【 更新情報 】

スポンサード リンク

タントの魅力

タントの魅力は何といっても室内の広さですね。それにセンターピラーがないので小さい子ども、お年寄り
などの乗り降りにとても良いです。

'08.12のフルモデルチェンジの最新のタントは、パワースライドドアとキーフリーシステム、電動格納式ドアミラーがセットになったワンダフルセレクションがあります。

タントカスタムは、Vセレクションがあります。全長が3395mm、ホイルベース2490mmで空間を最大限に広く設計されています。新型タントはお母さんと子供の意見を、まず取り入れた車なので、子育てのファミリー用に嬉しい機能が充実しています。タントカスタムは、若い世代用に機能を考えた設計になっています。タントは子育て家族用、タントカスタムは、若い世代用と作られています。

収納もベビーカーや折りたたみ自転車が入るスペースがあり多目的スペースとして便利です。タントの燃費も公式比で、14%アップ。10・15モード燃費で20/前後と低燃費になっています。走りもスムーズに無段変速機(むだんへんそくき) (CVT)を採用しています。

タント度グレード選び

ユースケサンタマリアと小池栄子が夫婦役でCMをして、家族で乗る車としての特長を強調していますが、
タントの評判の良さは、広いだけでなく、他の機能面でも評価が高いことがわかりました。

とりわけ、収納スペースおよびその設置の仕方が使う人のことを考えて設計している点で、約30以上の車種の中でも、高い評価を得ている。タントは全10種類のバリエーションでどのグレードのタントを選ぶか、迷うところですが。選ぶ一つの方法としては、目的別で選ぶと良いでしょう。

4WDにするかFFにするかは、悪路や、雪道などには4WD。平地が主なところではFF。そして、グリーン税制が適応しているのは、自然吸気タイプのFFのタントだけなので嬉しいところです。タントでもノーマルに近いほうが燃費などでも、他の車と同じくいいようです。

初心者に嬉しいバックモニターはお勧めです。カーナビも必要ですが地上デジタル付きがいいですね。それと、高速道路では、ETC付が高速料金などの優遇の対象になっているのであったほうがいいですよ。ETCは比較的簡単に自分でも付けられます。

タントの税金関係

タントは軽自動車なので税金関係は普通車よりは安いのでその点も嬉しいところです。年間7200円。車検時に必要な経費は、自賠責保険は、24ヶ月で24880円、重量税は24ヶ月で、8800円。印紙代1400円。その他整備料など含めて約10万前後はかかると思います。

これは、合い見積もりで少しでも安くしてもらいましょう。それから、任意保険も忘れずに・・・。ちなみに、対人無制限対物500万と搭乗者が1000万、新規加入の条件で調べると、タントですと約59000円〜66000円、普通自動車は、約85000円〜87000円ぐらいです。金額だけでなく、保険会社によっては、事故交渉をすべて代行してくれるサービスや故障時にレッカーが無料とか、JAFのサービス、などを付けると金額も変わりますので、何社か比較することをお勧めします。タントは軽自動車なので維持費などいろんな面で費用が低く抑えられます。普通車にしようか軽自動車にしようか迷っている場合はその点も考えて選びましょう。

タントの買い方

タントを新車で買いたい時にどうするか考えましょう。全額を、現金、ローンで買う方法と、半額を3年で払うもちろん、現金やローンで買う方法です。オニキスのワンナップシステム(新車半額)とジョイカル(新車半額)がありました。

例えば100万円のタントだと、半分の50万を36回で払うと均等払いで、約13888円です。3年後半分残ります。それを続けて乗る場合と他の車を買う場合と、もう乗らない場合と選べます。その時に査定をして50万より査定が高い場合はキャッシュバックし、査定より下回れば、支払清算となります(乗らない場合)。

ダイハツでは、'08.12/17にタントの特別仕様車を発表しました。3種:タントワンダフルセレクション+タントカスタムVセレクション+タントカスタムVセレクションターボ。タントカスタムVは2車種とも走りを重視した装備になっています。タントワンダフルセレクションは、運転席シートリフター、パワースライド、チロルステアリング、撥水ドアガラス、キーフリーシステムを装備したタント特別仕様車です。

タントは人気が高いです

ダイハツタントはとても人気の高い車です。中古車と新車があまりかわらない場合が多いです。実際にダイハツのディーラーに行くと中古車も扱っている場合が多いので、実際に見せてもらうのがいいでしょう。

タントに人気があるということは、使い勝手やその他のいい点、悪い点を考えても、プラスの要素が多いということでしょうね。新型タントは燃費も向上していますが、どうゆう条件で運転したかによって変わってきます。急発進でアクセルを踏み込むのが多ければ、どんな車でも、燃費は悪くなります。

やはり余裕を持った運転、平均的な速度を保つなど安全運転が、燃費向上や事故の起こる確率を少なくできます。当り前なことなんですが自分の家族、同乗者が安全に楽しく目的地に着くということはとても素晴らしいことです。同時に歩行者や他の車の人との関係も良い状態に保たれると思います。年々車の性能は良くなっていきますが、運転する人の心がけ一つで、安全性や燃費なども変わってしまうことを心に入れて、私も運転して行きます。

イライラしている時は、深呼吸を何回かして、運転しましょう。事故なく目的地に着くことは、当り前でなく、とても素晴らしいことなんです。そして、競合する軽自動車は何か。ズバリ、パレットでしょう。
P R