考えられます。というのも、シトルリンは体内で生成されるアミノ酸でもあるからです。ところが、一方でシトルリンが不足して発生する問題も生じています。なぜ、シトルリン不足で生じる問題があるのか、シトルリンが不足すると何がいけないのかについてお話します。

一酸化窒素の不足

体内では、一酸化窒素が絶えず作られて血管を広げる働きをしています。この働きがなければ、人間の体はすぐに血液が流れなくなって健康な生命活動を維持できなくなるでしょう。シトルリンは、一酸化窒素の生成を助けます。

一酸化窒素は老化をはじめ、ストレスや肉体疲労などによっても生産率が低くなることから、シトルリンを体外から摂取することが一酸化窒素の不足を補うことにつながるのです。

血管に関わるあらゆる病気の予防

一酸化窒素が不足すると、血管に関連する病気が発生する可能性が高くなります。例えば、高血圧や動脈硬化などが代表的な病気の例で、これらは高い確率で生命の危険を脅かすことでも知られています。

高血糖や脂肪過多など、生活習慣病といわれるような病気の類は、血管に大きく関係しています。また、血液循環が悪くなることから起こる冷え性や肩こりなども、血管に問題があることが影響している場合が多いのです。

普段の生活習慣や食事を見直すのと同時にシトルリンの摂取を心がけるようにすると、体調が改善されていく見込みがあります。
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/tarotaro55/index1_0.rdf