ノーベル賞に推薦された食事療法

September 01 [Tue], 2009, 15:42
※ブラウザのJavaScriptをONにして、Flash Player9以上をインストールしてください。
Get Adobe Flash Player


現在、癌の治療といえば西洋医学が主流となっておりますが、
放射線治療や、抗がん剤投与は副作用が強く、
癌にむしばまれた細胞だけでなく、体そのものを弱くして
しまいます。

完治100%、再発0%を目指した井上俊彦氏の
メディカル・イーティング(食事療法)を紹介します。

ガンの部位別に効果的なエビデンスまでも網羅した
納得の根拠に基づくガン患者専用の食事療法です。

胃ガン/肺ガン/大腸ガン(結腸・直腸)/乳ガン/
肝臓ガン/脾臓ガン/前立腺ガン/腎臓ガン/白血病/
甲状腺ガン/膀胱ガン/食道ガン/皮膚ガン/
子宮ガン/卵巣ガン…など、ガン別に直接的な
働きかけを行う食事療法。

世界的権威の食養理論を井上先生が継承、発展させた
食養新理論です

⇒自宅にいながら、医師に頼らず癌を改善。

胆管がんの治療方法と予後

January 28 [Wed], 2009, 23:24
免疫食品の選び方、ご相談受付中!

現在、胆管がんに対する根治的な治療法は外科手術のみといわれています。

癌が胆管周囲に限局しており、切除により根治が見込める場合は原則として手術が選択されます。

胆管がんが主要な動脈への浸潤や遠隔臓器への転移があり、切除による根治が見込めない場合は全身化学療法もしくは放射線療法が選択されます。

胆管がんは治療が困難ながんの一つです。

治癒切除がなされた場合でも5年生存率は30〜50%程度、切除不能な進行胆道癌においては5年生存はほぼ皆無といわれています。

ゲムシタビン単独投与の日本国内第II相試験において、生存期間の中央値は7.6ヶ月と報告されている。

胆管がんに限らずがんは早期発見が最大の治療となります。

定期的な健康診断と異常を感じたら早めに受診しましょう。

胆管がんの原因と検査方法

January 28 [Wed], 2009, 23:20
≪癌≫ガン治療に最も効果的な食事法


胆管がんの原因として胆石症、胆管炎、膵胆管合流異常症などの胆道疾患が危険因子として知られている。

そのほか、潰瘍性大腸炎、クローン病なども危険因子である。

胆管がんが発病すると、食欲不振、全身倦怠感、腹痛、黄疸などが主な症状である。

検診で肝機能障害を指摘され発見されることもある。

検査方法としては、血液検査(胆道閉塞による血中ビリルビンや胆道系酵素の上昇、および腫瘍マーカーの上昇)画像検査(超音波、CT、MRI、胆道鏡)病理学的検査(胆汁細胞診、生検)が上げられる。

胆道がんのみでなく、がんは発見が遅れると治療が困難になりますので、定期的に人間ドックなどで検査を受けることをお勧めします。