『 LOUD PARK  07, 20TH OCT. 〔SAT〕 』 

February 17 [Sun], 2008, 2:48
【TRIVIUM】  17:25〜   ULTIMATE STAGE



2000年バンド結成。
結成当時中心人物の、山口県岩国生まれのマシュー・キイチ・ヒーフィ<vo,g>は、まだ
10代半ば。
昨年発表した3rdの「THE CRUSADE」は、注目作。




        

NAYAMI 

February 12 [Tue], 2008, 22:23
...φ(ー ̄*)カキカキ_φ(* ̄0 ̄)ノ[才八∃一]ペタッございます。
今、私は悩んでいますが。w
本日の行動予定をどの様にするかでwww




たまプラーザに出かけ新しくなった町を見学してくる。

町田も新しくなったので町を見学してくるか。

いつもの様に家にいるか^^



であるw



最近すっかり書くことをサボっているので、こんな本当に自分の日記帳に書きもしないことを人様に垂れ流してしまっていますが・・・・
ご容赦ください。



先日渋谷に行ってまいりました久しぶりにw
そこで、帰りにアンデルセンによると美味しそうな食パンを発見したので買ってきました。
それを次の日の朝おやつ用のサンドイッチにして会社に持っていったとさ。
それをおやつに一口食べた時にびっくりしたよ。
物凄く美味しいのよ〜
パンにこんなに美味しいって思ったの久しぶり〜ってか、これほど旨いって思ったのは初めて。
硬いんだけど噛み応えがあって、噛むほど味が出てくるって言うかなんていうか^^
とにかく凄く気に入りました^^
最近我家で美味しいといって気に入っているのが紀ノ国屋さんのイタリアンパーネとか言う物が美味しいと家族は言って気に入っていますが、そんなもんぶっ飛びました。



で、アンデルセンのHPを朝から見ていると、町田に出来たと。
以前はあったのが消えたので、復活かw
パンを買いにでも・・・と
思ったわけだけど、良く考えるとその他のパンが沢山ありました・・・・
これは行っちゃいけないと、却下。
すると選択肢は



たまぷらか自宅待機だな〜^^
今から考えようww



とりあえずは着替えようかねwww
朝、友達にモーニングコールだけして又寝ちゃったからwww



昨日は嵐の様な職場だったから疲れたもんねぇ〜〜
皆次の日も出勤だけど私は休みでよかった・・・・・><

♥高・め・な・女♥ 

February 02 [Sat], 2008, 6:37
水着です

月へと‥ 

January 19 [Sat], 2008, 16:44
5月7日(月)曇り

月へと〜秋葉神社〜山住神社〜気田川〜明神峡〜天狗 今年初の1日trip.

目的 秋葉まいり(今年の御札を買いに)
   有酸素運動 新しいホイールの履きおろし試し(ムヅカシイ日本語)
今年の目的地 寸又峡へのStep 1
結果 バテバテ。朝練の甲斐が見当たらない。週1で長い距離が乗れたらかなりよいのに。

秋葉神社で昼飯予定が、なんと食堂はお休みでした。か・な・り・へこんだ。
道の駅いっぷく処横川までカロリーメイト2箱でつなぐ。
午後4時頃やっと到着。なんとうどん・そばは終了してました。途中のコンビニで買うんだったよ。

新ホイールは振動吸収性に優れる。平坦での転がりも抜群。しかし登りでの違いがあまり感じられなかった。
チェーンがやや伸びてるせいですか?

走行距離133.3km

ガザミ大漁 

January 13 [Sun], 2008, 7:02
通常、魚介類の採取は我が部署が行くが、本日は他部署が豊前海へガザミを捕りに行った。

大漁!!

本日、会社で飲み会決行!

その量とサイズを見て、アルコールも大量に購入!

早く、夕方にならないかな(^^)

ロンブー淳のバンド 

January 05 [Sat], 2008, 4:22
めざにゅ〜みてるんだけど、
曲結構キャッチーでいんじゃないかなぁ〜
もうちょっと歌うまいといいんだけどなぁ・・・

休憩:黒田三郎著「現代詩入門」 「わかりやすい詩  むずかしい詩」(五) 

December 22 [Sat], 2007, 12:33
思想社発行:'''黒田三郎著「現代詩入門」'''(昭和41年)より



「現代詩入門 」第一部   本質論



'''「わかりやすい詩  むずかしい詩」'''(五)



どんな詩にも書かずにいられない事情がある  だがすぐれた詩は個人的事情



を越える   わかりやすい詩は誰にでもわかり誰にでも書けるか  詩が伝え



る未知の経験や感情は本来わかりにくい  技法の修得によって即席制作され



る詩は他人のことばを自分のもののように粧う流行の仮面に堕す



(昨日よりつづく)



詩のことばについては、詩の入門書から学ぶよりも前に、こういうわれわれの日常卑近な経験から自分で



修得すべき問題が多いのである。入門書の多くは、直喩や暗喩や象徴について語っている。しかし、それ



は必ずしも単なる詩の技法ではない。われわれが日常使っていることばのなかに、それは無数にある。



もしも、日常卑近な経験から自分で自然に修得すべきものをなおざりにして、単に詩の技法として、「ガ



ラスの死」とか「裸の思想」「夜の把手」というような表現をふりまわすことになるとすれば、本末転倒



というほかはない。



現代はマス・コミの時代であり、解説ばやりの世の中である。新聞は、変わった事件を伝えるだけでな



く、早速それに対する文化人や専門家の考え方や感じ方まで、知らせてくれる。テレビは、解説者つきで



相撲や野球をみせる。こういう時代においては、何でもかんでも解説をもとめさえすれば、解説してもら



えそうな錯覚が生じてくることになる。自分の考え自分のことばで話すということは、はなはだむずかし



い。自分で考え、自分のことばで話しているつもりでも、たいていの場合は、他人が考えたことを、他人



のことばで話しているという結果になりかねない。



本来、自分の考え、自分のことばで話すという態度から生れる筈の詩でさえも、いつのまにか、他人の考



え、他人のことばにすりかえられかねないという皮肉な結果が、当然考えられるのである。



ことばの自由な表現である詩は、書くkと以外に術のない不自由さから生れるというだけでは十分でない



のである。自分の考え、自分のことばで話そうとしても、それがいつのまにか、他人の考え、他人のこと



ばにすりかえられてしまうという自由の危機から、それは生れる、と今では言わなければならない。



入門書に即席製作法を学んではならないゆえんである。



それは日本や欧米のさまざまな詩から、自分で直接学ぶべきことである。詩の作り方が大半比喩の作り方



に化しているような現状においては、まず何よりも先に自分が現在使っている日本の日常語における比喩



を省みることである。現代では、詩すなわち暗喩というほどに、詩の本質的な面において、暗喩の重要性



が説かれている。前代の詩におけるように、比喩はもはや装飾ではない。



比喩がわれわれの日常使っていることばにもよく出てくる、いわばありふれたものであるにも拘わらず、



現代の詩においては何故本質的に重要な存在なのか。その点を考えることなしに、単に詩の技法としてそ



れを取扱うにすぎないならば、そういう技法の修得によって即席制作される詩は、他人のことばを、自分



のもののように粧う流行の仮面に堕するだけである。



この問題はわれわれが育った方言や毎日のことばのなかから、自分自身で考えるべきこととして、もう一



度考え直してみる必要がある。でないと、もともと形式的に偏向し勝ちな日本の現代詩が更に偏向して、



民衆に背を向けることになりかねないと思う。



(つづく)

星の王子様 

December 13 [Thu], 2007, 6:30
学校の行事で、読書感想画というものを書かされる事になりました
というわけで大慌てで「星の王子様」を図書室で借りました
最初は某霧人受サイトさんで星の王子様に触れてあったので気になって借りた…それだけだったのですが、とても良いお話でした、萌えました(…)
王子様の星には棘のある花が咲いていて、その花の事を放ったまま地球に家出(みたいなもの)をして来てしまったんです
その花はプライドが高くて、王子様を振り回すような花でした
でも、王子様が星を出て行こうとした時、「おしあわせに」と言ってみたり、最後は泣き顔を見られたくなくて、弱みを見せたくなくて、「さっさとお行いきなさい」とか言っちゃうようなツンデレ花で、なんという素晴らしいツンデレだろう…!と感動しました(お前…)
一度そう思ったら妄想がとまらないのが腐女子です(それはお前だけ)
キャストを勝手に改造して妄想しまくりです


王子様=響也君
ツンデレ花(…)=霧人さん
王子様と仲良くなったキツネ…ダイアン















もうどうしたらいいですかこの萌える小説(……)



















勿論学校行事の絵はこれで決まりですね(´д`*)(最低)
ちなみに去年はPJでした(うわあ)

果てしなく続く仕事(笑) 

December 08 [Sat], 2007, 2:02
毎日、開店時間は午前6時!なんだけど・・・裏事情があります(・・;)

月水金は市場のセリがあるので、前の日から市場へGOO!!!
社長の出勤時間は夜12時前!
早く来ているスタッフは夜の11時-朝7時頃までの勤務

火・土は植物のセリ!
これは西日本一の市場の場合です!

夜の12時頃から次の日の夕方6時頃まで社長は仕事をし続けている
スーパーマンのような人です (v^-^v)♪
しかし・・・お客様の伝票を書きながら、ふと見てみると・・・
ZZZZZZ椅子に座り、ペンを持ちながら、器用に寝てはります(*^^*)

今日は朝の6時出勤!今もコソコソと(笑)ひたすら仕事師です!

定休日は毎週木曜日と日曜日・・・なんですが〜
これにも、裏がありまして(笑)
木曜日の夜は市場へ行く日なので、何処に行っていても早く帰って
体制を整えておく必要があります!
勿論、日曜日も月曜日がセリなので、日曜日の夜から仕事です・・・
それだけではなく、急に小売屋さんや葬儀屋さんの仕事が入ると
お休みも返上でお店に行くことや、配達させて頂く事もしばしば (v^-^v)♪
なのでぇ〜仕事は果てしなく続いているような感じ!
有難いことですね (v^-^v)♪頑張ろっと!

花の写真です 

December 05 [Wed], 2007, 6:19
   外に出てみると、風は秋らしかったです。

  買い物が、あったので行って来ました。

  明日は雨?
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:tanddu1859
読者になる
2008年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29
Yapme!一覧
読者になる