ダイエットの際に心しておかなければならない

September 21 [Wed], 2016, 22:59

ダイエットの際に心しておかなければならないのは、糖質や脂肪の摂取方法です。脂肪分をたっぷり含んだ食品はもちろん、吸収されやすい砂糖や果糖を含む甘いお菓子やフルーツなどをガンガン食べてしまうと血液中のインシュリンを一気に増加させるため、脂肪細胞に蓄積されている体脂肪が分解されるのを阻害する方向に働くのです。



本格的腹式呼吸を身につければ、基礎代謝アップできるといわれています。





しょうが湯の飲用やストレッチの実行、半身浴でリラックスしたり、代謝を上げるのも努力がいると思っていたので、まずは呼吸法を習得して、いつでも手軽に代謝を上げたいと期待します。





ダイエットを行う上で必須なのは、負荷の軽い有酸素運動と、負荷の重い筋トレです。





有酸素運動でとりわけ使われる筋肉は遅筋で、筋肉トレーニングで使うのは速筋という名の筋肉です。



遅筋は筋が肥大しにくいため、マッチョになりにくいです。




遅筋と速筋を一緒に鍛えると、素敵な体型に徐々に近づいていけるでしょう。



減量食といわれて想起されるのは脂肪や糖分といった成分が比較的少ないものが想像されることが多いかと思いますが、私の経験を踏まえると、塩気を控える食事が非常に効果的でした。



なによりも下半身が気になっているという方には、始めに減塩を行ってみることをアドバイスとしたいですね。



ストレスがたまったり、小腹が空くと、コンビニで菓子パンを買って食べていました。恥ずかしいのですが週に5日くらいも菓子パンを食べる習慣ができてしまっていて気が付くと体重増加していて当たり前のことなのに、自分ではビックリでした。お腹の肉がダブつきズボンのサイズも合わなくなり自分のせいなんですが、悲しいです。間食すると太るということを思い知りました。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:リュウト
読者になる
2016年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/taolboiusofnue/index1_0.rdf