谷将貴のゴルフ アプローチ 練習方法 自宅

January 27 [Tue], 2015, 2:56

課題を設定して練習場であれこれスイングをためしてみるものの、ことごとく失敗に終わるのがオチで、ゴルフや嫌になりかけていたとしても、
高度な動作を何一つ覚えることなく、アドレスからフォロースルーまで流れるようにクラブが触れるようになり、ミスショットが激減する練習法がこちら



あなたも、思い通りにボールとを飛ばせない居心地の悪さはさっさと解消して↓のようになりたいと思いませんか?



ミスしていた部分でも安定したプレイができる

より高度で戦略的なゴルフに集中できる

困ったときのクラブが一本出来上がる

納得のいくスコアが出せる


ボールがトップ気味になってしまうのは、当たり前ですがインパクトの瞬間にボールの芯よりも上側をたたいてしまうからです。
トップしてしまう原因としては、ダフってしまうことの恐怖から無意識のうちにクラブを地面から浮かせてしまったり、テイクバックの最中に上半身が伸びてしまうなど、いくつかの要因が考えられます。

他にもトップしてしまう原因はいくつも考えられますので、たかがトップという症状一つとっても、どこをどうやって直せばよいのか?というのは、素人が簡単に見極めて矯正できるものではありません。
それにもかかわらず、ゴルフ雑誌に書いていることをうのみにして、それをそのまま再現してしまう結果、今まで悩まされることのなかった症状が現れるといった悪循環に陥る危険があるものの、こういった負のスパイラルを抜け出す方法はただ一つです。


ゴルフを長く続けてきた場合にはちょっと勇気がいる行動かもしれませんが、今まで身に着けてきた知識や経験をいったんすべてリセットして、一貫した動作でスイングできる練習方法でゼロからスイング習得に取り組んでいくことです。

今さら初心者に戻って練習をやり直すなんて、あなたにとっては屈辱的なことかもしれませんが、結果として、超基本的なところからスイングを見直していくことで、↓のような結果をよりスムーズに手に入れることができますよ。

バンカーに入ると絶望的な気持ちになる

会心のショットが1ラウンド中に1回くらいしか出てこない

ゴルフの楽しさを忘れかけている

スイング理論が難しすぎて理解できない


ゴルフスイングの練習方法は、今では無数のバリエーションがあり、どこをどんな風に注意すべきか?というアドバイスに関しても膨大なパターンがあるものの、
ツアーに参加しているようなプロが、細かいところに注意を払っているかというと、決してそんなことはありません。

むしろ、プロ中のプロになればなるほど、スイング中に意識するポイントは多くても2つくらいですし、ラウンド前の練習では基本的な動作を徹底して確認しているものです。
何が言いたいのかというと、ゴルフは確かに一筋縄ではいかないスポーツではありますが、結局は体の構造に沿った自然な動作をいかに見つけられるかどうか?が重要です。



つまり、体に負担をかけないようなシンプルな動作を身に着けることこそ、正しいスイングを身に着けるためには重要なポイントとなっていて、
谷将貴さんのゴルフシンプル理論完全マスタープログラムを実践していけば、基本的なテクニックをシンプルにやり直してくことができるので、必須テクニックの習得漏れを起こすことなくスキルアップしていくことができます。

谷将貴さんとはちなみに、片山晋呉さんのキャディやプライベートレッスンを長年にわたって務めてきた人で、自分のゴルフスクールも東京で運営している人です。
レッスンプロとしてのキャリアも超一流で、JGTOベストサポート賞という最高の賞を3年連続で受賞するほどです。



アマチュアレベルへのレッスンはすでに3万人以上も経験しており、抜群の実績があるのですが、谷将貴さんはプロからの信頼も厚く、一時期はスランプに陥った北田瑠衣プロにレッスンを指導し、見事に以前の実力を取り戻すことに貢献したほどです。

→→ミスショットが激減して楽にコースを回れるようになる谷将貴さんのゴルフシンプル理論完全マスタープログラムの「実践でも強い武器になるスリークォーター」とは?


わきが治療 後遺症とボトックス
割れた腹筋を手に入れるトレーニング
P R
カテゴリアーカイブ


ブログランキング
ブログランキング
リンクリックブログランキング サプリメントダイエット

ブログランキング
PVランキング