ちょっと遅いサークル連合新年会

February 05 [Sun], 2017, 13:48
2月4日
少し遅れた、サークル連合新年会を開催
昨年末にインフルエンザが蔓延し忘年会企画をやむなく断念
メンバー待望の新年会
会長のご挨拶でスタート




食べ物はコースで、飲み放題付き
好きな飲み物を好きなだけ注文できることに、みなさん夢中






タブレットで注文し、品物が届く間に通りかかる定員にも口頭で注文
いつも同じ飲みものが2つずつくることに、メンバーも
食べて、とにかく飲んだ1次会でした


2次会は、スナックへGo!






カラオケ三昧
他のお客様や店員さんもメンバーさんの唄を盛り上げてくれ
とても楽しい時間を過ごしました




今年は、サイクリングどこに行こうか
雪が解けるのが、今から楽しみです



サイクリング第3弾〜富良野編〜

October 02 [Sun], 2016, 6:09
9月24、25日
今年初の一泊サイクリング開催
今回は富良野往復約120Kコース
昨年の札幌往復よりは距離は短いが・・・
アップダウンが多いコース

7:30いつもの集合場所に集まり
自転車点検と集合写真のあと、いざへその街富良野へ


国道38号線をひた走ります


16:40無事富良野到着(早)
※行きのコースに私が参加できず、写真もありません・・・

今夜泊まる旅館のおばちゃんに送ってもらい
夕食はでっかいにぎり寿司の「福寿司」で堪能




翌日・・・(ようやく私も合流)
旅館でまったりしているところに突入




親切にしてくれた、旅館のおばちゃんに皆さん感激
あったかいおもてなしからまた来たくなる「山水旅館」でした




旅館をあとに、復路スタート
途中、北海道のどまんなかに立ち寄り




富良野市を出発


向かうは、芦別市


見事な秋晴れの中、順調なペースで進みます


途中、○ションタイム(昨日のビールが・・・)


途中、長い下りのトンネル走行
スリル満点でした




約2時間後に芦別道の駅到着


このころになると、昨晩深夜のラーメンが消化され
お腹の調子も良くなったようです

このペースで赤平市へ


12:30、赤平到着
炭焼き豚丼が看板メニューの食堂でランチ休憩




食後は、疲れが出て睡魔に襲われます
サイクリング、このランチ休憩後が一番の試練

案の定、体がドンと重くなりペースも落ち気味の中
赤平市内を抜けた心臓破りの上り坂




そこからは、一気に下り、滝川市へ


残り10Kがとても遠く感じます

16:00 無事新十津川到着


走行時間約4時間のハイペース
行きより2時間30分速く到着しました

今年の1泊サイクリング
秋の景色を楽しみながら、自転車を満喫しました


メンバーから「来年は2泊3日で・・・」の声

そろそろ、本格的な自転車が必要か・・・




サイクリング第2弾! 空知のチカラ編

August 08 [Mon], 2016, 21:30
8月7日
今年度2回目のサイクリングサークル開催
今回は、砂川で開催された空知知的しょうがい福祉協会主催
「空知のチカラ」経由で歌志内チロルの湯コース(約48Kコース)

ここ数日、30℃越えの真夏日
水分補給して熱中症対策しながら11名のメンバーが参加


先月、急遽行事が入り、中止になった分
新車を購入した方は相当待ち遠しかったようです


見事な青空と緑が茂った風景を見ながら
最初の目的地「砂川こどもの国」へ






スタートして1時間で目的地到着


空知の仲間たちが、障がいを持つ方々のパワーを発信!
自慢の製品が大集合


もちろん、フレーバーカントリー、ひかりカフェも参戦




少し早い昼食をとり


次なる目的地「歌志内チロルの湯」へ


途中から、サイクリングロードを走行
アップダウンが少なく、非常に走りやすい




砂川を出発してから、約1時間でチロルの湯到着


疲れと汗を流し、しばしまったりタイム
気温が少し下がったのを見計らって、チロルの湯出発

途中、しばらく森林浴をしながらサイクリングロードを走り




帰りは、赤平経由で新十津川へ




夕日を見ながら、一休み


普段、なかなか風景を楽しむことがない忙しさの中
自転車だからこそ、一つ一つの景色が身に沁みます・・・


18:00 新十津川に無事到着しました

みんな、日焼けで真っ黒

今回はサイクリングロードがここまで整備されていること
とても、走りやすいことを知りました


次は来月 富良野1泊コース
雨が降らないことを願って・・・








夏のイベント〜ふるさと祭り〜

August 06 [Sat], 2016, 8:13
7月31日
しんとつかわふるさと祭り開催
フレーバーカントリー&みっくすカフェが参加しました




朝から天気が良く、とても暑い日
あざれあ工房の独自ブレンドアイスコーヒーが飛ぶように売れます
ひかりは米粉シフォン、米粉ドーナツ




陽だまりの郷のクッキーを販売


フレーバーは前日のビールパーティに引きつづき
フランクフルトを販売


町内外からたくさんの方が訪れるイベント
日ごろ一生懸命製品をつくったものが、お客さんに売れること
社会参加であり、やりがいにつながります




暑い中、イベントを楽しみながら
充実した一日を過ごしました






先進地視察(総務民生)

August 01 [Mon], 2016, 22:07
7月29日
総務民生常任委員会で政務調査を実施
道内でも、共生型のまちづくりを見事に実践している当別町
まちの防災拠点と様々な防災体験や訓練ができる千歳市を視察

当別町では、障がい福祉中心とした共生型福祉のまちづくりを実施
医療大学の学生達のボランティア活動から発足した社会福祉法人ゆうゆうが中心となり、町、社会福祉協議会、医療大学、地域住民が一体となった様々な仕掛けを繰り広げている


視察に伺った「ガーデン」は共生型オープンサロン


障がい者の就労支援としてのカフェに高齢者による駄菓子屋プラス


地域の方が自慢の腕をふるって料理を提供する「1日コックさん」
人が集まる仕掛け、人が活きる仕掛け、生き甲斐が生まれる仕掛け

その他に障がい者就労レストランに地域の農園をプラス




野菜づくりが得意な地域のボランティアの力を活かした高齢者の生き甲斐農園 取れたての野菜をレストランのメニューに・・・




地域福祉ターミナルでは
小さな子どもから高齢者が集まる「ごちゃまぜサロン」
有料ボランティア制度による「パーソナルアシスタント」など社会福祉協議会とゆうゆうが協働でボランティアコーディネートをしている


すべての事業のテーマが「共生」で、支えられながら、支えているという仕組みを様々な事業で展開、実践していいた


次の視察地「千歳市防災学習交流施設 そなえ〜る」


新十津川町の各団体も視察に訪れているこの施設
総事業費21億円(国の補助75%)でH22年度に完成


3つのゾーンで様々な防災体験や訓練が可能となっている
毎年(9月)市の総合防災訓練の場でもあり
災害時の拠点施設にもなっている


体験コーナーでは、日本で起きた大地震を体験できたり
煙の中での避難体験など、体験設備も充実




千歳市は自主防災組織の組織率は73%
町内会単位で組織化されているとのことであった


地域組織化は福祉職の大きな役割の一つ
前回の政務調査でお邪魔した古平福祉会
今回、視察した当別町の実践

まさに、福祉はまちづくりであり、町の福祉法人と行政、各種団体がチームとなり、進めていくことの大切さを感じました








プロフィール
  • プロフィール画像
  • ニックネーム:小玉ひろたか
  • 性別:男性
  • 誕生日:9月21日
  • 血液型:A型
  • 現住所:北海道
  • 職業:専門職
  • 趣味:
    ・日本酒
    ・自転車
    ・小説
読者になる
志を高く!感謝と感動の人生を邁進中。
2017年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
最新コメント
某施設の相談員☻
» 59キロ自転車の旅 (2014年09月07日)
小灯路
» 全国会議スタート! (2012年07月10日)
白銀
» 秋晴れ (2011年09月26日)
白銀
» ふるさと帰省(歌登) (2011年08月06日)
小灯路
» また新たな第1歩 (2011年04月01日)
ありさ
» 米とぎ (2011年02月21日)
あやか
» 息子の活躍! (2011年02月17日)
あやか
» 寝まくり (2011年02月08日)
カルミア
» 試験勉強 (2011年02月06日)
DAM
» 謹賀新年 (2011年01月06日)
Yapme!一覧
読者になる
P R
http://yaplog.jp/tao-tao-tao/index1_0.rdf