Call My Name 

October 15 [Wed], 2008, 19:56



一人、部屋で。


あなたの名前を声に出して呼んでみる。




何故だか気恥ずかしい。




あなたがすぐそこに居る気がする。


少なくとも、私の心の中は、

あなたの存在で占められてしまう。





たかが名前なのに。

あなた以外の人の名は、ただの記号みたいなものなのに。





あなたの名前を呼ぶ度に、

あなたの魂に届くかしら?


私の名前を呼んでくれる声が、

あなたのものであって欲しいと。





If I Love U 2night 

August 08 [Fri], 2008, 9:58



受話器を通したあなたの声は、

いつもより、少しくぐもっているけど、

その分、柔らかく心地よく耳をくすぐる。



待ち合わせに少し遅れるらしいから、

Barのカウンターで、一人待つ。



ここは、あなたと出逢った場所。



何度か通って、言葉を交わすようになり、

彼の笑顔が見られるようになった頃、

私は恋に落ちた。






今夜一晩、あなたと一緒にいられたら。

いくらでもおしゃべりできるし、

いくらでも見つめていられるのに。






再びあなたからの電話。


「どこにいるの?」

「店で飲んでたの」


数分後、店を出ると、私服姿のあなたが立っていた。



タイもエプロンもしていない姿を見るのははじめて。


仕事用の手つきではない、彼の手で、

車のドアを開け、私が乗り込むと静かに閉めた。


ハンドルを握る手も、今夜は私のためにだけ。






夜ははじまったばかり。

私とあなたの時間もはじまったばかり。







Wherever U Go, Whatever U Do 

August 08 [Fri], 2008, 9:57



この別れは、

もしかしたら本意ではなかったのかもしれない。



君のことを変わらず愛しているけど、

未来が見えなかった。


求めているものが違いすぎた。



それも、また、

時と共に変わっていくものだったのかもしれない。



でも、未来へと続いていく

今という時間を大事にしたくて決断したこと。





だとしても、これからも陰ながら、

君の未来の幸せを願っている。



僕がいることを忘れないで。



君がどこにいて、何をしていても、

僕は君の味方だから。





Tangerine 

August 04 [Mon], 2008, 9:56



君と別れてからというもの。


晴れやかな気分の時もあれば、

寂しくてどうにかなりそうな時もある。





わかってはいたことだけど。


この部屋から君の荷物が無くなったのも。

朝のコーヒーを淹れてくれる人がいないのも。

君の噂を人づてに耳にするのも。


胸に穴が空くような気分になる。





一人の時間をそれなりに楽しんではいる。


君にうるさく言われることなく、好きなだけワインを飲めるし。

君が好きじゃなかった音楽も大音量で聴けるし。

僕の好きなインテリアにすることもできた。


それでも、まだ寂しさは募る。





いつかは笑って君のことを話せる日が来るといいけど。







Sometimes It Snow In April 

July 31 [Thu], 2008, 19:45



諸行無常。

時は移ろい、人も移ろう。


変わらないものは何一つ無いと知りながら、

変わらないものを求めるのも人の性。




出逢った頃は、

熱病に侵されたように君を想い。


初めて共にした夜に、

永遠にこの腕で抱きしめていたいと思った。


一緒に生活するようになって数年経つと、

家族になっていた。




僕も年を重ね、君も同じだけ年を重ねた。

時々、昔を懐かしんでみたりする。


あの頃の関係も素敵だったけど、

それからの関係も、いいものだった。


同じ二人の人間の関係でも、

時と共に変わっていくことを知ることが出来たから。


それは君のおかげだろう。




そして、君は、もう一つ大切なことを教えてくれた。


人はこの世に生まれた限り、

いつかは死んでいくということ。


当たり前すぎることだけど、

実感したのは、はじめてだった。




僕の生をこの世に残して、君は逝ってしまった。


病が二人の命を引き離したけど、

ただ一つ変わらないのは、

僕にとって君は、

いつまでもかけがえのない人であるということ。





ありがとう。  


ゆっくり休んで。






Strange Relationship 

July 29 [Tue], 2008, 22:23



君に付き合っている人がいることも知っていたし、

友人として一緒に飲みに行っていたわけだけど。



帰り道に、抱き寄せて、キスしてしまった。



酔った勢いというのもあるかもしれないけど、

多分、それだけじゃない。

だからといって、

好きだからというのでもなかった気がする。

もちろん、ある程度の好意はあったけど。





翌朝目覚めて、洗面台に行き、鏡の前に立った瞬間。


自分の唇の上に、

君の柔らかな唇の感触がよみがえった。


年甲斐もなく、頬を赤らめる。


好きなのかもしれないと思ったのは、その時だ。





その後、君に会っても挨拶くらいしか出来ず、

以前のように気軽に飲みに誘うことも出来ない。



何故って?

最初は驚いたみたいだったけど、

あの時、君は僕のキスに応えてくれたから。





特別な気持ちが、

有るのかもしれないし、無いのかもしれない。


僕らの関係は、

変わるのかもしれないし、変わらないのかもしれない。



確かめられないまま、立ち往生してる。





知らなかった。

心が後からついてくるものだなんて。






Style 

July 24 [Thu], 2008, 22:32



何者にも媚びないし、何にも属さないし、何も持たない。

まるで丸腰の状態。

それが、君。



だけど、全てを有しているようにも見えるから、

誰もがその魅力を盗もうと、

男も女も彼女に注目する。



でも、それは無理な話。

作為的に身につけているものではないから。




ふらっと現れて、

お酒とタバコと会話を楽しんで、

音に体を揺らして、

いつの間にか姿を消す。



彼女の行動に理由なんて無い。

自分の欲求に従っているだけ。



誰よりも動物的で、誰よりも人間。

誰よりも時の流れに身を任せながら、

誰よりも今という時を生きている。






Still Would Stand All Time 

July 17 [Thu], 2008, 18:44



幸せは、すぐそこにある。


僕の、あなたの、すぐ目の前に。




手を伸ばせば届くのに


伸ばそうともしない。




そのことに気づいていないから。




自分の頭に浮かんでいるもの


自分の目に映っているものしか


見えていないから。




心の目で見て。


実際には目には映らないものを


体で感じて。





幸せは、遥か昔から、そこにある。


未来永劫、消えることなく、そこにある。



そのことに気づいた瞬間に


手にすることができるんだ。





目を閉じて。 心を開いて。


ただ、手を伸ばせばいいんだよ。







She Gave Her Angels 

July 14 [Mon], 2008, 19:55



絵画に出てくるような幼子の天使がいるだろう?


君の瞳は、まさに彼らのそれと同じ色。




君の中には確かに天使のスピリットが宿っていて、


君が微笑むたびに、


君が触れるたびに、


僕の中に楽園が作られていく。




そして、彼女の愛する全ての人の中に、


それは作られているはずで、


彼らは、皆、幸せそうな顔をしている。




彼女がひらひらと羽を動かすと、


僕らの楽園に爽やかな風がそよぐ。




僕らの想いをこの風に乗せて、


今度は地上に飛ばしていくんだ。






God 

July 11 [Fri], 2008, 20:57



私達は皆、神の子。

地球上の一人残らず。




可能な限り正しく生きよと、

神は、私という人間を作りたもうた。


そして、

迷った時には己の心に問うがいいと、

ハートの中に欠片を残した。




だから、胸に手をあてるのだ。

鼓動は命の音であり、神の声。


生きていることを実感し、

生きていることに感謝する。


その時、神の叡智に触れることができる。




神の祝福は、光となって、愛となって、

私達のハートへと降り注ぐ。

とめどなく。 絶ゆることなく。






P R
2008年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
コメント
アイコン画像りん
» DRAMA (2008年05月03日)
アイコン画像りん
» バカラのキャンドルホルダー (2007年02月09日)
アイコン画像shinji
» バカラのキャンドルホルダー (2007年02月08日)
アイコン画像りん
» ラリマー・ブレス (2006年11月20日)
アイコン画像まいちゃん
» ラリマー・ブレス (2006年11月19日)
アイコン画像りん
» My Cherie Amour (2006年06月19日)
アイコン画像りん
» a weird kinda wonderful (2006年06月06日)
アイコン画像ぽに
» a weird kinda wonderful (2006年06月04日)
アイコン画像りん
» a weird kinda wonderful (2006年06月03日)
アイコン画像るりぞー
» a weird kinda wonderful (2006年06月02日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:りん
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:1974年2月8日
  • アイコン画像 血液型:B型
読者になる
Yapme!一覧
読者になる