砂川だけどサイチョウ

September 22 [Thu], 2016, 14:42
妊活中の話ですが、産み分けについて興味があったので、本を買って読みました。上の子が男の子でしたし、次は出来たら女の子が良いなあ、と思っていました。本に載っていたように、排卵日を特定した後うまくタイミングを合わせたりしながら、産み分けに挑戦してみました。妊娠が分かったときは嬉しかったのですが、産み分けの事もあって赤ちゃんの性別を先生に確認するまでは少し心配もしましたが、産み分けのおかげか、女の子を授かることが出来ました。主人も待望の女の子という事で大喜びでした。胎児が元気に成長するために最も重要な働きをするのが葉酸です。食事による摂取が一般的ですが、簡単に適切な量の葉酸を補給できる、という点ではサプリで摂ることが望ましいです。では、実際に葉酸サプリを活用した場合、いつからいつまでが補給期間なのでしょうか。一般的には「妊娠前から授乳期の終わり」までだと言われていますよね。妊婦にとって、葉酸が一番必要となるのは、妊娠初期の3ヵ月間だということは良く知られています。とはいえ、母体の健康を維持するためにも重要な役割を果たしているのです。ですので、妊娠を計画している方は、今から葉酸サプリを飲み、授乳終了まで普段の食事とサプリによる葉酸摂取を続けるのが良いでしょう。なんとなく不妊を疑いはじめたら、基礎体温計測から始めてみましょう。平均体温と基礎体温は違います。基礎体温を見ると女性のホルモンバランスの変化が推測できて、不妊治療の大事なきっかけになるのです。基礎体温計は小数点以下2ケタまで測れます。変化の少ない朝(起きたとき)に測り、毎日続けるといったお約束がありますから、それを守ってつけていくことが大事です。一日忘れても根気よく続けていきましょう。治療段階で判明する不妊の原因というと、排卵障害や着床障害といった女性由来の場合と、精子の運動量が低下したり数が少なかったり、あるいは性機能障害等の男性側に原因があることとが考えられます。ただ、原因を一つに絞る考えは現実的ではありません。不妊対策をしたいと思ったら、男女ともに検査を受けることが必要です。大きくなってきたお腹を見ると、最近まで不妊治療に通っていたのが嘘のようです。不安に思い始めたのは結婚から2年目くらいですね。タイミングがわかるよう基礎体温アプリを使ってみましたが、授かることができず、友人知人が妊娠したという話を聞くたびに、このままだったらどうしようと落ち込みました。産婦人科の検査はドキドキしましたが、おかげで何が原因かも判明し、排卵誘発剤の服用を始めると、三周期目で赤ちゃんを授かることができました。薬も効きましたが、原因がわかってホッとしたおかげもあるでしょう。妊娠前から妊娠3ヶ月の妊娠初期において、葉酸の摂取が推奨されています。ところで、この期間を過ぎた妊婦に葉酸が無くても良いのでしょうか。妊娠後期は初期に比べて、葉酸が不足する傾向が落ち着くのですが、だからといって全く気にする必要が無いのかと言うと、そうではないのです。胎児が先天的な障害を発症する可能性を減少させるという有効性に限った話では、妊娠3ヶ月までの期間が重要な期間だという事です。ですから、この時期での摂取を特に意識して欲しいという事であって、葉酸の摂取はこの期間だけに限った話ではないのです。妊娠を希望している方や、妊娠を計画されている方に知って頂きたい話なのですが、この時期に気を付けるべき栄養素として、亜鉛が大変重要な働きをしますので、忘れずに摂取するようにしましょう。亜鉛は卵巣の正常な働きに重要な成分で、健康的な卵子を成熟させるのに、大変重要な役割を果たしている事が分かったからです。妊活中の女性以外にも、男性側も、亜鉛を摂取することで、妊娠に高い効果があることが分かっています。質の高い精子をつくることを助けてくれるんですね。健康な赤ちゃんを授かることの出来るように、夫婦での亜鉛摂取を始めてみるのが良いと思います。友達のところもそうですが、うちも二人目不妊でクリニックに通い始めました。できれば夫婦そろって病院で診てもらいたかったものの、言えば不機嫌になりそうだったので、とりあえず自分だけで、タイミング療法に取り組みました。月に一度通い、一回3000円と手頃でしたが、即、妊娠できるというわけでもなく、葉酸サプリが良いというので高いけれど使ってみたら、幸い、それからしばらくしたら、二人目の妊娠が判明。やったぁ!と思いました。嬉しかったです。不妊を考えるとき、ストレスは無視できないでしょう。ストレスは体内のホルモン合成を妨げ、子宮や卵巣の機能が低下することがあります。また、周囲の期待感や気遣い、焦りといった感情が不妊治療とあいまってストレスになるケースもあり、相当悩んでいる人もいるのです。穏やかな気持ちで治療を続けることは妊活の最初の一歩とも言えるでしょう。胎児の先天性障害発症リスクを抑えるために、葉酸が不足しがちな妊娠前から妊娠初期は、サプリメントでの葉酸摂取が良いとされています。では、葉酸サプリはいつ飲むのが効率的なのかというと、食事の後、30分以内にサプリを飲むようにするのが良いでしょう。食事で摂れる栄養素が、サプリによって補給された葉酸に作用することで、葉酸も効率よく働けるという訳です。逆に、胃に何も入っていない状態で摂取すると、葉酸が効率的に働かないだけでなく、食欲不振や吐き気などの、胃の不快症状を訴える方もいるので、必ず胃に何か入った状態でサプリを摂取してください。皆さんご存知のように、妊娠中は葉酸だけに気を配れば良いのかと言うと、そうではありません。さらに、葉酸単体での体内利用率は低く、それ自体では効果が働きにくくなってしまうため、サプリによる葉酸摂取を考えている方は、ビタミンやミネラルなど、妊婦にとって不足しがちな栄養素を複数入ったサプリがお勧めです。具体的に言うと、ミネラルやビタミンが25種類ほど含んだサプリにすれば、必要な栄養素をきちんと補うことが出来ますし、成分が最大限有効に働いてくれるという訳です。このようなサプリは、妊娠中の方だけに必要なものだと考える方もいらっしゃるかと思いますが、サプリの摂取によって妊娠しやすい体がつくられますから、妊娠を希望している方は、今から飲んでおくと安心です。葉酸が持つ働きは、妊娠の母体と胎児の健やか成長に働きかけるため、厚生労働省によって妊活中や妊娠中に適切に摂取するよう勧告していることからも、その効果が伺えます。では、葉酸をたくさん摂った方が期待できるのでしょうか。実は葉酸は、水溶性であるため、尿、汗と共に体外に排出され、身体の中に蓄積していく、ということは殆ど無いのです。それでは、どれだけ摂っても問題ないのかと言うと、そうでもありません。葉酸を過剰に摂取すると、副作用(呼吸障害・発熱・かゆみ・吐き気など)を引き起こす可能性があるそうです。葉酸サプリは食事での摂取に比べると、過剰摂取に陥りやすい側面もあります。葉酸サプリを飲む場合には、規定量を必ず確認しましょう。妊活は女性側が実践するものがよく紹介されています。しかし、男性側が実践できる妊活もあるのです。それが葉酸の摂取です。不妊などの原因は母体に限らず、夫に問題があったという話も良く耳にします。原因はさまざまにありますが、中でも精子の染色体異常については、着床率を下げるという報告があります。質の高い精子をつくり、染色体異常のリスクを低減するためにも、ぜひ葉酸摂取という妊活を実践してみてください。大学の友達と久しぶりに集まったのですが、その時に葉酸の話になって、その中でもサプリについての話で盛り上がりました。ベルタが販売している葉酸サプリが一番良いと、目をつけているようでした。私は、葉酸は妊娠前からサプリを摂っておいた方が良いと知っていたので、妊娠したと言っていた友達に勧めました。友達には、いつも笑っていてほしいから、元気で健康的な赤ちゃんを授かってほしいと思っているんです。妊娠を希望している方や、計画されている方に向けて、厚生労働省が、積極的な葉酸の摂取を求めています。受胎時からおなかの中の赤ちゃんは細胞分裂を始めますが、葉酸にはこの細胞分裂を正常に促す作用があると言われています。そのため、適切に葉酸が補給されないと、赤ちゃんが、先天的な障害(神経管閉鎖障害など)を発症する可能性が高くなるそうなのです。受胎時からはじまる細胞分裂に影響が出ないよう、妊活中から妊娠3か月の期間、食事で摂取する分の葉酸以外に、1日に400μg(0.4mg)の葉酸をきちんと摂取できるように、栄養補助食品による補給がお勧めです。いまの不妊状態から脱出するのに、食生活から改めるのも重要なことだと思います。栄養をもとに卵子も精子も作られているので、乱れた食習慣を続けていては充分な活動量を持つ精子や卵子は、望むほうが無理なのではないでしょうか。妊娠しやすさのためには夫妻そろって規則的で栄養バランスに配慮した食事を維持していけば、やがて良い結果が得られるでしょう。妊娠をきっかけに病院や産婦人科などの専門的な栄養指導を学んだり、地域主体の母親学級などで、専門家の指導を受けた方も多いでしょう。こうした機会に、葉酸が持つ働きと、葉酸を多く含んだ食品を学んだ方も多いと思います。レバーは、葉酸を多く含んだ食べ物の代表格です。または、ほうれん草などの野菜も、葉酸を多く含んだ食品の一つです。実際に食材から葉酸を摂取しようと考えた場合、いくつかの注意点があります。葉酸は調理の際の加熱で分解してしまい、体内での吸収率が悪いという性質を理解して、摂取するようにしましょう。妊婦の方の中でも、葉酸を普段の食生活で賄うために、葉酸をふんだんに含んでいる貝類やホウレンソウ、またはレバーといった食品を、積極的に食べているという方も多いと思います。ですが、葉酸というものは熱に弱いため多くの食材を食べようと思っても、加熱してしまいますとどれだけ大量の葉酸を含んだ食品でも、調理した後は葉酸は避けられません。一日の葉酸の摂取量を、食材から計算したとしても、不足している、という場合もあります。一般的に不妊治療は費用もかさみますし、タイムリミットを考えると精神的にもつらいものです。居住地の公的な助成金制度も活用できますが、40歳の年齢を境目に給付回数に制限がつく例が多いのが実情です。その年で諦めろということでしょうか。むしろ40だからこそ、支給回数を減らすのはナンセンスだと感じます。私だって来年には四十になるので、見捨てられたような寂しい気持ちで、疲れきっています。妊活中の女性にお薦めしたい食べ物には、手近なところでは豆腐・納豆、魚といった和食の基本的な食品でしょう。レバーも良いのですが無理だという人は、卵やごまなどはどうでしょう。母体作りに必要な栄養が豊富に含まれますから、意識して摂取していきたいですね。しかしそればかり食べれば良いというわけではなく、様々な食品群の中から栄養を摂ることが健康維持にもつながるのも事実です。また、体を冷やすという食べ物は妊娠を妨げるものが多いので、避けたほうが、妊娠してからも楽になります。妊娠を望んでいる方や妊娠初期の方へのアドバイスなのですが、日ごろの食事に気を付けていただきたいことはもちろん、それに加えてさらに葉酸の補給をするように厚生労働省が勧めており、各産婦人科やクリニックでも、そうした指導がされるようになっています。葉酸の適切な摂取は、赤ちゃんが神経管閉鎖障害などの先天的な障害を負うリスクを低減してくれるという話があるのです。もちろん、サプリメントで補給するという手もありますが、その時はサプリメントでの補給が、かえって悪影響にならないように、無添加の葉酸サプリメントを見極めることも大事です。葉酸は妊婦にとって様々な効果をもたらしてくれる心強い味方です。中でも特に葉酸の十分な摂取によって、赤ちゃんの先天的脳障害発症のリスクが低減する点は最も注目したい効果です。今現在、妊活中あるいは妊娠の可能性がある方は、葉酸をしっかりと摂取することが大切だと思います。例えば、葉酸のサプリならば摂取が手軽に出来ますので、良い方法ではないでしょうか。妊婦にとって葉酸は重要な働きをする栄養素なのですが、もし葉酸が不足したら、どのようなリスクがあるのでしょうか。実は、葉酸には細胞分裂を促すという働きがあります。そのため、葉酸の摂取が不十分ですと、胎児の細胞分裂に影響が出るために、先天性の障害などを発症するリスクが高まると言われているそうです。こうした効果以外にも、ダウン症予防の観点から見ても効果がありますから、是非、葉酸の摂取を心がけてください。このところ、妊娠中の女性にとって重要な効果をもたらす栄養素として葉酸が注目されている事をご存知ですか?水溶性ビタミンの一つである葉酸は、十分な摂取によって、葉酸の摂取不足の場合に対して、胎児が神経系障害を発症するリスクが下げられたというデータがあるのです。厚生労働省によると、一日当たり0.4mgの葉酸の摂取が最も効果的であると勧告しています。この数値は受胎直後からの推奨値ですので、受胎直後から赤ちゃんが健やかに成長するように、妊娠している女性はもちろんですが、今妊娠を希望されている方であっても、積極的に葉酸を摂るよう、意識してみましょう。妊婦に様々な効果をもたらしてくれる葉酸ですが、過剰摂取は禁物です。副作用として体にあらわれる症状としては、吐き気であるとか食欲不振などの症状を訴える方もいますし、体がむくんだり、不眠症のような症状が出る方も居るようです。特に妊娠初期の方は、体調や栄養を気になさると思いますが、かえって過剰な葉酸摂取へ繋がることがありますので気をつけましょう。葉酸は、食事で摂ることが出来れば一番ですが、サプリメントであれば、一日の摂取量の目安がついてすぐに分かりますから、きちんと葉酸をとろう、と考えている方には大変便利だと思います。みなさんはどのようにして葉酸を摂取していますか?いくつかの方法があると思いますが、一番良いのは食事の中で十分な葉酸を摂る事だと言えます。具体的に、葉酸を多く含む食品は、代表的なものに、モロヘイヤ、菜の花、小松菜などがありますね。他にも納豆、枝豆、魚介類ではホタテといった貝類も多く含まれています。このように葉酸を多く含む食品は幾つかあるのですが、毎日食べるのは大変だという方は、無理をせず是非、サプリメントを利用してみてください。サプリは厚生労働省によって推奨されている葉酸の摂取法ですから安心です。サプリを活用すれば、毎日の食事での摂取の負担なく、葉酸を摂取できます。妊娠しにくいと思うなら、冷え性を疑ってみるのも良いかもしれません。体が冷えて血のめぐりが悪化すると、代謝が落ちて、ホルモンのバランスが崩れたり生殖機能が低下して妊娠しづらくなるのです。このような状態を緩和するのに、お灸は効果的です。血流のわだかまりを解消し、新陳代謝を促し、リラクゼーションも期待できます。赤ちゃんを迎えるには子宮を温めることが大切です。葉酸は加熱によって失われやすいため、調理法に注意点がありますので、葉酸を食事から摂ろうと思っている方は、ぜひご一読ください。葉酸を出来るだけ失わないよう、加熱しない調理方法が一番おススメなのですが、どうしても加熱の必要がある時にはぐつぐつと煮込むような、長時間の加熱調理が必要なメニューは避け、熱は通す程度にした方が良いと思います。もし面倒だな、と感じる方は葉酸サプリで摂取するのが良いでしょう。ところで、葉酸とはどのような栄養素なのでしょう。葉酸は、ビタミンBの一種で、ほうれん草やブロッコリーに多く含有する栄養素として知られています。妊娠初期の妊婦にとって、葉酸は大変重要な役割をもっている栄養素です。推奨量の摂取を続けることで、赤ちゃんの健康的な成長を助けたり、流産の危険性を減らす効果があります。理想的な葉酸の摂取量について、厚生労働省が発表したところによると、妊娠の初期の段階で400μg(一日当たり)の葉酸を摂ることが良いとされていますので、葉酸サプリで摂取するのも問題ありません。一般的に、野菜の中でも葉酸が多いと言われているのは、高い栄養価で知られるモロヘイヤや、小松菜、菜の花などの青菜の野菜に多く含まれています。赤ちゃんを授かったあと、早めにこれらの食材を摂取することによって、先天異常の発症リスクが抑えられるらしいのです。とはいえ、毎日大量の野菜を食べることが難しいという場合には、納豆とかホタテにも、多くの葉酸が含まれていますので、野菜の代わりにそれらを食べることをオススメしたいです。あまり頑なに考えすぎず、臨機応変に葉酸を摂取するのが良いでしょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:哲平
読者になる
2016年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/taomasknthrecl/index1_0.rdf