やなことも 嬉しかったことも ださいことも
いつか誰かと全部笑って話せたら
それだけで良い人生だと思うんだ

2006年03月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
New Comment
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:taoruzu_yuzu
読者になる
Yapme!一覧
読者になる
王子様 / 2006年03月30日(木)
小さいころに見た絵本のように

背が高くて
足が長くて
鼻が高くて
格好よくて
優しくって
面白くって
男らしくて
誠実で
強くて

そんな王完璧な子様がいたって
もう私は恋なんてしない

背は少し低くて
足は短くて
鼻はぺちゃんこで
顔は中の中で
我侭で
面白味もなくて
女々しくて
優柔不断で
腕っ節も弱くって

浮気ばっかりだし
全然わかってくれないけど

本当は不器用だけど、優しくて
誰よりも何よりも
私をスキでいてくれる


柄じゃないけど

あなたが私の王子様
 
   
Posted at 00:03/ この記事のURL
コメントくらさぃ(゚Д゚)(0)
欲しくない / 2006年03月29日(水)
何もいらない
何も欲しくない

スキなんてゆわないで
愛してるなんていらないの

離れてく癖に
あたしだけじゃないくせに

一番じゃないならいらない
永遠じゃないならいらない

一番も永遠も絶対ない
そんなのわかってわ
だから初めからいらないの

失いたくないの
弱いあたしは
依存してしまうから
好きになってしまうから

ずるいよ 酷いよ
初めから人の心かき乱して
鷲づかみにしといて
そのくせ簡単に離れていくんだ

だからいらない
なにもいらない
なにもほしくない

独りが寂しいなんて
そんな感情いらないの
 
   
Posted at 15:26/ この記事のURL
コメントくらさぃ(゚Д゚)(0)
矛盾 / 2006年03月29日(水)
独りじゃなくて
独りでいたくて
独りが怖くて
独りになる

繰り返される矛盾の世界に
嫌気が差すけど
出れない私は
やっぱり矛盾してる

大事だと思える人がいる
大事だと思ってくれる人がいる
私は、独りなんかじゃない
本当は、わかってる

だけど

絶対や、永遠なんて、ないから
依存してしまうのが、怖いから
離れていく悲しみが、嫌いだから
独りでいれば、知らずにすむから
独りのままで、いたいの


わかってるの
答えなんて
ただ 知りたくないだけ
わかりたくないだけ
 
   
Posted at 14:29/ この記事のURL
コメントくらさぃ(゚Д゚)(0)
例えば、それが / 2006年03月26日(日)
例えばそれが、恋じゃなければ。
ボクは今、ここにいたんだろうか
 
 続きょむ?(´∀`)  
Posted at 13:43/ この記事のURL
コメントくらさぃ(゚Д゚)(0)
恋 / 2006年03月26日(日)
恋をしていました





ある日あのヒトは
優しく笑って
私にナイフを突きつけました

そしてあのヒトは
悲しく笑って
私を抱きしめるたのです

赤い赤い運命の糸が
とめどなく流れて
私たちは繋がりました

あのヒトは少し泣いて
幸せそうに笑ったのです

そして私は
霞みゆく視界の中
手を伸ばし
愛してるというです


酷く 幸せな

恋をしていました
 
   
Posted at 00:47/ この記事のURL
コメントくらさぃ(゚Д゚)(0)
儀式 / 2006年03月25日(土)
ほんとにもう、
馬鹿みたいだと、そのヒトは笑う。


儀式


いつからだったのか


思い出せないくらい昔だったのか
それともつい最近だったか
定かではないけれど

二人きりになると決まって
そのヒトは僕に言うようになっていた

気づいてるんでしょう、と
馬鹿みたいでしょう、と

そして僕は決まって言う

何のことだ、と
何故、と

まるで儀式みたいに
繰り返す 呪文のように
こんな意味のないやり取りを
飽きもせず 繰り返していた


いつからだったのか


あのヒトを見る目が
あのヒトに触れる手が
あのヒトを呼ぶ声が

切なそうで 幸せそうで
苦しそうで 嬉しそうで

愛しくて愛しくて
どうしようもないと

そう言っていたのは


いつだったか


その人は一度だけ
僕の前で涙を流した

少しだけ笑いながら
ありがとうと言った
そのヒトは
酷く悲しい顔をしていた


いつからだったのか


ほんとにもう、
馬鹿みたいだと、あなたは笑う。

その言葉に あの涙に
どんな意味が込められてるのかんて

気付いたのは


どうしてだろうか


気づかないふりをして

何のことだと 何故だと

僕は答えるのは



それがどうしてかなんて
本当はもうとっくに
気づいてる

だけど僕は 決まって知らないフリをする

僕の目が
僕の手が
僕の声が

どんな意味を持って
その人に近づくのか



気付かないフリをする

繰り返される

僕らの儀式
 
   
Posted at 15:12/ この記事のURL
コメントくらさぃ(゚Д゚)(0)
矛盾 / 2006年03月24日(金)
誰かに必要とされたくて
そのくせ他人を拒絶してる

強いあたしはゆうの
君のためなら傷ついてもいいと
弱いあたしはゆうの
もう傷つくのは嫌だと

前に進まなきゃ
だけど 今はどうしようもなく怖い

信じれない?
違う 信じてる
信じたくない?
違う 信じたいの
違う 違う

信じるのが 怖いんじゃなくて
裏切られるのが 怖いんじゃなくて

誰かにただ、必要とされたいの
誰かにただ、がむしゃらに
求められたいだけなんだ
あたしの気持ちとか全部知らなくていい
ただただ、
たった一つの感情が 欲しいだけ

好きになってくれなくていい
だけど嫌いにならないで?
どうかあたしを愛して下さい
誰も愛せないくせに?
矛盾してる なに言ってるの?

多分あたしは寂しいんだ
どうしようもなく一人ぼっちな気がして
我慢することも
甘えることも出来ない
ずるくて弱い自分は
ただ無条件で愛して欲しいと
無理な願いをするの

死にたいんじゃない
いなくなりたいんじゃない
友達だっている
恋だってしてる
大事な人はたくさんいるの

だけどただただ、寂しいの

涙が出る だけど疲れた
頑張ってる 頑張らなきゃ
でも頑張れない
笑ってた 笑っていたい
だけど最近作り笑顔ばっかり

寂しい
怖い
辛い

誰も要らない
そんな訳はないけど
誰も要らないくらい
あたしを求めて欲しかった
 
   
Posted at 20:08/ この記事のURL
コメントくらさぃ(゚Д゚)(0)
しんどいの / 2006年03月24日(金)
わかってるの
あたしは狡い
別に病院に行って鬱ってゆわれたんじゃない
けど暗くなったり明るくなったり
不安定で。
あたしはわかんないよ
好きになるって何?
スキでスキでどうしようもないはずなのに
1秒前は愛してたはずなのに
次の瞬間は愛ってなにかわからない
だけどまたすぐに愛してると思う
心が見えないから
形にならないから
不安になる
真希を必要とする自分と
独りになりたい自分がいて
作り笑顔が悪いって
そんなこと思ってるわけじゃない
だけど本気で笑いたい
愛想笑いも嘘も
あたしは得意だし
そうやって生きてきたし
きっとこれからもそうやって生きるけど
あたしは世渡り上手って
みんなに言われてたけど
適当に楽しんで適当に笑って
適当に悲しんで青春して
現実主義で、夢とかなくて
それなりにお金求めて愛とかゆって
適当に生きることが
うまく生きる術だと思ってたけど
だけど
たまにどうしようもなく孤独で
適当なはずなのに
本気で嬉しいって思ってた気もする
本気生きてた気もする
だけど計算とか打算的な生き方抜きで
生きてた訳なんかじゃなくて
矛盾ばっかで
どうしたらいいのかわかんないよ
裏切りって何?
人の気持ちなんて変わるのが当たり前で
誰かが自分を騙したりしたって
あたしに責める権利なんかあるの?
あたしは酷い人間だもん
誰も責めれない
だけど嘘をつかないで欲しい
そんなのって勝手な言い分じゃない?
あたしは誰にも嘘ついたことないの?
無意識にでも裏切ったことあるでしょ?
そういってくる自分がいて
何もいえない 何もわからない
もうしんどい
 
   
Posted at 20:07/ この記事のURL
コメントくらさぃ(゚Д゚)(0)
人形 / 2006年03月24日(金)
例えばあたしがいなくなれば
あなたは泣いてくれるのでしょうか
心から悲しいと思うのでしょうか

だけどあなたを愛する人が
きっとあなたを支えるのでしょう
そうしたら私は
思い出でしかなくなるのでしょう

それが酷く悲しくて寂しいなんて思う
私はなんて愚かで我侭なんでしょう

私はいつだって独りよがりで
あなたのためと言う優しさを振りかざしても
それは只の自己満足の偽善でしかないから
あなたが私に愛想を尽かしても
それはきっと仕方ないんでしょう

それでも離れない欲しいなんて願う
私はなんて自分勝手で馬鹿なんだろう

こんなものは疲れると
あなたはそう思うのでしょうか




あなたは去っていく
私は上手く働かない頭で考える
ぼやけた視界に写る君は
酷く悲しい背中をしていて
あぁ
私はとうとう一番大事なものさえも
全てを 失ってしまったんだと
ぼんやり考えた

だけどもう
名前を呼ぶ勇気も
追いかけていく力も
なんにもないから

私は一人で そこから動けなくなった

手を引いてくれた
優しいあなたまで
私は失って
一人で死んでいった

頬を伝ったのは
涙だったのかしら


雪が降る日に壊れてしまった人形の話
 
   
Posted at 20:06/ この記事のURL
コメントくらさぃ(゚Д゚)(0)
P R
■プロフィール■
かな
16歳 O型
お笑い最高
ゆず・BUMP愛
板倉さんに恋
悩み多き乙女?
 
 
Global Media Online INC.