東京都杉並区 - 高貴なマダムの名曲喫茶 

2016年03月22日(火) 23時06分
高円寺に所用があって出かけたものの、予定まではまだ時間があり・・・


ああ、そう言えば高円寺にすごくいい名曲喫茶があると聞いたことある 毎度おなじみのスマホを駆使して場所の見当をつけて駅南口をグルグルしていると裏通りに緑のビニールカバーがぼんやりと浮かんでいる・・・ここが高円寺の名店「ネルケン」
  


中はいったいどんな感じなのか期待が高まるこの入り口・・・
 


木、木、木・・・なんと丸木が仕切りになっておるのです
  


絵画に彫刻があちらにも、こちらにも・・・
     


店内をやさしく照らす電灯がいい雰囲気を演出しています



優美な曲線を描くカウンター



私が訪ねたこの時間はシギスヴァルド・クイケンが流れるなんとも渋いセレクト♪ 自分自身はヤクザな音楽をやっているが、従妹がアカデミックな古楽を学んでいた影響でクイケンの演奏が好きだったりする。


この店は昔の映画やドラマでしか見かけないような気品のあるマダムが営んでおられる そんなマダムに今日の曲はとても自分好みであると帰り際に伝えたらとても喜んでくれた☆ またいつか丸太に囲まれていぶし銀のような響きのヴァイオリンに耳を傾けてみたい・・・

親なるもの断崖 

2015年12月31日(木) 22時35分
それなりの年齢になれば、かつて日本に遊郭というものが存在していたことはわかるようになるものだし、そこがどのような場所であったのかも知ることになる。

遊郭、赤線建築を求めて津々浦々を訪ね歩く者であるなら、遊里に関する知識は人並み以上にあるだろうが、この漫画から受ける衝撃の大きさは計り知れないものがある・・・やはり画の力というものは凄まじい・・・

インターネットのダウンロードから火がつき再版、これほどの傑作が再び陽の目を見ることとなった 来年はどこへ出かけることになるのだろうか・・・旅の前にもう一度これを読み返してみよう・・・

東京都八王子市 - 田町の新名所☆ 

2015年11月03日(火) 17時15分
都内に残る最後の妓楼群、八王子田町に新たなグルメスポット登場と聞きつけて出かけてみた 旧松屋旅館が焼失してから跡地がどうなったのか気になっていたこともあり…


その旧松屋と大門通りを挟んで斜向かいに噂のお店が カレー専門店である ネット情報によると今年8月オープン お隣は現存する妓楼のひとつ、あらためて目の前で見るとその大きさに圧倒される
  



ゲートから奥へ進んで入り口へ…




カレー屋さんの中、立派な梁が見えるような仕組みになっている。
    



季節もの、ナスの入ったカレーを注文 マイルドな辛さでとても食べやすい☆ カレーのみならず付け合せも美味、ちいさな所にもこだわりが 当ブログは食レポではなく赤線跡なぞを探索する内容であるからして、ここではお店の名前は公表はせず(「八王子 田町 カレー」などと検索するとすぐに出てくる)。




帰り際に屋根の裏側を拝見♪ いい色になった装飾も残っていた・・・
 



わが国の飲食店、ジャズがBGMで流れているケースが非常に多い♪ 外国人が日本で食事をすると「日本人は食事をする時もジャズを聴くなんてよほど好きに違いない」などと勘違いしたりするほど…「洒落た空間のBGM=ジャズ」ってのはいかがなものだろうか? ジャズを好んで聴いて、なおかつ演奏する自分からすると非常に違和感がある…食事をする所に音楽は必要ないような気がするのだが…



田町遊郭跡のシンボルとも言われていた旧松屋の跡地、倉庫みたいな建築に変わっていた…世間には放置されてあばら家となっている妓楼も数多い…そういう状況を考えてみるとここは土地が有効活用されていると言えなくもない(・_・)
プロフィール
  • アイコン画像 ニックネーム:tansoku58
読者になる
2016年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31