【 更新情報 】

スポンサード リンク

コレステロールと食事

一体どの様な食生活にすれば、高コレステロールの体質を改善する事ができるのでしょうか。
一般的に高コレステロールの体質を改善する食事は、肉類、油脂類、糖類を摂り過ぎないように食事の内容を見直す必要があります。

肉類、油脂類、糖類の量を普段の食事から減らしていくのと平行して、肉類を選ぶ時に赤身の肉にするなどの食材の質の改善も重要です。

油脂類についてはバター、マーガリン、マヨネーズなどの調味料を控えた食事にしましょう。
野菜は食物繊維が多く含まれる為、十分に摂取できる食事を心がけましょう。

体の代謝を活発にするために野菜に含まれるビタミンやミネラルは、とても重要な役目を担っているのです。
これらの栄養素は動脈硬化の予防や、血管の老化を防いでくれるのです。

食物繊維は、海藻類やきのこ等に多く含まれ、生活習慣病予防の為にとても注目されている栄養素なのです。腸内でコレステロールや中性脂肪、糖質を吸着して排泄する働きもあります。

善玉コレステロールを増やす働きがあるのは、脂肪のなかでも魚類に含まれる脂肪です。
オレイン酸はオリーブオイル等に多く含まれていて、悪玉コレステロールを減らし善玉コレステロールを増やすという働きがある為にとても注目されています。

普段の食事を見直す事で驚くほど、高コレステロールの体質を改善することができるので、コレステロールが気になる方は是非取り組んでみてください。

コレステロールの知識

食事によって脂肪の多いものを摂りすぎると、同時にカロリーの摂り過ぎとなり、肝臓からコレステロールを必要以上に作り出してしまいます。

病気を引き起こしやすくなるのは、コレステロールの摂り過ぎで血中コレステロール値が高くなった場合です。食事からしかコレステロールは摂取出来ないと思われがちですが、コレステロールは肝臓で作られる量のほうが多いといいます。

病気になった原因が、食事から摂取するコレステロールだったという方はほとんどいないのです。
健康な人であれば、高脂血症等の方を除いて、血中コレステロール値を体内で調節することができます。

毎日の食事から摂取するコレステロール量は、過度に敏感になる必要はありません。
悪玉コレステロールを処理出来なくなり、血液中に溜まってしまう原因は、肝臓機能が低下している場合です。

このことが原因で、高コレステロール血症や、動脈硬化等が起こる場合があるのです。
悪玉コレステロールは増加し過ぎると血管に溜まって、動脈硬化を進行させてしまいます。

また中性脂肪が過度に増加すると、悪玉コレステロールが増える要因となるのです。
体内に蓄積されたコレステロールを、善玉コレステロールは排出してくれますので、動脈硬化の予防になります。

毎日の体調によってコレステロール値は増えたり減ったりするものです。ですから栄養バランスの良い食事を心がけるようにし、過度に意識する必要は無いでしょう。

炭水化物ダイエットの注意点

炭水化物ダイエットを始めるにあたっての注意点をご紹介します。
最初に炭水化物ダイエットとは、炭水化物中毒の人の為にアメリカの博士が考案したのダイエット方法です。

炭水化物ダイエットは、血糖値を炭水化物の摂取量を制限する事でコントロールして、減量や体質改善を目標としているものです。

さまざまな他のダイエットと比較すると、体に与える負担がそれほどないので、日本人向きのダイエットといえるかもしれません。

このダイエットで減量と体重の維持ができるのは、低炭水化物メニューと好きな物を組み合わせる事で炭水化物の欲求を減らすことが可能だからです。

どんな人でも簡単に実行できそうにみえる炭水化物ダイエットですが、ダイエットを実際に行うときには、いくつか気をつけることがあります。

その他のダイエットと、炭水化物ダイエットとを同時に行わないようにしましょう。食事のバランスを、炭水化物ダイエットのレシピを参考に考えることも大切です。

パン・パスタ・米・アルコール等の炭水化物食品は、ご褒美食の時以外は、たとえ他のダイエットで太りにくいとなっている食品でも食べないように気をつけましょう。

メニューが低炭水化物のものであっても、食事の時間以外に食べることは避けましょう。
体にやさしいのが特徴の炭水化物ダイエットですので、人によっては厳しい注意点かも知れませんが守っていきましょう。

過去にほかのダイエット方法で挫折した人でも、ダイエットを成功させられるかもしれないですね。

炭水化物ダイエットのメリット

炭水化物ダイエットのメリットは、好きな物を食べてもよいダイエットという点です。
我慢する事という考えを忘れても、ダイエットをすることは可能なのです。

数あるダイエットの中でも、炭水化物ダイエットは食べたい気持ちを我慢することが不要なダイエットなのです。
炭水化物ダイエットのメリットとしてもうひとつあげられるのが、食事量は減らさなくても良いということです。
このダイエットの重要な点は、炭水化物の食事をする回数を減らすことであり、炭水化物の量を減らすことではないのです。

ダイエット成功に導く仕組みは、炭水化物を摂る職事は1日1回と制限して、その食事にかける時間を1時間以内にするというものなのです。
炭水化物を1時間以内の食事なら好きなだけ食べることが可能で、昼でも夜でも好きなところに食事が設定出来るのも良いところではないでしょうか。

大切な記念日やお付き合いの場でも食事を遠慮することはありません。
ダイエットに良くある、自分に制限を与えたり、あまりおいしくないダイエット食品だけで何日も我慢をする必要はありません。

よくあるダイエットの失敗に、我慢できすに食べてしまった際に罪の意識に囚われるという事がありますが、炭水化物ダイエットではその必要がありません。

目標体重になったらダイエットは終了というよくあるダイエットとは違い、炭水化物ダイエットは、普段の食生活を変えていくことで、食欲が生理学的に抑えられる仕組みになっているダイエットと言えるのです。

大きな特徴としてリバウンドがほとんど無いことがあげられ、急激に短期間でやせるという体に負担のかかるダイエットとは違い、長期間に渡り持続出来き無理なく進められるダイエットなのです。

ダイエットのリバウンドを防ぐには

上手にダイエットのリバウンドを防止する方法というのはあるのでしょうか。
リバウンドが起こるのは、食事制限によるダイエットに限らず、運動を取り入れるダイエットをしている場合にもあります。

これは食事制限によるダイエット方法と同様に、ダイエットに成功し目標体重になっていたとしても、停滞期に突入して思うように体重が減らずダイエットを止めてしまうことによってリバウンドをしてしまうものです。
つまりリバウンドを、ダイエットとして取り入れていた運動を止めた途端に体重が増えてしまい起こしてしまうという場合があるということです。

このようなリバウンドを防ぐためにもっとも重要なことは、食事制限のダイエット方法でも、運動によるダイエット方法にしても、決して無理をしないということなのです。
ダイエットにより体重が急激に減らしてしまうと、体が生命の危機を感じ、体重が落ちないようにする働きが起こるのは自然な働きなのです。

これが思うように体重が減らない停滞期の原因でもあります。
この停滞期が引き起こされるような急激なダイエットをしないことが、リバウンドを起こさないようにするコツです。

自分の体に負担のかからない、ゆっくりとしたペースでのダイエットを行うことが不可欠なのです。
運動によるダイエット方法でも、食事制限によるダイエット方法でも、無理なく長期に渡り続けられるようなダイエット方法を行うことが大切なのです。

体力的にも精神的にもあまり負担のかからないダイエットをすることです。そうすることで、ダイエットを途中で挫折せずに続けられるだけではなく、リバウンドを防ぐことができるでしょう。

食事制限によるダイエットでおこるリバウンド

リバウンドが起きやすいダイエットは、絶食や食事を減らすダイエットなどです。
昨今はダイエットに取り組む人が多く、ダイエット方法も無数に存在します。

例えば食事になんらかの制限を設けるダイエットの場合、例えば、卵ダイエット、リンゴダイエット、キャベツダイエットなどがあります。

このダイエットは、ローカロリー食材を1回の食事にするダイエット方法です。
あるいは、炭水化物抜きダイエットといったような、食材を選んでそれは口にしないというダイエットのやり方も知られています。

このような、摂取カロリーを押さえて脂肪を減らすダイエットをする時は、目標体重達成後にリバウンドの危険性があります。

しばらく空腹に耐えていた反動から、ダイエット終了と同時に食べたいものを食べたいだけ食べていると、体重は瞬時に元通りです。

摂取カロリー量を減らすと、はじめてすぐは順調に体重は減りますが、その後体重が減りにくくなる停滞期という期間に移行します。慢性的な空腹状態になった体は、生命の危険を避けるべく代謝量を減らし脂肪を溜め込みやすい体を作ります。

停滞期には、思うように体重が減らないことからダイエットを挫折してしまう人が多いようです。
きついダイエットをやめた解放感や蓄積したストレスの反動がリバウンドの原動力となり、際限なく大食いをしてしまうということがあるのです。

リバウンドを経た体は脂肪を溜め込みやすく代謝が落ちていますので、新たにダイエットに挑戦するのが難しくなっています。

ダイエットにおけるリバウンド

リバウンドに注意してダイエットをする必要があります。
直訳すると、はね上がる、はね返る、反響するといった意味になります。

バスケットボールやテニスでのボールの跳ね返りもリバウンドといい、バスケットでシュートが外れて跳ね返るボールをリバウンドボールといいます。
客席やベンチからもリバウンドの声が上がる中、シュートボールを取り合うことがバスケットボールではあるようです。

この他にもリバウンドという用語は広く使われており、フェンスにぶつかって戻ってくる野球のボールもリバウンドといいます。

基本的に、リバウンドとはこのような意味ですが、ダイエットで使うリバウンドという単語は少し違う意味です。
低カロリーの食生活を続けてダイエットがある程度まで進んだ頃に、リバウンドが起きやすいようです。

辛く苦しいダイエットを続けてきたという人ほど、ダイエットが一段落して気が緩んだ瞬間にリバウンドにやりやすいようです。

無理なダイエットで減らした体重は、ダイエットをやめた時から爆発的な勢いで前以上の体重になってしまうというリバウンドが起きやすいのです。

リバウンドといっても程度は様々で、ダイエットで落ちた体重が少々復活したという程度ならまだマシです。
ダイエットをしたことが無意味になってしまうほどのリバウンドを経験される方もいます。

人によっては元々の体重を遥かに超えてしまうほどのリバウンドをしてしまうこともあるようです。

健康の為のダイエット食事

食事を見直してダイエットを成功させるために必要なことは、食事量を極端に減らして空腹に耐え続けたり、専門的な知識が必要なことをするというイメージを持つ人がいます。

ですが、ダイエットが期待できる食事でも、健康を阻害しないものであることは大前提です。
体に負担がかかりすぎるくらいに食事を減らすようなダイエットではいけません。

油の多いもの食事を避けるとか、ストレスを食事で発散させないように注意する等のごく日常的なことで構わないのです。ストレスが溜まった時でもリミットを外して食べ過ぎない、砂糖や油脂たっぷりの食べ物を控えるといったごく普通のことが大事です。

苦痛を感じるばかりのダイエット、食事への不満をずっと抑え込んで我慢するばかりのダイエットでは、最終的に自分へのメリットになるダイエットができるとはいえません。自身が行っているダイエットは、本当に体重を減らすために適正なものかどうか、体を壊したり心を病む前によく考えましょう。

食事制限によるダイエットは、減量法の中でも最も過酷だといわれています。
頑張ってダイエットに打ち込んだものの、食事量を制限しすぎて栄養失調ではいいことがありません。
食事制限によるダイエット中には、体重だけでなく健康のことも忘れないようにしましょう。

栄養バランスに偏りのない食事で適正なカロリーを摂取することが生命維持の基本ですから、ダイエット中こそそれは守りましょう。
どんなことでも、健康であることが頑張りの源ですから、健康的なダイエットを行いましょう。

ダイエットの食事は身近なところから

摂取カロリーを消費カロリーより少なくすることがダイエットの基本ですから、摂取カロリーとなる食事を見直すということがダイエット達成には欠かせないことです。

食事のカロリーを減らすためには、まず積極的に野菜を摂るところから始めると良いでしょう。食事のカロリーを控えたい時は野菜はとても使いやすい食材で、水分が多く満腹しやすいです。

野菜はビタミンが豊富なので、体調や肌を整えるのには実に優れている食品です。
野菜の中でも色の濃い緑黄色野菜を毎日食べることをお勧めします。

普段の食事が偏りがちになっている方は、寝起きに身体が軽くなるのを実感できるはずです。ダイエットの為の食事としては、ご飯やパンなどの炭水化物を減らし、鶏の笹身や白身魚などの低脂肪で高タンパクの食品を中心にすると効果的です。

タンパク質、つまりアミノ酸は身体にとって必須の栄養素なので、ダイエット中の食事メニューでも不足させないよう注意する必要があります。3度3度の食事を欠かさないことも、ダイエットのポイントです。

乱れた食習慣はダイエットにも健康にも悪影響ですので、決められた時間での食事を守って、朝、昼、夕とメリハリのきいた食事の習慣をつけましょう。食事の際はよく噛むことも大切です。

よく噛むことで更に満腹感が増し、食べる量を減らせるのです。ダイエットの為の食事方法は普段出来るところから徐々に範囲を広げて行けば、ダイエット成功に近づくことができます。

ダイエットの為の食事制限について

ダイエットの為の食事制限は、ダイエット実践中には一番気をつけなければいけない点です。
美容や健康を意識する方にとって、ダイエットは避けては通れない道だと言っても過言ではありません。

ダイエットに関わる情報やスリム体型を作る方法など、世の中には体重を減らしきれいになるための知識が氾濫しています。色々な点に気を配りながらダイエットをすることが、成功までの道となります。

長期で取り組むためには負担の少ないダイエットが必須ですので、身体面や精神面、金銭面にも無理のないようにしましょう。その中でも注意していただきたいのがダイエット期間中の食事についてです。

体重を減らすためには食事の見直しは避けては通れませんが、過度な食事制限ばかりはよくありません。本来は楽しく食べるべき食事が苦行の場になってしまうような厳しい制限を自分自身に課したり、ひとかけらの甘いものを気に病みつづけるような食事では、ダイエット効果が出る前にストレスから挫折しかねません。

ダイエット中だからといって、極端に食事を制限したり、好きな食べ物を一切摂らない様な、無理を強いるダイエットは感心できません。間食を減らし、食事量をバランスよく適正に保つことは大事ですが、やりすぎは悪影響ですから、モチベーションが続くようなダイエットプランを立てましょう。

精神的に辛くなりすぎないよう、時折は甘味や間食をしても長期的にはプラスです。ダイエットのためにと食事に制約を加えるばかりでは、体重のダウンは望めても健康状態に差し障りが出かねませんので、要注意です。