1500の力

March 30 [Sun], 2014, 15:48
実際に、全く逆 - 私は楽しみのトン過去2週間を持っていなかったではないことを。
この専門で使用されるツールや技術は完全に魅力的です。
私は血と勇気を愛し、私は、この回転の間、それをたくさん得た。

この専門は私にとってあまりにも男性的である。それが正しい位置に骨をスナップし
人々の体にハードウェアをねじ込む/ハンマー、スポーツ医学がすべてです。
さらに、泌尿器科のように、すべての5の新しい整形外科医のうち未満1が女性である。
しかし、この専門の偶数の女性はジョックです。
私は、今までスポーツを気にしたことがないと私は整形外科の男性中心の文化とJIVEない。
我々は手術を終えた後に例えば、住民の1は私を「拳ぶつかった」

私は、 MED学校に来て以来、この問題に苦労している
私は、女性が十分に表現され専門を選択する必要がありますか
私は、新しい境地を開拓される場所私は1つを選ぶ必要がありますか?
後者のオプションについての何かが私にはとても魅力的なようです。

心のフェミニストは、私はそれが必死に女性が必要な分野であること
または専門に入り、女性の次の世代のためのメンターであることが素晴らしいことだと思う。
しかし、それは実際にこれらの専門分野のいずれかであることを
意味するもの見たことそれは私のためだけではありません。

あなたはどう、読者?あなたがたのうちには、あなたの
キャリアの選択肢に性別を考慮しなければならなかったことがありますか?

P.S.次は: 1週間の休暇 - 私の最初の1年中!私は非常に
アディロンダックスに時間を費やして、そして次の
金曜日ベツレヘム中央高等学校からの私の妹の卒業生を見て楽しみにしています。
私の中断の後、そして産科/婦人科が来る。あなたはあなた、私の長年の読者なら

生きがいはなんぞやときかれ、答えは男道
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:tanoshihenka
読者になる
2014年03月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/tanoshihenka/index1_0.rdf